読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活のバイトの期間などの捏造や水増し、嘘はばれる?企業に調べられることはある?

就活ではバイトに関する話をする機会が多くあると思うのですが、そういった機会ではよくウソをついたり、捏造をしたりということをしている人もいると思います。ウソや捏造の是非はここでは取り上げませんけど、例えばバイトの期間とかを捏造したりすると、企業に調べられるんじゃないのか?という恐怖を感じている人、不安を抱いている人はいるんじゃないか?と思うんです。実際、就活のエントリーシートとか、面接でバイトの期間などを水増しするケースはよくある気がしますね。ばれないと思っているのか?そこまで考えていないのか?は分かりません。確かに、いちいちそんなことを企業が調査するとはあまり思えません。そういったことを踏まえて、就活のバイトなどで捏造をする人はいるのだと思います。そういった捏造はばれる可能性は正直言って低いとは思います。捏造をするのが良いか?どうかの問題もありますけど、ばれる、ばれないで言えばばれないというか、そもそもそんなところがいちいち本当か?どうかを調べることがまずないのではないか?と思うのです。

 

就活のバイトは履歴書やエントリーシートで書くか?あとは面接で話すか?になると思います。直接、働いていた期間などについて尋ねられるとしたら履歴書やエントリーシートではないでしょうか?期間を書く欄があると思うので。バイトをやっていないのに、やっていたと書いたらウソになりますが、例えば1年やっていたところを1年半と書いたら、これは誇張や捏造の範疇になる気がします。そういった就活のバイトの捏造を企業は正直どう思っているのでしょうか?私の感覚だと、企業としては就活生がそういった部分で捏造を働いてくることは予想している気もします。そのうえで面接でウソをつこうとするときには、掘り下げて質問を何度もして、ウソか?どうかを見極めようとすると思うのですが、単にエントリーシートや履歴書に書いてあるだけの問題は、いちいち突っ込まない、掘り下げて質問してこないことも多いかと思います。少なくとも学生がバイトの話をしていないのに、面接官からバイトの話を振ることがあまりないと思うのです。そうなると、そもそも面接官にとって、バイトの話題というのはどうでも良いと思っているのかもしれません。自己PRとか、学生時代に頑張ったこととして学生が話してきた場合はともかく、そうじゃなければ触れられないまま終わることもありますから。

 

そうなると、就活のバイトの期間の水増しなどはやってもやらなくても、もはや関係ないのかな?という気もしてきます。実際、バイトを1度もやったことがない人でも普通に採用されていますから、バイトを長くやっていたか?そもそもやっていないか?とかは企業は気にしていない可能性はあります。したがって、就活のバイトの期間を水増しすることのメリットってないってことですね。長くやっていればいるだけ、継続力的なアピールになるのでは?と思うかもしれませんが、それを直接こちらから伝える場合はともかく、履歴書やエントリーシートに書いてあるだけでは、企業は何も思わない可能性があります。就活のバイトの捏造はばれるか?どうか以前にやる意味がないということになりそうな気がするのです。実際、就活のバイトについて調べられることがまずないと思うんですよね。それはそんな手間暇をかけている余裕がないという部分もあると思いますが、それによって就活のバイトを調査することがないとするならば、嘘をついてくるかもしれないことへの用心はあるでしょう。つまり、学生側があえてそこをアピールしてくるときにはウソか?どうかを見破ろうとしますが、学生が何も言ってこないならば、アピール材料ではないということであり、面接官が特に聞きたいこともなければ、嘘か?どうかに関係なく、評価材料にしていない可能性もあると思います。

 

就活のバイトの嘘はばれるとかそれ以前に調べないでしょう。嘘だろうが、本当だろうが、そこは評価対象に入っていないならば当然ですよね。だから、就活のバイトの期間を捏造したりすることはノーリスクノーリターンであることも考えられます。就活のバイトの期間の嘘などはばれることは考えづらいですし、就活のバイトの嘘や捏造がないか?調べられることも考えづらいです。企業がそういった就活のバイトでの期間などの嘘の是非をどう考えているのか?は分かりませんから、是非について述べませんが、私はそういった行為をやる意味はあまりないのでは?と思います。企業としても学生が何らかの嘘をついてくると用心しているとは思いますけど、就活のバイトの期間の水増しをしたところで別段有利になるとも思えないので、私はやめた方が良いんじゃないか?と思います。特に就活のバイトの期間の水増しを後ろめたいと感じている人は尚更ですね。恐らく心理的にマイナス要因が働いていると思います。就活のバイトの期間などの嘘は調べられることは考えづらいが、別の影響もありますから。自身に後ろめたい気持ちがあると、それが悪影響になって、面接などでやらかすこともありますから。就活のバイトでは調べられるということは関係なしに期間なぞの捏造はおすすめしません。自然体で臨んだ方が良い結果が出そうな気もします。バイトの期間を水増ししたところで、評価ががらりと変わることは通常ありえないでしょうから。そういったところも考えながら就職活動をやっていきましょう。

 

あわせて読みたい記事

既卒は就職は無理、受からないは真実ではない!正社員になれないは間違い!

1度大学を卒業してしまうと既卒になってしまい、就職活動が不利になると言われています。言われているというだけで、実際そうなっているか?どうかは実は分からないのです。既卒は就職は無理と思っている人もいるかもしれませんが、そうとも限りません。既卒でも就職が可能な人はいると思います。しかし、なぜ既卒は就職が無理だと思われているのでしょうか?それは新卒をメインに採用している会社しか見ていないから。というのも1つの原因にはありそうです。既卒の人も新卒で就職活動をしていた経験があるという人が多いと思います。ということは、いろいろなナビサイトを通じて新卒を採用している企業をたくさん見てきたはずです。そういうところは確かに既卒を積極的に採用しているとは言えないでしょう。しかし、それはそういう会社があるというだけの話じゃないですか?新卒をメインに採用している会社が多くあるのは事実です。しかし、そういう会社が多くあるからといって、既卒を採用する会社がないとは言えないですよね?

 

新卒で就職活動をしてきた人ほど、新卒の現場を多く見てきているため、新卒じゃないとダメなのではないか?と思い込んでしまう傾向もあると思うのです。新卒で就職活動をしてこなかった人もいると思いますけど、そういった人に関しても知っておいてほしいのは、知られていないだけで既卒を積極的に採用している企業は意外と多くあるということです。つまり、既卒は正社員になれないということではないのです。じゃあ、既卒の人が正社員になるにはどうしたら良いのか?ということを考えないといけません。問題はすでに話した通りです。新卒をメインに採用している企業を受けていては落ちる確率が高いのですが、既卒を積極的に採用している企業を受ければ採用確率は上がりますよね。そこなんです。つまり、既卒の人は既卒を積極的に採用している企業を受けることが最大のポイントになるわけです。既卒は受からないとか、そういった悩みも関係なくなる可能性もあります。既卒は正社員になれないとか、そういった言説がある理由の1つは、新卒を積極的に採用している企業を既卒が受けている現状があったからだと思います。

 

例えば、「第二新卒ナビ」のようなサイトは既卒を積極的に採用している企業の求人を紹介してくれる便利なサイトです。第二新卒ナビとなってはいますけど、既卒も利用可能です。登録画面では「就業経験なし」を選ぶことができますから。ここはどういうサイトなのか?というと、第二新卒既卒、フリーター、ニートなどの新卒以外の人をメインに就職活動の支援をしている会社になります。ここは内定率83%という部分が売りで、かなりの確率で既卒も就職に成功していると思います。利用の仕方としては、登録をすると、在籍しているキャリアカウンセラーに就職活動をサポートしてもらうことになります。キャリアカウンセラーはおすすめの求人の紹介、書類選考の前の添削、面接対策などを実施してくれて、それによって高い内定率を誇っていると思われます。第二新卒ナビでは、就職の専門家であるキャリアカウンセラーが面倒を見てくれるのが大きいです。新卒の就職に関してのノウハウは大学の就職課とか、就活塾とかに行けば教えてもらえそうですけど、既卒の就活のノウハウって多くの人は知らないでしょうし、どこに行けば教えてもらえるのか?も分からないと思います。そういったときに第二新卒ナビを利用すると、キャリアカウンセラーが既卒ならではのノウハウを伝授しながら、サポートをしてくれるのでかなり心強い味方になると思います。

 

第二新卒ナビでは、すでに話した通りで既卒者向けの求人の紹介から、書類選考の添削、面接対策まで丁寧に行ってくれます。しかも、面接対策は回数無制限みたいなので、面接が苦手で・・・という人でも、面接対策や練習を積んでいけば、内定を取れる確率がどんどん上がっていく可能性があります。既卒になると、就職活動は難しいですし、誰かが助けてくれるわけではないですけど、こういった会社を利用すると親身になって支援してくれる人が傍にいると実感できると思うので、やる気も出るのではないでしょうか?絶対に誰でも就職できるとは限りませんが、お金もかからないですし、無料で利用ができるので、良かったら参考にしてもらえればと思います。既卒は正社員にはなれないとか思わないことがまず大切です。既卒は就職が無理なわけではないです。既卒が受からないといわれているのはちゃんと原因があるので、それを踏まえたうえで適切な行動をとることで、既卒でも正社員になれる確率がどんどん上がると思います。既卒は就職は無理と思ったらそこから何も生まれませんが、もしかしたら就職できるかも!?と思えれば、そこから可能性が生まれることになります。そういった可能性を感じられるのが第二新卒ナビのような会社になるのではないか?と思います。無料の会員登録をすると、すでに紹介したサービスが受けられると思うので、既卒者を応援してくれる、サポートしてくれる会社があるというのは知っておいてほしいと思います。既卒でも正社員になれる可能性はありますから、諦めてはいけません。

 

 

あわせて読みたい記事

資生堂に就職の倍率や難易度は高いが激務で忙しい?平均年収などの評判や口コミは?

就職活動ではだいたい人気上位になることが多いのが資生堂です。資生堂は誰もが知っている超有名企業ですが、ここに就職する難易度は相当なものでしょう。資生堂への就職の倍率は約500倍とも言われており、非常に難しいです。誰もが知っている大企業なので当然ではありますが、資生堂の就職の難易度が高い理由は大企業だからではないと思います。それなりに働きやすい会社だと思うのです。それが後に説明する離職率などにも表れているのかな?と思います。資生堂への就職の難易度はとても高いですが、それだえ多くが目指す価値のある企業ということが言えるのではないでしょうか?資生堂は忙しいところもあるはずですが、人気になる理由は必ずあるでしょうから。資生堂という企業は就職の倍率が相当高いということで、大学名などの学歴は関係あるのか?というのも気になるかと思いますけど、関係してくる可能性は大いにあるのではないでしょうか?資生堂に就職している学生の大学名を見ると、私立だと早慶上智あたりが多いみたいで、国公立大学も有名なところが多くランクインしているみたいです。一見すると有名大学じゃないと厳しいのか?となるかもしれませんが、どうでしょうかね?資生堂へ就職するには学歴や大学名は重要かもしれませんが、高学歴じゃないと厳しいか?どうかは分かりません。これも結果論なので。

 

基本的に高学歴の学生、有名大学の学生は資生堂などの勇名企業を多く受けると思いますけど、世間一般では高学歴扱いされていない大学の学生はそもそもそんな大手企業を受けても受かるはずがないと、最初に諦めてしまっている人がいると思うんです。そうなると、高学歴の学生は資生堂などを多く受けるが、そうじゃない学生は資生堂などをあまり受けない可能性もあるんじゃないか?と思います。そうなると、有名大学とそうじゃない大学では採用実績に差が出るのは当然なわけです。受けている学生の数が違うならば、採用数に違いが出てくるのは当然で、そこは結果論と言える余地も残っています。真実は資生堂にしか分からないので何とも言えませんが、資生堂に就職するには高学歴の方が良いに越したことはないと思いますけど、有名大学じゃないとダメか?どうかは分からないのです。資生堂は大学名が多少なりとも関係はありそうですけど、そこまで影響するのか?はわからない部分もあるので。そもそも資生堂への就職は倍率が500倍なので、有名大学の学生でも受かる確率を考えたらかなり厳しいです。資生堂への就職の難易度はかなり難しいということをまず知っておくべきです。

 

そして、資生堂の就職に関しての評判も知っておくと良いと思います。例えば、資生堂の平均年収はどうなっているか?というと、約700万円となっています。世間一般からするとかなり高い数字です。男女で違うかもしれませんが、資生堂の平均年収は高いと言える水準と言えると思います。こういったところは資生堂に就職する魅力でしょう。資生堂は部門によっては激務も予想されますが、平均年収が高いというのはやはりメリットでしょう。そして、すでに話しましたが離職率が低いというのが1つの魅力にもなります。資生堂離職率は2%程度らしいので、やはりそれなりに働きやすい企業と言えるのではないか?と思います。離職率が低いという部分をそのまま素直に捉えて良いか?は分かりませんが、離職率が高い企業よりはマシなのではないか?と思います。それ以外の資生堂の評判を見ると、福利厚生がしっかりしているという声もあります。しかし、有給休暇についてはとりやすいという声とそうじゃない声もあります。詳しくは口コミを自分でも調べてみてほしいのですが、資生堂は部門がいくつかもあるはずなので、それぞれによって働いている状況というのは違っていると思います。間違いなく部門によって、資生堂での激務ぶりや忙しい程度が違うと思いますから。大企業は部門が多いので一概にどれくらい忙しいか?は言えませんけど、働く環境によっては激務の可能性はありますし、そこも口コミをチェックすることである程度分かると思います。あとは資生堂の口コミを見る限りでは有給休暇を取りやすいケースもあるということですし、あとは残業などは割とあるが、残業代は貰えるという声もあります。そして、女性からは育児や出産の休みに関しては恵まれているという口コミもあります。女性が多く働いているイメージのある資生堂ならではの魅力になるのではないでしょうか?

 

資生堂に就職すると忙しい面もあるようですが、ある程度働きやすい環境があるだけでも、人気になりやすいのではないでしょうか?資生堂に就職した後のことはやはり口コミなどを詳しく調べておくと良いと思います。激務なシーンもあると思いますし、忙しいと感じる瞬間がどうしてもあると思いますから、そういったことも知っておくと良いと思います。就職後のことは重要なので、評判はしっかりとチェックしておきましょう。どういう企業であっても、働いてみないと分からない部分というのは絶対にあるので、どれだけ調べても資生堂の評判は会社の一部分しか分からないこともあると思いますけど、自分なりにやれることはやってから受けると良いのではないでしょうか?倍率が高いですし、難易度も相当なものだと思いますから、就職するにはかなり難しいと思いますけど、憧れている人が多い企業だと思いますし、資生堂は平均年収なども高いですし、離職率も低いという特徴も一応あります。資生堂であっても忙しい面は間違いなくあるでしょうけど、激務なところはどの企業に入ってもある程度は存在してしまうので、しょうがない部分もあると思います。自分なりに資生堂の評判を調べたうえで、納得したうえで就職を目指して受けていくと良いと思います。

 

あわせて読みたい記事

南山大学で偏差値や難易度で入りやすい学部は人文学部?倍率や合格最低点は?

南山大学は名古屋周辺の地域ではかなり人気の大学で、難易度も相当高いと言えると思います。南山大学は文系、理系を両方備えた総合大学ということが言えますが、中でも人文学部に関しては難易度が特に分かれやすい学部と言えます。南山大学人文学部は学科によって入りやすい学部になったり、ならなかったりということがあるのです。したがって、南山大学で入りやすい学部を1つ決めるときには人文学部が候補になることもありますが、他の学部になることもあります。南山大学で受かりやすい学部として人文学部を挙げるときには、キリスト教学科が1つ注目になると言えるのではないか?と思います。人文学部の全体の偏差値は55くらいかな?という感じです。しかし、キリスト教学科の偏差値は50台前半くらいです。恐らく日東駒専クラスということになると思います。逆に南山大学人文学部で偏差値が高いのは心理人間学科です。ここは偏差値が50台後半から60くらいになるでしょう。したがって、MARCHクラスです。

 

南山大学人文学部の偏差値はこれくらい差があるので、偏差値の相対的に低いところを選んで受験すれば、そこが南山大学で受かりやすい学部ということになると思うのです。南山大学でも簡単な学部と言えるレベルではないですけど、穴場の学部というか、狙い目の学部という言い方はできるかもしれません。宗教系の学部や学科というのは偏差値が上がりづらい傾向にあるので、南山大学でも人文学部の難易度は他の学部と比べても一段下がるかな?という印象です。南山大学はMARCHと同じレベルと言われることもありますが、MARCHクラスまであるか?どうかは分からないですけど、偏差値で言えば日東駒専に近いレベルの学部学科あるので、そこは南山大学でも穴場の学部になると思います。どこでも良いから南山大学に入りたいという人にとってはおすすめです。恐らく南山大学の中で偏差値が1番低いのが人文学部キリスト教学科になるのではないか?と思いますから、ここは南山大学でも受かりやすい学部として知っておきましょう。では、南山大学人文学部キリスト教学科の難易度についてですが、センター利用入試の3教科のボーダーラインを見てみると70%という数字がパスナビに載っています。これは南山大学のセンター利用のボーダーラインの中でも低い方です。概ね7割代後半くらいは必要というのは南山大学のセンター利用入試のボーダーラインの相場ですから。そういった部分についても知っておくと良いでしょう。

 

では、南山大学人文学部の受験科目はどうなっているのか?というと、英語、国語、社会科の3科目が個別日程です。国語は現代文に加えて古文と漢文から1つを選択するみたいですね。ちょっと変わってますね。そして、社会科は日本史か?世界史か?のどちらか1つを選択します。したがって、政治経済や地理、数学では受けられないみたいです。そして、全学部統一入試の受験科目は英語、国語、地歴数学みたいです。国語は同じく古文と漢文を1つ選択で、地歴数学は日本史、世界史、数学(数Ⅰ、数A、数Ⅱ)となっています。こちらは選択科目で数学を選択できるということです。これが南山大学人文学部キリスト教学科の受験科目ですが、今後変更があるかもしれないので、ホームページで自分でも確認しておいてください。南山大学人文学部の偏差値でもキリスト教学科は相対的に入りやすい学部となっていると思いますが、それは倍率を見ても同様かもしれません。2016年の南山大学人文学部キリスト教学科の倍率は個別日程も全学部統一入試も2.5倍となっており、これは標準的な倍率からしても低い方になると思います。南山大学人文学部の倍率を全体から見てもキリスト教学科は低い方になっていると思うので、倍率から言っても南山大学で受かりやすい学部になるのではないでしょうか?倍率は年度によって変わることがありますが、南山大学にとにかく入りたい人にとっては穴場の学部になると言えると思います。

 

最後に南山大学人文学部キリスト教学科の合格最低点について知っておきましょう。これも年度によって変わる可能性がありますけど、2016年のデータだと個別日程も全学部統一入試も6割となっています。南山大学人文学部キリスト教学科の合格最低点は個別日程が400点満点中240点、全学部統一入試が300点満点中178点となっていますから、6割になります。年度が変わると合格最低点も微妙に変わる可能性はありますが、赤本などを解くときに南山大学人文学部キリスト教学科の合格最低点は知っておくと良いと思います。南山大学人文学部の難易度は全体としてはそれなりですが、その中には狙い目の学部学科があるということなので、南山大学でどこの学部学科を受けようか?悩んでいる人は知っておくと良いかもしれません。南山大学人文学部の偏差値の平均よりは多少低いので、狙い目の学部であり、学科になると思います。南山大学では簡単な学部と言えるようなところはないですけど、その中でも難易度で多少でも入りやすい学部としては人文学部キリスト教学科ということになるのではないでしょうか?受験生や高校生は知っておいてほしいと思います。

 

あわせて読みたい記事

セブンイレブンのバイトの評判や口コミは?忙しい、きつい、覚えることが多いなどの特徴がある

コンビニの中でも非常に有名なセブンイレブンでバイトをしたいと思っている人も多くいるでしょう。そこらじゅうに店舗がありますから、求人も多くて、家から歩いていけるようなところでバイトをすることも可能になると思います。セブンイレブンでバイトをしたいときには評判などはチェックしておいた方が良いと思います。セブンイレブンのバイトの口コミはやはり情報として多いと思いますから。店舗がたくさんあるので、そこで働いている人が多いというのもあるでしょうか?私の生活圏の中にも何店舗かありますからね。やはり働いている人は多くいると思います。しかし、セブンイレブンのバイトの口コミというのは、セブンイレブン特有のモノはあまり見つからないかもしれません。といのも、私も調べてみましたが、どのコンビにでも共通かな?と思えるような口コミの内容が多いのです。コンビニのバイトは仕事内容も似ていますし、どうしても口コミも似てしまうのでしょう。それを踏まえて見ていってください。

 

セブンイレブンのバイトの評判として多いのはお客さんに対する不満みたいなものでしょうか?深夜は酔っ払いの人が多いとか、横柄な態度をとる人がいるとか、機械を使うような買い物で上手く利用ができない人がいるとか、そういった口コミがありますけど、それはどこもあるのではないでしょうか?あとはコンビニ特有の口コミとしてはタバコの銘柄が覚えられないとかがありますね。タバコに詳しい人はともかく、タバコを日常的に吸わない人はほとんど分からないので、1から覚えていかないといけない人がいるということになるのです。あとはコンビニというと、業務が多様化しているので、いろいろな仕事内容を覚えていかないといけない大変さがあります。セブンイレブンにおいても昔からある業務だけではなくて、レジにおいていろいろな支払いへの対応を覚えておかないといけないので、そこも大変な部分ではないかな?と思います。私もコンビニで、コンビニで売っているもの以外の支払いをたまにしていますから、セブンイレブンでのバイトも忙しいのだろうと想像がつきます。ただ、こういった覚えることが多いというのはある程度働いていれば慣れるとは思います。覚えることが多いとしても最終的には覚えられる可能性が高いと思います。本人のやる気でしょう。

 

しかし、セブンイレブンのバイトでも楽しいという評判もあります。そういった口コミも見つかるので、もちろん大変なことばかりではないです。でも、結局は一緒に働くことになる同僚次第という部分もありそうなので、運ゲー的なところもあるかもしれないです。セブンイレブンのバイトは楽しいか?どうかは働いてみないと分からないでしょう。でも、働く店舗を決めるときが1番重要だと思います。というのも、私は客側として経験したことですが、店舗によっては特定の時間に無茶苦茶混みますから。そして、セブンイレブンのバイトもかなり激務になる可能性があります。私が経験したのは大学生のときで、大学のキャンパスのすぐに近く(徒歩1分もないくらい)にセブンイレブンではないですけど、コンビニがあったんです。私は何度かそこに昼飯を買いに行ったことがあるのですが、そのときは昼時ということで、同じ大学の人だと思いますけど、お客さんが店内に溢れていて、レジまで行列になっているのです。対応している店員さんも大変だと思いますけど、お客さんもなかなかレジが空かないから待っているだけで大変ですし、店内が狭くなっていてそれも大変という状況だったのです。したがって、セブンイレブンでのバイトも激務になる時間というのがありますし、その程度は立地条件によって変わる可能性があります。

 

コンビニっていうのは基本的には昼時がかなり混みます。そして、コンビニの周辺に大学や会社のオフィスなどがあると、その時間帯にはかなりお客さんがくるので、セブンイレブン以外のバイトをしたいと思っている人も激務になる時間帯があるのは知っておきましょう。それ以外の時間帯でも激務になることはありますけどね。セブンイレブンのバイトは忙しいときもあると思いますが、深夜は暇になることも多そうです。セブンイレブンの仕事内容は基本的な業務に加えて、先ほども言ったように今はいろいろな業務に対応をしていかないといけないため、そこが大変に感じるかもしれません。セブンイレブンのバイトはきついか?というと、きついと感じる人がいても不思議ではないですが、どこで、どの時間帯に勤務をするか?によっても全然違うと思います。セブンイレブンでは覚えることも多いですけど、それはその他のコンビにも同じですし、それ以外のバイトもある程度共通だと思うので、仕方ないところかな?と思います。セブンイレブンのバイトはきつい可能性はありますけど、楽しいという口コミもありますから、楽しく働けると良いですね。ただし、同僚が誰になるか?店長が誰か?という部分も大きいといわざるを得ません。セブンイレブンでバイトをしたいときには評判は事前に調べておいてほしいですが、評判どおりになるとは限らないので、そこも理解しておかないといけません。良い口コミもあれば、そうじゃない口コミもあるので、セブンイレブンのバイトを良いと思った人がいれば、あまりよくなかったと思った人がいるということなので、どちらになるか?は働いてみないとわからない部分でもありますけどね。

 

あわせて読みたい記事

みずほ銀行への就職の難易度や倍率は高い?激務で忙しいと評判で離職率も高い可能性がある

就職活動では何かと人気の銀行ですが、やはりメガバンクには人気が集まりやすいです。有名大学の就職実績の上位にくるのもだいたいメガバンクですからね。その中でもみずほ銀行は就活生にとっても人気の企業で、ここに就職したいと思っている人は多いのではないか?と思いますが、みずほ銀行への就職の難易度は高いでしょう。普通に難しいと思います。倍率も相当高そうですし、なかなか就職するのは厳しいかもしれません。みずほ銀行に就職したい人はその難易度を知っておく必要性があるとともに、みずほ銀行の評判についてもあらかじめ知っておくと良いと思います。就職してからのことまで考えておいた方が良いと言えると思うのです。みずほ銀行の就職の倍率に関してはちょっと分かりませんが、大企業なので多くの有名大学の学生がこぞってエントリーしてくるのではないでしょうか?みずほ銀行には学歴フィルターがあるのか?は分からないですけど、あっても不思議ではない気がします。みずほ銀行では倍率などの詳細は分からないものの、学生からは人気の企業ということで、就職の難易度は極めて高いと思った方が良いです。

 

みずほ銀行の評判について調べておくと、従業員数はかなり多くて1000人を超えるみたいですが、平均年収はどれくらいか?というと、1000万円に迫る勢いのようです。みずほ銀行の平均年収は約950万円ほどとなっています。初任給などはもっと少ないですけど、勤続年数を重ねていけば、それくらいに辿り着ける可能性もあるということです。メガバンクなのだからそれくらい給料が貰えても不思議ではないかもしれません。しかし、銀行は仕事内容が本当に大変です。激務という言い方もできるかもしれませんが、人によっては別の意味で大変さを感じることもあります。みずほ銀行は仕事内容が忙しいという部分は確実に存在すると思います。そこは大前提として、多くの学生も想像しているかもしれませんが、みずほ銀行で大変なのは忙しいという部分のみではないのです。これもみずほ銀行だけの評判というわけではないですけど、精神的にきつい部分もあると言われています。それはメガバンクならではの部分もありますけど、やはり融資を打ち切るときが辛いと言われています。みずほ銀行にはそういった話は多くありそうです。お金を借りに来る会社や個人は多くいると思いますが、どうしても融資の打ち切りをしないといけないときがきます。それは銀行側の経営の問題もあるのでしょうがない話なのですが、融資を打ち切られたほうとしては、会社が倒産したり、社員が路頭に迷ったりなんてことが容易に想像できてしまうと思うのですが、そういった現場に遭遇する可能性もあります。

 

みずほ銀行では激務とか以上に、そこが辛いこととして挙げられている側面もあるのです。これは仕事なので全うしないといけないわけですけど、精神的に辛いこともあるというのは知っておくべきでしょう。これはみずほ銀行だけの評判ではなくて、銀行全般にも言えるかもしれませんが。みずほ銀行は評判として古い体質が残っていると言われているみたいなので、働きやすさで言えばどうなのか?と言える部分もありそうですが、みずほ銀行に就職すれば平均年収は高い方になると思いますから、激務や精神的に辛いことがあってもある程度バランスがとれていると言えるのかもしれません。みずほ銀行は年収がある程度高い傾向にあるので、そこは救いです。みずほ銀行以外でも忙しい会社はいくらでもありますけど、薄給でやらないといけないところもありますからね。その点、みずほ銀行は年収は高いので、全員ではないかもしれませんが、それなりに満足できる給料を貰っているということも言えると思います。しかし、みずほ銀行に就職したいと思っている人は離職率についても知っておかないといけないでしょう。みずほ銀行離職率については正確なデータはあまり見つからないかもしれませんが、2001年に入社した人たちが5年以内に6割辞めているというデータがあるみたいです。これはネットで調べたら出てきました。ちょっと古いデータなので、今もみずほ銀行離職率が高いのか?は分かりません。しかし、みずほ銀行に就職したいと思っている人はこういったところも知っておきましょう。

 

離職率が高い原因はみずほ銀行の激務や精神的に辛い面などが考えられますが、やはりギャップがあったんじゃないですかね?世間的に地位が高くて高給というイメージがあるメガバンクへの就職は憧れでもあるが、就職してみると大変さが浮き彫りになり、辞めたいと思う人が増えていく構造になっているのかもしれません。みずほ銀行への就職は倍率も高いでしょうし、難易度も高いでしょうけど、離職率などの問題もありますから、そういったところを踏まえたうえで考えないといけません。みずほ銀行に就職したことがないのですが、忙しいと思いますよ。きついと思います。みずほ銀行の激務の程度というのは正確には分からないですし、やっている仕事内容にもよると思いますけど、メガバンクや銀行というのは本当にきつい現場だという覚悟のうえで就職しないといけないかもしれません。みずほ銀行の就職の難易度や平均年収などについて調べる人は多いと思いますけど、評判についてもちゃんと調べておかないといけないでしょう。実際に働いている人はどういう考えを持っているのか?という意見は会社説明会などで聞くだけではなくて、本音を聞きださないといけないので、ネット上の口コミサイトなどを利用して調べていきましょう。

 

あわせて読みたい記事

国士舘大学の偏差値や難易度は?入りやすい学部は?倍率やボーダーラインは学部ごとに違う

国士舘大学を受験するという方、受けようか?と迷っている方もいるかもしれません。国士舘大学はいわゆる大東亜帝国と呼ばれる大学群の一端を担っており、よく國學院大學大東亜帝国に入っているのではないか?という人もいますが、これは違います。國學院大學は予備校とかの扱いではもう少し上のランクで、成城大学成蹊大学明治学院大学あたりと同じグループになることもあります。国士舘大学は中堅大学ということになると思いますが、知名度もかなりあって有名大学になるでしょう。国士舘大学の偏差値は45~50くらいになるのではないか?と思いますけど、学部学科によって難易度が違っています。国士舘大学でも簡単な学部というか、入りやすい学部が存在していて、相対的に難しい学部もあります。どこを受けるか?によって国士舘大学に受かる難易度は変わってくるので注意です。国士舘大学で入りやすい学部は21世紀アジア学部になるでしょうか?ここが偏差値では1番低いと言えると思います。

 

国士舘大学の中では偏差値的には1番簡単な学部になりそうです。割と最近できた学部で、芸能人なども通っているイメージです。変わった学部名になるかもしれませんけど、国士舘大学で狙い目の学部というとここになるでしょうか?逆に1番難しいのはどこになるのか?というと、体育学部は偏差値高いです。どの予備校の偏差値を見るか?にもよるかもしれませんが、私はパスナビという情報サイトを見てみましたが、国士舘大学では1番偏差値が高い学部です。特に体育学部の体育学科が偏差値が高いです。体育学部とか、そういうところはあまり難易度は高くないと思われるかもしれないですけど、国士舘大学といえば体育学部というイメージもあると言えるくらいに有名なので、普通に難易度も高いということになるのだと思います。全部の学科ではありません。体育学科が難しいのです。それ以外の学部はほぼ同じくらいかな?という気がします。国士舘大学では文学部、法学部、政経学部経営学部といった文系学部の偏差値はそこまで変わらないかもしれません。学科まで見て比較をすると変わるケースもあるかもしれませんけど、学部全体での比較ではそこまでではないでしょう。国士舘大学に入りたい人はどの学部を受けるか?決めないといけませんが、体育学部は難しいケースもありますし、比較的簡単なのは21世紀アジア学部と言えるのではないか?と思います。

 

国士舘大学ではセンター利用のボーダーラインを知っておくと良いでしょう。センター利用入試で受ける人もいそうですし。しかし、これも学部学科まで見ると全然数字が違うので、参考程度に見ておきましょう。だいたい6割~7割くらいです。したがって、学部学科によっては6割を越えるくらいでセンター利用入試に受かる可能性があるということになります。しかし、希望の学部学科ということになると最大で7割以上いるケースもあるのです。国士舘大学のセンター利用入試のボーダーラインは毎年変わるので、参考程度に見ておきましょう。国士舘大学のセンター利用入試のボーダーラインはやはり体育学部はやや高めで、7割以上必要なケースが多いみたいです。そして、国士舘大学の受験科目についてですけど、一般入試の話をすると、前期、デリバリーと中期、後期で微妙に受験科目が違います。詳しくは国士舘大学のホームページを見てもらいたいですが、簡単に説明すると前期が3科目で、デリバリー、中期と後期が2科目となっているようです。ちなみに国語は古文と漢文は出題されません。現代文のみとなっているようです。今後変更があるかもしれないので、自分でも最新の国士舘大学の受験科目を学部学科ごと、入試方式ごとに見てもらいたいですが、だいたいこんな感じです。ちなみに体育学部は実技試験が含まれるようです。

 

国士舘大学に入りたい人は偏差値や受験科目、過去の倍率などを参考にして受ける学部学科を決めないといけません。そこで倍率も重要でしょう。国士舘大学の倍率は学部学科により差があります。これも今後変わる可能性があるので参考程度に見てもらいたいですが、21世紀アジア学部は1倍台となっていますから、やはり比較的受かりやすいです。逆に高いところは学部全体で4倍とか、5倍くらいあるので、国士舘大学の中でも難易度は結構差があるというのが分かると思います。厳密に言えば、どの学部学科を受けるか?ということと同時に、どの入試日程で受けるか?によっても倍率は変わってきますから、そこまで注目しないといけないということです。国士舘大学に入りたい人は3科目、または2科目で偏差値が50程度あれば可能性は出てきます。センター利用入試になればボーダーラインは6~7割くらいなので、そのくらいとれれば十分合格が望めるということにもなります。一般入試の方に関しては、国士舘大学の合格最低点もちゃんと見ておきましょう。国士舘大学の合格最低点については大学のホームページやパスナビに載っていると思いますから。合格最低点を見ながら赤本を解くなどする必要もあると思いますし、必要なデータとして知っておくと良いでしょう。国士館大学は偏差値が50あるか?ないか?くらいだと思うので、中堅大学になると思います。簡単とは言えないが、難しいとも言えないというレベルではないか?と思いますから、勉強しないと入れないということはいえても、入るのが難しいということでもないかもしれないのです。感じ方は人それぞれなので、何とも言えませんが、自分の今の学力によって国士舘大学の難易度は変わってきます。国士舘大学に受かるには必要な学力というのがありますし、それは偏差値で測ることもできると思います。実際に過去の入試問題を解いて、合格最低点を越えるか?というところも重要ですけど、最初は目安として偏差値を国士舘大学に受かるレベルにまで上げるというのが必要になってくると思います。

 

あわせて読みたい記事