リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

秋から冬に活躍!テーラードジャケットの色や素材の選び方

【スポンサードリンク】

f:id:denkiiruka:20141226235015j:plain

大学生など、ストリート系のファション、またフォーマル系のファッションをする方もそうかもしれませんけど、テーラードジャケットは冬になると大活躍すると思います。毎年やや肌寒くなると着用している方は多くいると思います。さて、このテーラードジャケットですけど、初めて着るという方、これから買おうかな?と思っている方にその選び方、どういうものを着たら良いのか?ということについて、ちょっとしたアドバイスをしたいと思います。テーラードジャケットは冬のアウターとしても非常に重宝するもので、生地がある程度分厚いものやウールなどが使用されているものは冬でもインナーに暖かいものを着れば十分寒さを凌ぐことはできると思います。したがって、秋から冬にかけて着るものと真冬も含めて着るものは別に考えた方が良いと思うのです。真冬にも着られるようなものは秋にはちょっと暑いと思うので。

 

では、まずはテーラードジャケットの色ですね。色は着用率が高いと思うのは黒だと思います。黒はどのブランドのテーラードジャケットでも、まず展開されているカラーだろ思いますし、定番の色です。黒でも全然問題ないですが、個人的にはネイビーあたりも良いと思うのです。明るいネイビーよりはやや暗めのネイビーですかね?ちょっとこだわりを出したい人なんかは安易に黒を選ばずに、別の色に挑戦していっても良いと思うのです。また、ベルベット(ベロア)と呼ばれる素材でできたテーラードジャケットもあります。芸能人がたまに着ていると思います。これはどういうものか?というと、見た目でいうと光沢があるテーラードジャケットです。皆さんが想像しているのは、光沢のない普通のものだと思うんですけど、このベルベットまたはベロア素材でできたテーラードジャケットは艶々していて、光沢があります。したがって、若干、高級感が感じられるアイテムだと思います。

 

ベルベットやベロア素材のテーラードジャケットはそれほど多くは出回っていません。毎年作るのは一部のブランドだと思うので。個人的な趣味になりますけど、私はこの光沢のあるベルベット、ベロア素材のテーラードジャケットは結構好きですね。光沢の無い通常の製品を着ている人の方が多いので、何か個性を出したくなるという理由もあれば、何か見た目が小奇麗な気がして、オシャレじゃないか?と思うのです。好みもあるので、別に光沢がない方が良いという方はそれで構いません。一応、そういう選択肢もある。といったことを覚えて頂ければ良いと思います。ベルベットやベロア素材のテーラードジャケットは探さないとなかなか見つからないと思うので、欲しい人は自分から検索かけていくしかないと思います。

 

そして、生地については秋から冬にかけて着るつもりであれば、ウールものはやや厚いかもしれない。12月になってから着るのであれば良いですけど、11月中とか、それよりも前に着るのであれば、綿やポリエステルのものを選んだ方が良いと思います。生地の厚さなども参考にしてくれれば良いと思いますけどね。秋であれば、インナーにはせいぜいカットソーかセーターを着れば、十分乗り切れると思うので、ちょっと薄手でも良いかもしれませんね。逆に冬にアウターとしてテーラードジャケットを着るのであれば、生地はやや厚手で、かつウールとか、かなり保温性のあるものを選んだ方が良いでしょう。ウールのものを選べば真冬でも大丈夫じゃないか?と思います。中に結構着込むでしょうから、よほど寒い地域とかでないならば、テーラードジャケットは真冬でも十分活躍できると思います。

 

テーラードジャケットは秋から冬にかけて、そして冬を跨ぐと春も使えますから、ヘビーローテーションにしたいアイテムだと思います。今の時期だと、本当に男女問わず気兼ねなく着用しているアイテムです。テーラードジャケット自体はどちらかというと、フォーマルなアイテムかもしれませんけど、合わせるアイテムによってはカジュアルにも見せられます。インナーにTシャツを着てみたり、パンツにはジーパンをはいてみたりすると、違和感なくカジュアルな服装としてもコーディネートできるでしょう。したがって、上手くデザインやサイズ感のマッチしたアイテムを選べると、あなたのファッションの幅も広がるでしょうし、周りからもオシャレと思われるきっかけになります。テーラードジャケットを上手く着こなせるとオシャレのランクがまた一段上がると思います。