リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活で合同説明会に参加するメリット、デメリットとは?

【スポンサードリンク】

就職活動はいよいよスタートという人も多いかもしれませんね。さて、就職活動って、まずは何から始めるのでしょうかね?何をしたら良いのか?迷っている人もいるかもしれません。そういう人は結構合同説明会に出てみるという人も多いような気がします。合同説明会は大きな会場を貸しきってやる場合もありますし、どこかの大学ごとにやる場合もあります。合同説明会は1回で複数の多くの企業が集まってくることに特徴があります。就職活動が始まったばかりの頃に開催される傾向にあるので、まず何から始めようかな?と思っているのなら、この合同説明会に出てみるというのも1つの選択肢ではないでしょうか?以下で、合同説明会に参加するメリット、デメリットをまとめていきたいと思います。

 

・合同説明会に参加するメリット

合同説明会は先ほど言った様に複数の企業が一同に会す場です。したがって、まだ受けてみたい企業とか、第1志望の企業が決まっていないという場合には、まずは合同説明会に参加してみて、気になる企業はないか?と探ってみるのも良いと思います。非常にたくさんの企業、名前を聞いたことのあるような有名な企業もあれば、知らない企業もあるでしょう。そういった企業が多く集まるので、話を1度に聞ける良い機会になると思います。参加した場合には、積極的に1つ1つの企業のブースを回ってみることをオススメします。1回足を運んで、たくさんの企業の話を聞けるという効率化の面でまずメリットがあると言えるでしょう。

 

さらに就職活動を始めたばかりの人は、なんとなくの感じでスタートしている人が多いと思います。つまり、あまりやる気を感じられないまま過ごしている人が多いかもしれません。そういうときに合同説明会に参加すると、他の就活生を間近で見て刺激を受けたり、実際に企業の人の話を聞いて、社会人がしている仕事内容とか、自分がもし働いたらこういったことをするんだ!という想像力が働きやすくなると思います。つまり、まだこれから徐々にやる気を出していければ良いかな?と余裕を持っている人は、これを機に就職活動に対する考え方が変わるというか、モチベーションを挙げて、一段とやる気になれると思うのです。そういったチャンスに合同説明会がなってくれるという可能性はあると思います。少しでも早くやる気が出たほうが良いでしょうからね。

 

・合同説明会に参加するデメリット

それはあまり中身が詰まった濃い話は聞けない可能性があります。合同説明会は多くの企業が参加するので、1つあたりの企業がとれる時間はそこまで多くありません。また、参加する企業にとっても、合同説明会は「掴み」という目的で参加しているのかもしれません。したがって、かなり踏み込んだ内容の説明を聞きたいのであれば、後に開かれるであろう個別の企業説明会に参加していくしかありません。その個別の企業説明会でどの企業に参加するか?決めるときには合同説明会が非常に参考になると思います。合同説明会でまず簡単な話を聞いて、興味を持てた企業、そうじゃない企業ってのがあると思いますけど、後に自分がリクナビマイナビからエントリーする企業などを選ぶときには合同説明会を参考にしても良いと思います。ただ、詳しい話は合同説明会はあまり期待できないということです。

 

また、参加する意味合いが多少薄れるものとしては、説明会への参加が必須に半っていない場合がほとんどということです。説明会に参加する目的って、単に話を聞きたいからというよりは、参加しないと選考を受けさせてもらえないから。だから仕方なく参加しているという人もいそうです。実際、企業説明会を開催する場合にはそれへの参加はだいたい必須です。それに参加できないと、その企業を受けられないに等しいです。だから、説明会が満席だといろいろと問題になったりもしますね。しかし、合同説明会はそのほとんどが完全に任意であり、参加することの意味が大分薄れます。したがって、単純に少しでも話を聞きたいから参加する場合には問題ないかもしれませんけど、説明会に参加したという既成事実を作りたいから参加するつもりだったという方はあまり意味がないかもしれません。そういう既成事実を作りたいのであれば、個別に開かれる企業説明会に参加するしかありません。

 
あわせて読みたい記事