リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活でオススメなアルバイトの継続力や忍耐力に関する自己PR

【スポンサードリンク】

今、多くの大学生等がアルバイトをしていると思います。アルバイトは大学生にとって定番の課外活動というか、過ごし方ですよね。アルバイトは単純にお金を稼ぐということだけではなく、いずれその経験が多く生かされるときがくると思います。それはいずれ迎える就職活動です。就職活動では、面接等でいろいろな話をしていかないといけません。題材は何でも良いんですけど、アルバイトを選ぶ人がかなり多いですね。やっぱり社会人は仕事をしていくわけですから、それの疑似体験というか、アルバイトも仕事ですからね。正社員のそばで仕事をしている分、それは当然社会に出る前にも役立つ経験になるでしょう。そこで、面接やエントリーシートでは自己PRを話さないといけません。この自己PRはどの企業を受けてもまず聞かれる質問でしょう。

 

自己PRを考えるときにやっぱり便利なのがアルバイトなんです。自己PRっていうのは、単に自分の優れている部分、長所をアピールすれば良いものではなく、それがどうやって会社で役に立つのか?どういう場面で仕事に生きるのか?そこまでを考えないといけません。人より優れているところを述べるのはそうなんですけど、単に特技とかで終わってしまうようなことは避けないといけません。したがって、アルバイトは実際に仕事をしていたわけですから、当然その経験は仕事における多くの場面で生かすことができるはずです。そして、アルバイトをしていたときに特にアピールになると思えるのは「継続力」だと思うのです。それは1つの仕事を長くやっていた。1つのお店で長く仕事を全うしたといったことです。継続力が何故大切か?それは会社にとっても長く勤めてくれる人は有益な存在だからです。

 

入社してもすぐに辞めたり、転職されたりすると、それはマイナスです。採用にかかった費用、教育、研修にかかった費用というのが必ずあるはずですが、それはその人が会社で長く働いて利益を出してくれることで還元されるものですが、それがされる前に辞められてしまったり、他の会社に移ったりするということは現代では珍しくありません。転職を考えているサラリーマンは多くいるでしょうし、入社して3年以内で辞めてしまう人もたくさんいます。そういう人は会社にとってはある意味迷惑な存在と言えるのかもしれません。したがって、1つの会社に長く勤めるということは現実的にあまり多くなくなってきています。新入社員も、誰もが最初は定年までここでお世話になりたいと思っていると思うのですが、働いているうちにどんどん本当にここで良いのか?と不信感のようなものがどんどん溜まってきて、何年後かに転職をしたり、辞めたり、または独立したりという選択肢をとる人が何割か出てくるのです。

 

したがって、1つの会社に勤め続けてくれる人というのは、ある意味希少価値が高く、会社としても大変助かる人材ということがいえると思うので、そういう社員になってくれそうな人は評価される可能性が高いですね。それをアルバイトで是非アピールしてほしいなと思うんです。アルバイトも仕事ですから、それを長くやってくれていれば、当然忍耐力もそうですし、継続力のある人だということがいえると思います。できれば1~2年くらいやってもらえれば、かなりのアピールになるのではないか?と思います。また、同時に欠勤日数とかも覚えていれば(覚えているということはそれだけ少ないということになる)、それもアピールすれば、少しのことでは滅多に休まないということもいえて、それも会社にとっても嬉しい材料でしょうね。アルバイトはいくつか渡り歩くというのも珍しくないので、1つのところに長く集中してやってきたということは良いアピールになると思います。

 

こういった継続力をアピールするのには、アルバイト以外じゃダメなのか?ということですが、アルバイトが個人的には1番望ましいかな?と思います。それは仕事をやっているということ、それが好きではないことをやっていることだからです。好きでアルバイトをやっている人もいるかもしれませんけど、普通は仕事は好きでやるというよりは、お金を稼ぐためにやっているものですよね。したがって、アルバイトに似た性質のものがあれば、その他の話題でも良いと思うのですが、忍耐力や継続力をアピールするので、当然好きなもの、積極的に行えてしまうものを選ぶのはNGだと思います。そういうものは続けられて当然じゃないか?と思われてしまう可能性があるので。それを行ううえで一定程度の我慢を要するものが相応しいと思います。就職活動では、アルバイトの話はよく使うと思うんですけど、是非上手く自己PRができるように頑張っていきましょう!