リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活でゼミに入っていないと不利ではないが、理由は考えておこう

【スポンサードリンク】

大学生の中にはゼミに入っていない人も多くいるのではないでしょうか?ゼミは強制的に入らないといけない、必須の大学のところもあれば、完全に任意のところもあると思います。そういうゼミは就職活動において、少しかかわりがある場合もあります。それは履歴書やエントリーシートには「専攻分野」といった項目があって、それを書かないといけない場合が結構あるからです。ゼミに入っていれば、そこで専攻している分野のことをそのまま書けば良いと思いますけど、入っていない人はどうするべきか?というのは悩むかもしれませんね。こういう場合にはオススメしたいのは、自分が受けてきた授業の中で特に印象に残ったものを書いておくということです。それは授業名というよりは、その授業の扱っている内容のようなものが良いと思います。

 

ゼミに入っていない学生も多くいると思いますから、入っていないことについて企業が別に思うことはないと思います。ゼミに入っていないと困ることがあるとするならば、ゼミについての話が面接などにおいてできないというくらいだと思います。結構、学生の中には面接等で話すネタとしてゼミを選ぶ人は多いと思います。ゼミは話しやすい題材なんだと思います。ゼミは何人かのグループになって、あるテーマなどについて協力して調べて、最後発表するような形をとっているところが多いのではないか?と思いますけど、それって、面接で凄い話しやすいと思うのです。自己PRとか、学生時代に特に力を入れたことなどの話題になりやすいのです。その理由は、実際の仕事と似ている部分が多いからです。実際の仕事もゼミのような形でチームとして進めていくことが非常に多いので、ゼミでの経験はかなり生きるということがいえると思いますし、だからこそ面接の場でアピールしやすいのです。

 

それができないというのがゼミに入っていない人ということになりますけど、不利になるという言い方が適切か?どうかは分かりませんけど、強いて挙げるなら、そこだということです。ただ、ゼミに入っていないと困る点があるとするならば、ここくらいですから、ほとんど困ることはないといって良いと思います。別にゼミ以外でもアピールできる材料はたくさんあると思うので、それを見つけてアピールできるように話を考えていけば良いと思います。ゼミ以外だとサークルとか、アルバイトとか、そういったものが定番だと思いますけど、それで良いのではないでしょうか?勿論、それ以外の話題でも大丈夫だと思います。少なくともゼミに入っていないというだけで、就職活動において不利になったりすることは通常はありません。ゼミをそこまで重要視している企業があるとも思えませんし。

 

問題はゼミに入っていないことを聞かれた場合ですね。それもなかなか考えづらいとは思いますけど。もし聞かれることがあった場合には何と答えるべきか?というのはありますね。本当は理由なんていらないと思うんですけどね。だって、ゼミに入っていない人っていうのは、任意選択できるということでしょう?必須なら絶対に入っているわけですから、任意の時点で「任意だから入らなかった」は十分な理由になりますよ。本来ならばこれでいいはずなのですが、面接官が納得するとも思えないので、別の理由を考えないといけません。1番良いのは、他にやりたいことがあるから、ゼミに入らなかったというものでしょう。ゼミも結構時間とられますよ。普通の授業よりも授業以外でやらないといけないことも多く、連帯責任みたいな面もあると思いますから、簡単にサボるわけにもいかないでしょう。だから、普通の授業よりも負担が重いのは間違いないです。

 

すると、サークルとか、アルバイトとかの時間を削られてしまう可能性は十分にあります。したがって、ゼミに入ると大学生活でやりたいことの皺寄せがきてしまう恐れがあるので、入らなかった。特にそれがアルバイトとかであれば、アルバイトもゼミの影響で仕事に身が入らなかったとかでは許されないでしょうから、すでにアルバイトを始めていた場合には、ゼミによる影響を防ぐ意味合いでも妥当な選択といえるのではないでしょうか?そこは面接官も分かってくれるでしょう。同じ仕事ですからね。ですから、ゼミに入っていない人はアルバイトを引き合いに出すのが良いと思いますね。当たり障りない理由としてはこれが1番かな?とは思います。また、中にはゼミに入るつもりだったけど、落ちては入れなかったというケースもあると思います。そういう方はそれをそのまま話すか、今言ったような理由を使うか選べば良いと思います。ゼミの選考に落ちた理由は人それぞれだと思いますけど、正直に話しても良いと思う方はそのまま話せば良いと思うし、あまりそれをそのまま話したくないという人は他に理由を考える、さっき言ったような理由を話すというので良いでしょう。これは各自で好きな方を選んで良いと思いますけどね。選考に落ちたとうのはイメージ良くないかもしれませんけど、それだってちゃんとした理由ですからね。あとは面接官がどう思うか?でしょう。

 

就職活動では、質問にどうやって答えるか?等、いろいろな悩みが生まれてくるものですけど、そんなときにネット上でいつでも就活相談のできるサイトがあります。それは「ココナラ」というサイトで、ここはオンライン上でいろいろなサービスの売買ができるサイトです。例えば、実際に企業で人事を担当している人、有名企業から内定を貰った人など、今の就職活動を知り尽くした頼れる人たちが、いつでも相談に乗ってくれます。例えば、あなたの履歴書やエントリーシートの添削をして、受かるための履歴書やESに仕上げてくれたり、面接とかでどう答えれば良いのか?分からないような質問に対して、どういう回答が望ましいのか?答えてくれたり、なかなか内定がとれない人は、その悩みを打ち明けると適切なアドバイスをくれたりと、いざというときに頼れる存在だと思います。お金をとっている分、大学の就職課とか、ハローワークとかよりは大分真剣に考えて協力してくれるはずですよ。基本的に500円で利用できるので、何かしら就活についてプロとも呼べる人たちに相談したいことがあれば、利用してみても良いかもしれませんね。他の就活生に差をつけたい方に特にオススメです!

 

500円で利用可能!オンラインだからこそできる新しい就活のカタチ!

 

 

あわせて読みたい記事