リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

大学で入るゼミの選び方や決め方の大切なポイント

【スポンサードリンク】

大学生活の醍醐味の1つになるんでしょうかね?ゼミ活動というのは、大学生の特権みたいなものかもしれません。ゼミで出会ったメンバーや教授とは卒業後も付き合いが続く場合もあり、ゼミが大学生活で1番楽しかったということを口にする人もいるくらいです。人によってはそれくらいにゼミの存在は大きいということでしょう。さて、これからゼミ選びをする方、ゼミに入ろうかな?と悩んでいる方にオススメのゼミの選び方についてお知らせしたいと思います。ゼミはそもそも必修だから絶対に入らないいけない大学もあれば、完全自由なところもあるでしょう。私の大学は自由でした。だから、最初から入る気のない人もいました。必修であれば、必ずゼミには入らないといけない反面、入りたくても入れないということはないですが、自由だと入りたくない人は良いものの、入りたくても入れない人が出てきます。そのため、どちらが良いのか?はよく分かりませんね。

 

ゼミはいつからなのか?というと、時期は大学によっても違うと思います。1年からいきなりあるところもあれば、もっと後からというところもあるでしょう。私の大学はゼミ自体は3年からですね。2年の後期に希望者は選考を受けて、合格すればゼミ異に入れるというものです。だから、2年生のうちからゼミのことについて考えたり、調べたりしないといけなかったのです。さて、じゃあ具体的にどういうゼミを選べば良いのか?というのは、どういうゼミが自分に合っているか?という観点が重要になると思います。というのも、ゼミでやることというのは大きく分けて2つあるでしょう。それは当たり前ですけど勉強です。そして、もう1個はイベントや合宿などの遊びや課外活動と呼ばれることです。勉強というのは、ゼミの本分である研究や発表になりますけど、もう1つの方は娯楽といって良いのか?は分かりませんけど、合宿をしたり、飲み会をしたり、という勉強とは関係ない部分の息抜きみたいなものでしょうかね?合宿は当然勉強する機会もあると思いますけど、息抜きに近い要素もあると思います。

 

その2つの側面があるということをまず理解してほしいと思います。そして、ゼミを選ぶときには事前の説明会というのがあって、そこでは全体の説明と個別のゼミを回って説明を聞ける機会があると思います。そのときにちゃんと詳しく話を聞いていくというのもありますけど、是非聞きたいことがあれば質問しておきましょう。ゼミの本分である勉強の方では、発表はどのくらいの頻度であるのか?とか、それ以外のことでは、飲み会はどのくらいの頻度であるのか?どのくらいの人が参加するのか?合宿はあるのか?どこにいくのか?どれくらいの費用がかかるのか?など、そういったことはゼミを長く続けていくうえで、非常に大切になると思います。例えば、発表が多いと、それだけゼミの勉強に時間をとられやすくて、他のことに手が回らなくなり、他の授業の単位を落としやすくなるとかあるかもしれませんし、飲み会などの雰囲気が好きじゃない人にとっては、飲みサーみたいな感じのノリのゼミだと、頻繁に飲み会があって、辛い思いをする可能性もありますから。

 

そういうゼミ特有のいろいろな部分について、あらかじめ聞いておくと、自分がいづらいゼミとそうじゃないゼミがだんだん見えてくると思うので。ゼミの説明会のときには特に目を光らせて、いろいろなゼミを回ってみて話を聞いておきましょう。そして、ゼミ選びおいては、自分に合ったゼミというのは上記の要素だけではありません。それはやはりゼミの本分は研究することなので、何をそもそも扱っているゼミなのか?テーマがあるはずですよね。専攻分野という言い方もすると思いますけど。この専攻分野は適当に決めない方が良いと思います。例えば、発表が少なくて楽そうとか、飲み会が多くて楽しそう!とか、そういう気軽な気持ちでゼミを選んでしまうと失敗する可能性もあるのです。勿論、自分に合っているゼミを選ぶ意味では、これらの要素も勿論必要ですけど、それらだけで決めてしまって、専攻分野を全く考慮しないというのも問題なのです。

 

専攻分野は当然、自分の学部の研究の中で興味、関心のあるものを選んでほしいと思いますけど、研究テーマは卒論にもかかわってくる問題です。ゼミに入るということは4年次までずっとゼミに所属する前提でしょうから、卒論を書くということになると思います。そのときにあまり難解な専攻分野や興味のないテーマのゼミだと、当然書きづらいです。そして、卒論が書けないと、卒業できないという事態になってしまいます。卒論は留年になる原因の1つですから、卒論はしっかりと書かないといけません。そのときに自分が書けるような、興味ある、そこまで難しくないような専攻分野を選んでおかないと後々大変な思いをすることなりかねません。だからこそ、どういう専攻分野のゼミに入るか?というのも非常に重要な問題になってくるのです。だから、最後に専攻分野の大切さについて書いていきましたけど、本当はここを1番重視すべきだと思うのですが、ゼミは単なる学習のためのグループではなく、それ以外での活動や付き合いもあるので、そこに重点を置いて選ぶこともあながち間違いではないと思いますけど、そのバランスに気をつけて選んでいきましょう。

 

ブログに広告を貼るだけでお金が稼げる!「貼るだけ案件」が大人気!無料のブログを用意して、指定された広告を一定期間貼るだけでOKなので、誰でもできるし、すぐに稼げます!アフィリエイトはやらずに「貼るだけ案件」を毎日こなしていくだけで、学生にとっては良いお小遣い稼ぎになりますよ!「貼るだけ案件」はトップページ上部から「素材掲載」と検索すると、該当案件がたくさん出てきます。作業自体は1度貼ればOKという手軽さですから、誰にとってもオススメのお小遣い稼ぎですね!ブログを作るのは非常に簡単ですし、すでにブログをやっている人はそれに広告を貼り付けるだけでOKですから、気軽にやってみよう!

PC・スマートフォンからお小遣いが稼げるA8.net