リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

学生の賃貸物件の選び方は防音、セキュリティ、周辺環境

【スポンサードリンク】

大学生など、春から新生活のため一人暮らしをする方も多いと思います。そういう方は同じような考えをしている方が多いので、良い部屋が埋まってしまう前に、できるだけ早くから部屋探しをした方が良いのですが、そのときにどういう視点で部屋選びをしていけば良いのか?その選び方についてポイントを挙げて、説明していきたいと思います。大学によってはキャンパスの移動があるので、どのくらい住み続けるのか?分かりませんけど、後悔しないように慎重に部屋探しをしていきましょう!大学生あたりであれば、家賃相場はだいたい5万円台中盤くらいみたいです。そのくらいの家賃の家に一人暮らしをしている人が多いということです。そのあたりの金額で考えている人も多いと思いますけど、できるだけその金額に収まる範囲内で、以下のポイントを満たしている物件を選べれば良いと思います。

 

・防音設備があるか?どうか

これは隣近所に住んでいる人がたまたまうるさいというか、騒音を発するような人だった場合、非常に面倒なんですよ。注意するのもしづらいと思いますし、注意しても、それが収まらない可能性がある。その場合、最悪もう我慢の限界ということで、自分の方が出て行く羽目になる可能性もあります。ある程度音が発生することは避けられないものの、防音機能のついた家であれば、かなり音が防げると思います。学生が多く住む家というのは、いろいろな人がいるんですよね。代表的な例でいうと、楽器を演奏したりする人もいます。これもあまり夜遅くなければ、私は気になりませんけど、人によってはそれが気になったり、家で勉強していたりするときに集中を妨げたりする可能性があります。騒音はお互い様ですが、自分がどうも神経質だったり、音に敏感という方は、防音設備のついた部屋を探すということも考えた方が良いかもしれません。

 

・セキュリティのしっかりした部屋

これは女子学生の親御さんなんかはこれを特に気にしますね。一人暮らしのときに、当然女性の場合は余計に親御さんは心配すると思うのです。セキュリティというのは、例えばオートロック、あとはTVモニターつきインターホン、あとは警備会社がマンションなどに入っている、といったポイントです。セキュリティが充実しているような家は家賃も高いので、あまりお金を出せない場合には妥協することも必要かもしれませんけど、でも女性だけじゃなくて、泥棒などの侵入を許さないためにもセキュリティのしっかりした家を選べるならば、選んだ方が良いと思います。また、これはマンションなどの建物の中のことだけではなく、実は外にも気を配る必要があります。

 

例えば、建物の外の付近に高い塀などがある場合、これは泥棒などがよじ登りやすいので、狙われてしまう危険があります。また、人通りが少ない場所にある家なども泥棒にとって見つかりづらいですから、狙われる危険性がありますね。そういった想像力を働かせて、いかに泥棒などの侵入を防げるか?というのを自分でも考えていくことも大切だと思います。家の中のセキュリティさえしっかりしていれば安心!ということはありません。泥棒だって、セキュリティが充実していることは当然知っているので、そのうえで新たな策を考えてくるはずですから。したがって、部屋選びをするときには、建物の中のセキュリティだけではなく、建物の外の状況もちゃんと調べておいた方が良いでしょう。一人暮らしを安心して送るためには必須のポイントだと思います。

 

・周囲に日常的に使うお店や施設などがちゃんとあるか?

これは実は非常に重要です。賃貸物件を選ぶときに、多くの人はその家そのものや家の中見ないケースが多いと思うのですが、実は周囲の環境がどうなっているか?というのもチェックしておく必要があると思います。特にある程度の頻度で利用するお店や施設、いざというときにないと困るお店や施設はちゃんとチェックしておきましょう。スーパーとコンビニはやはり頻繁に利用すると思います。コンビニは最低1軒くらいは近くにあると思いますけど、自炊などをしたりする場合に、買出しに行くときには、やはり家の近くにスーパーがないと困ります。家からかなり離れたところにあると、自転車とかがあるなら良いですけど、徒歩で向かうとなると、往きは良いかもしれない。また、帰りに寄ってくる場合も良いです。しかし、スーパーで買ってから重い荷物を家まで持って帰るのは非常に大変です。だから、スーパーはできるだけ徒歩圏内にあった方が良いと思います。

 

あと、コンビニもできるだけ徒歩圏内、もしくは目と鼻の先にあった方が良いです。夜にお腹が減るということが私はよくありますけど、そのときにコンビニが近くにないと、真っ暗の中ある程度の距離を歩いて行くのは怖いですからね。人通りもないですから。夜遅くなってから、何か必要になったモノをコンビニに買いに行くということもないとはいえません。したがって、コンビニもできるだけ近い場所にある物件を選んだ方が良いと思います。そして、後は郵便局、銀行、病院(診療所)などが頻繁ではないでしょうけど、いざというときには近くにないと困ると思うので、そういった施設も付近にありそうか?というのをチェックポイントにして賃貸物件探しをしてほしいと思います。今挙げたお店や施設が全部近くにあるというのは厳しいと思うので、1個でも多く近くにあるような、そういう物件を是非探してほしいと思います。これまで主に3つの条件を挙げてきましたが、これらを全て満たす物件があるとしても、非常に高くついてしまうので、現実的にはそういう家に住むのは厳しいと思います。ただ、1つでも多くの条件を満たせれば、ある程度理想の大学生としての一人暮らしができるのではないでしょうか?

 

学生が以上のようなポイントを重視してもらえれば失敗する可能性は少なくなると思います。そして、特に東京都内で物件を探している方にオススメしたいのが以下の「」になります。ここは、東京23区内の物件をネットから全て検索できるという優れものです。わざわざ不動産屋さんに来店する必要はありません。また、良い物件を見つけたら、ネットから下見の予約も可能で、予約した日に直接物件の場所に行けば、スタッフが家の中を開けて見せてくれます。そして、このヘヤジンプライムの最大の特徴は仲介手数料が無料ということです!仲介手数料は通常ならば、家賃の1月分から半月分かかるところですが、それが一切かからないのです。しかも、それはヘヤジンプライムで検索した物件のみではなく、他の不動産会社や他の賃貸物件を調べるWEBサイトで見つけたものも同様です。したがって、ヘヤジンプライムでも、それ以外のサイトや会社でも、ここ住みたい!と思った物件を見つけた場合には、その物件を最終的にヘヤジンプライムの持ち込めば、全て仲介手数料無料で紹介してくれるので、凄いお得なんです。無料の会員登録をすれば、今紹介したサービスが全て利用可能ですから、これから都内でお部屋探しをされる方には是非オススメします!

 

来店不要のネット不動産ならヘヤジンプライム