リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

留学先の国はどこがいい?失敗しない決め方、選び方のポイント

【スポンサードリンク】

大学生のうちに留学を経験する人は非常に増えてきていると思います。だいたいの人は英語を学ぶために留学をする方が多いのかな?と思いますけど、最近はドイツなどもよく留学先として人気のようです。ドイツ語を学んでいる人も多いのでしょうか?私は大学時代は英語は普通に授業がありましたけど、第二外国語はスペイン語でした。第二外国語をしっかりと学ぶ気のある方は、英語圏以外の国への留学を考えるのかもしれません。私も英語はそこそこだと思いますけど、やっぱり英語を話せると世界は変わりますよね。英語が理解できない楽しめないものというのが世の中にはたくさんありますからね。また、英語ができる人材はビジネスでの重宝されることが多く、英語を学んで損をすることはなかなかないのではないでしょうか?そういった意味では英語圏への国への海外留学を考えるときには、行き先を決めないといけません。どの国が良いのか?ということを決める際に抑えるべきポイントを以下に挙げておきました。

 

・費用はどれくらいかかるか?

これはその国へ行くのにかかる渡航費用と言うよりは、現地の国での生活にかかる費用ですね。どれくらい留学するのか?は分かりませんが、最低でも半年とか、長ければ1年以上とか、それくらいは滞在する人が多いと思うので、それだけ長くいる場合には当然生活費にかかるお金も考慮しないといけません。学費に関しては事前に分かると思うのですが、生活費はちゃんと調べていかないといけないでしょう。特に1つの国の中でもどの地域か?によってまたかかるお金は変わります。特に家賃ですね。日本だって、東京とそれ以外では結構家賃には差がありますから。海外だって、地域によってそれぞれ家賃が違う可能性もあるので、事前にどの国に行くか?だけではなく、どの国のどのあたりの地域に行くのか?ということまでしっかりと選定しておきましょう。

 

そして、物価ですね。これは日本より高い場合もあれば、安い場合もあります。物価が特に安いと評判なのはカナダですね。日本よりもそんなにお金がかからずに生活できる可能性もあります。お金は人によって使える金額の限界があると思いますから、各人で行ける国、行けない国というのがある程度決まってしまうかと思うのですが、これはしょうがないでしょう。特別物価が高い国というのは英語圏の代表的な留学先ではないと思います。ヨーロッパのスイスなんかは世界一物価が高い国として有名ですが、ここは公用語がドイツ語やオランダ語だったと思うので、留学先としてはそんなに多くないかもしれません。ちゃんと事前にどれくらいお金がかかりそうか?というのはしっかりと見積もらない資金が底をつくというのは避けないといけないので、細かいところまでちゃんと調べて、期間と物価と家賃などから自分の今の金銭的余裕から行けそうな国を探しましょう。

 

・気候はどんな感じか?

これも非常に大切なポイントだと思います。日本の生活に慣れていると、他の国に行った時にその気候の変化についていけない可能性もありますから。日本の場合は四季があって、暑い季節も寒い季節も両方体感していますから、だいたい大丈夫じゃないか?とは思いますけど、中には国や地域によっては冬が極寒だったり、夏が灼熱だったりと、日本人が体感していない気候に出会うところもあるかもしれません。体調を崩しては勉強をするチャンスが減っていってしまいますから、日本人がある程度慣れているような気候、日本人でも十分年間を通して過ごせるような気候の国を選びましょう。留学期間が短い場合はともかく、ある程度長期で滞在してくる場合は、1年間の気候をちゃんと各国とも調べて、候補を絞っていくことが必要でしょう。気候はかなり大切な要素だと思うので、こちらも事前にしっかりと調べておきましょう。

 

・自分が楽しめるポイントがあるか?

ここも大切だと思いますよ。勉強をしに行くことは大前提ですが、しばらくの間はずっとその国で過ごすことになるのですから、当然ですけど、息抜きや、遊ぶことだってあるでしょう。そういうときに自分が楽しめそうな観光地やスポットがあるか?力に行くわけではないですけど、旅行に行ったとしたら、どこに行きたいか?行きたい場所はあるか?というのも私は大切だと思いますよ。勉強をしに行くけど、勉強だけにしに行くわけでははないですからね。学校に行かない日などにどうやって過ごすか?どこで過ごすか?というのは、事前に考えておかないといけないポイントです。そうしないと、勉強だけしに行く留学というのも、楽しくない気がするので。したがって、そういった部分についても、調べておくことが大切でしょう。その国の文化、名所、特徴などを掴んで、留学を機にたくさんの思い出を作るのも良いのではないでしょうか?