リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活にぴったりなメンズ腕時計の値段、デザインの選び方

【スポンサードリンク】

就職活動になると、スーツ、カバン、ネクタイなど、本当にいろいろなものを準備しないといけないので大変ですよね。ただ、案外忘れがちですが、重要なアイテムがまだあるんです。それは腕時計です。腕時計は用意した方が良いです。時計なら携帯やスマートフォンで確認できるから良いよ!と思っている肩もいるかもしれませんが、実はそういうことじゃないのです。腕時計をしているか?していないか?という点が非常に重要なのです。時刻を確認するだけであれば、確かに仰るとおり携帯電話やスマートフォンを利用すればすぐにでもできるでしょう。でも、就職活動時に腕時計をする意味というのは、社会人になるうえでの常識のようなものをちゃんと就活生のうちから身に付けているか?そこを確認されてしまうということですね。実際、社会人になったら腕時計をしていない姿を見られると叱責される場合があります。それくらい重要なので、以下で就職活動時に選びたい腕時計のポイントをされっていきたいと思います。

 

・高級すぎず、安すぎないもの

これは単純に腕時計の値段ですね。出せる金額というのも限界があると思いますけど、あまり高すぎるものは厳禁です。腕時計のブランドとかに詳しい人が見たら、パッと分かってしまうくらいに有名で、高級なものは当然ながら、会社の人の嫉妬をかってしまいますから。生意気な!と思われたらアウトです。だから、控えめなものを選びたいですね。就職活動中は一応学生ですから。ただ、どうせならば社会人になてからもそのまま使えるものが良いですよね。会社に入社したら新しいのを買うというのは面倒ですし、お金もかかりますから。そういう意味では、社会人がつけていても恥ずかしくない値段で、かつ学生でも身分相応でな値段というと、1~3万円くらいでしょうか?このあたりならば、その時計を見て嫉妬する社員もいないでしょうし、学生がしている時計としてはごく自然だと思います。

 

・デザインはシンプルで奇抜じゃないもの

デザインとしてはデジタル時計よりは、アナログ時計の方が社会人として身に付けている人も多いので、より適切と言えるかもしれません。そして、デザインですが、大学に付けていくような感覚で選んではいけないでしょう。特にカラフルなものは馴染まないといえます。特に赤、青、黄色、緑などの目立つ色は当然スーツにも合わないということがいえますから、就職活動時には選ばないようにしましょう。基本的には黒かシルバーを中心とした色がしっくりくると思います。これは時計のバンドの部分や外側の部分のみではなく、全てですね。針や文字盤なども全てシンプルな色にできるだけ収まっているものが良いと思います。保守的な色というか、目立たない色、飾っていないデザインのものが特に好まれると思うので、そういうシンプルな腕時計を選んでいくと良いでしょう。

 

・ベルトは革か?メタルか?

腕時計のベルトの部分は皮製のものとメタルベルトと呼ばれる金属製ものに分かれます。これはどちらでも良いように思います。デザインが奇抜で斬新なものじゃなければ、どちらでも良いでしょう。好みで選んで良いと思います。ただ、皮製のものはあまり長く使っていると劣化してくる。当然、夏などにも使いますから、汗をかいていくるとそれが革について、湿ってきたり、蒸れてきたりすることもありますし、それによって革の部分は多少なるとも劣化してくる恐れがあります。逆にメタルバンドの方は、金属ですから、汗をかいたくらいでは特に変化はありません。汗の影響は特に受けずにかなり長持ちすることが予想されます。どちらかというと、社会人の人はメタルバンドの方を使用しているケースが多いように思いますね。皮製のものは女子の方は多くつけている印象ですけど、男性はメタルバンドを選ぶ傾向にあるかな?という感じです。そういった感じで、社会人でも使える、就職活動をするときにぴったりの腕時計を選んでいってほしいと思います。

 
あわせて読みたい記事