リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活の会社説明会で予約できない、満席でも参加する方法

【スポンサードリンク】

就職活動で恐らく説明会の予約をしようとしたときに満席になっていた!?ということがあると思います。満席になっているというのは、単純に会場のキャパシティから考えた募集人数を上回ってしまったから参加できないという状況もあれば、学歴フィルターみたいにまだ席に余裕はあるのに、参加することができない。という場合もあると思います。この2つの違いを見分けるのはちょっと難しいです。学歴の異なる2人がいて、同じ説明会に予約をしようとすれば分かるかもしれませんけど、友達とかと協力するしかないでしょうね。ただ、後者の場合は完全に学歴で切られてしまっているので、どうあがいても参加は不可能のように思います。ただ、前者の場合はまだ可能性が残っているのです。だから、諦めないでまだ参加する希を捨てないでください。では、具体的にどういう方法があるのでしょうか?

 

・締め切りギリギリになって予約ページをもう1度見る

これは予約が全部埋まっていても、ほぼ間違いなく予約した人が全員くることはないです。ほぼキャンセルが一定割合出ます。そして、そのキャンセルが特に集中しやすいのが前日なんです。説明会開催の前日あたりに予約の締め切りが設定されていることが多く、前日に特にキャンセルが集中しやすいので、説明会開催の前日にはできるだけパソコンやスマホを開いて、説明会予約のページをチェックして、更新をしながら、空きが出ないか?をチェックしていきましょう。そして、空きがあればそこに申し込んでみると良いと思います。これは本当に最後の最後になれば、なるほどキャンセルが増えやすいという就活生特有の行動を利用した作戦になります。これは簡単にできるので、どうしても参加したい会社の説明会が予約取れない場合には試してみましょう。

 

・当日アポなしで参加してみる

これは一種の賭けでもあります。というか、これは1個前のやつと似ていますけど、必ず無断欠席の人がいると思うのです。キャンセルボタンを押さないで、説明会に参加しないという人がいると思います。その理由は面倒だったからとか、キャンセルが出来ない当日に急に行けなくなったとか、それぞれだと思いますけど、そういった事情もあり、当日はキャンセルをしなかった人の中にも行かない人が出てくると思うので、恐らく会場が満席になることは考えづらいです。予約ページでは満席になっていても、実際予約した人が全員くる可能性の方が少ないと思うので、当日アポなしで行ってみても、もし本当に席に余裕があるのならば、入れてくれる可能性もあると思いまあす。これは絶対に入れてくれるとは限りませんから、注意してください。上記の予約ギリギリまでキャンセルが出ないか?待ってみて、それでもダメな場合にはこれを使いましょう。

 

・直接、企業に問い合わせてみる

これも手ですね。アポなしでいきなり会社説明会の会場に行くというのがちょっと憚れる人の場合は、事前に席空いてないですか?と聞いてから向かうというのが良いと思います。前日、または当日に連絡することになると思うので、電話の方が良いでしょうね。前日の場合はメールでも良いかもしれませんが、必ず返信がくるとは限りませんから、電話にしておいた方が良いでしょうね。事前に電話等でちゃんと許可をとっていれば、当日説明会に勝手に行くよりも良いでしょうし、そっちの方が確実に参加できる安心感もあると思います。ただ、そこでダメと言われたら、もう諦めるしかないかもしれません。こういった感じで、主に3通りのやり方があるということです。是非覚えておいてください。

 

そして、現在就職活動中の方に是非知っておいてほしいのが「ココナラ 」というサイトです。ここはWEB上でのサービスの売買ができるのですが、就活生向けのサービスというのもあるのです。それはココナラの「キャリア・就職・資格」のカテゴリーにあるサービスで、どんなものがあるのか?というと、実際に企業で人事ととして働いている人、有名企業から内定を得た元就活生などが、今就職活動をしている学生に対して、様々な悩み相談に応じたり、後は履歴書やエントリーシートの添削なんかもしてくれます。これらのサービスは500円からと非常に安い価格で利用できます。また、一応お金をとっているので、質問系のポータルサイトでタダで添削のお願いをするよりは、真剣に心をこめてやってくれるはずです。彼らは就職活動の第一線で活躍している、していた人たちですからね。是非オススメしたいと思います。

 

 

あわせて読みたい記事