リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

居酒屋のバイトの面接で受かるには?受かる方法やコツ

【スポンサードリンク】

居酒屋でバイトをしてみたいと考えている方も多いのではないでしょうか?居酒屋は特に若い人たち、学生やフリーターの人たちが多く活躍しているバイトです。居酒屋のバイトは常時いろいろなお店で募集をしていると思いますが、そう簡単に採用してもらえるわけじゃありません。当然、接客業が中心になりますから、そこも採用担当者も見極めていくでしょうし、1回じゃ受からない可能性もあると思います。居酒屋のバイトは結局何を重視しているのか?というと、最終的にはお客さんに対してのサービスがどれだけ熱心にできるか?ということではないでしょうか?お店側が掲げている理念といったものにも、お客様への心遣いが表れているところもあると思うので、居酒屋は飲食業界の中でも、特にお客様へのサービスを第一に考えているところがあると思います。

 

それが行き過ぎると、昨今騒がれているようなブラック企業扱いをされてしまうのかもしれませんが、目指しているところはそこでしょうね。そういうわけで、受かるためには面接でそういう部分をアピールしないといけないのです。居酒屋のバイトは石化客業であり、サービス業ですから、極端なことをいえば、自分を犠牲にしてでもお客様のために尽くすという心遣いが必要です。以前、接客関連のバイトをしていたという方はそれがある程度有利に働くのではないでしょうか?過去にやっていた接客業のバイトで、それだけお客様のタメに働けたか?それを自分が自信満々に語れるエピソードか何かがあれば、それを面接で話せば、評価してくれると思うのです。そして、接客業の経験が特にないという方は、やはり志望動機でしょうね。そこでいかにお客様にために尽くしたいか?というのを語ると良いと思います。お店側がバイトに求めている点というのは、1番はそこじゃないか?と思います。

 

単純な話ですけど、お店側がバイトに1番求めるのは売り上げに貢献してくれるということです。バイトが売り上げに貢献してくれるには何が必要か?お客様のためにきちんと仕事をして、また来たいお店だと思ってもらえることです。バイトに課せられた使命というのは、単に仕事をこなすというのは当たり前なんですが、その結果としてお客様に喜んでもらえることでしょう。それが売り上げの増加につながっていくと思うのです。そうなると、志望動機では何故接客業を選んだのか?ということと、居酒屋のバイトを通してどういったことを成し遂げたいか?何を実現したいか?このあたりを述べられれば、お客様に対する尽くしたいという気持ちやお店に貢献してくれそうな人材ということがいえると思います。また、居酒屋は他のバイトと一緒に働いて、ある種のチームワークが必要になってきます。チームで仕事をしている感覚に近いかもしれません。そういうチームを通してまとまっていかないといけないので、コミュニケーション能力はある程度必要でしょう。

 

この場合のコミュニケーション能力というのは、盛り上がる感じのものではないです。居酒屋従業員は明るい人が多く、いつも活気に満ち溢れている印象があるかもしれませんけど、そういう人じゃないと雇われないわけじゃないです。適切にコミュニケーションをとって、チームとして機能させられるような人ならば大丈夫だと思います。この場合のコミュニケーション能力というのは、意思疎通の意味です。チームが機能するには、意思の疎通はとても大切ですよね。そのために最低限のコミュニケーション能力は必要だし、面接でもチェックされているのではないでしょうか?単に饒舌な人が受かるというわけではなく、仕事に支障のない意思疎通ができるか?どうかというのが大切ですからね。そういった点も接客業として、効率的にお店を動かしていくためには非常に大切な要素です。居酒屋のバイトは、いろいろなお店で募集されていますけど、簡単に受かるバイトではないでしょう。応募者も多いです。接客業であること、サービス業であること、お客様のために働くということ、これらの意識が特に必要ですし、それを面接でアピールできれば受かるのではないでしょうか?

 
あわせて読みたい記事