リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

グループワークがうまくいかない、苦手な就活生のための対策

【スポンサードリンク】

就職活動の場では、本当にいろいろな選考が行われると思います。それらを突破していかないと内定まではたどり着けないので、本当に大変です。その中にはグループワークという選考があります。これは結構、多くの企業で導入されているやり方で、割と序盤に行われることが多いです。グループワークとグループディスカッションは非常に似ている機もしますけど、微妙に違うのです。それはグループディスカッションとグループワークは、ともにメンバーが5~8人くらいで討論をして、1つの結論のようなものを出すという点は共通しています。ただ、違うのはそこで話される内容です。グループディスカッションは、当たり障りのないような、日常的な話題に沿った討論のテーマになりますけど、グループワークはよりその企業の仕事に関連したことが話題になり、討論テーマになります。

 

つまり、その企業のこと、またはその業界について結構詳しくないと話し合いに全く参加できない恐れもあるのです。私が経験したグループワークを1つ紹介させてもらうと、あるIT企業でグループワークが課されました。そのときは3人1組で討論が行われて、そこはいろいろな企業のWEBサービスのSEO対策を請け負う会社だったんです。SEO対策って何?っていう人は是非調べてほしいと思うのですが、ざっくり言うと検索エンジンにおいて、自分の、自社のホームページ等の順位を上げて、汗クス流入を増やす策のことです。それを今は分かりませんが、当時は主な事業としていた会社のグループワークでした。で、そこで出たテーマは、それに関連にするものだったのですが、ある1人のクライアントがいて、その人(会社)の所有するホームページの情報がいくつかあって、それを踏まえたうえで、私が受けた会社が行っている実際のサービスを利用して、どうやって提案をしていくか?を考えなさい。というものでした。

 

つまり、私の受けた会社のグループワークは、その会社の事業についてまず理解しておく必要性があり、またWEB業界についてもある程度精通していないと、ちょっと考えるのも難しいというテーマだったんです。私はその当時ある程度WEBについての知識があったので、普通についていけました。グループワークが始まる前には一応、簡単な説明のようなものはありましたが、それで理解できなければ、そのグループワークになかなか参加することが難しかったように思います。そういうかなり専門的な、その会社の事業に特化したテーマが出るのがグループワークです。逆にグループディスカッションは、特に予備知識もなく、すぐに討論が始められそうなテーマばかりですから、グループワークの方が難易度としては高いといえそうです。

 

グループディスカッションは知識は特にいらないのです。必要なのは発言することの積極性と発言内容の論理性だと思います。後は発言のタイミングや流れを読む力、場の空気を読む力なども必要かな?と思います。一方、グループワークは同じく今挙げた要素は必要です。それに加えて、その業界、その会社の事業に関する適切な知識が必要です。なくても大丈夫な場合もあるかもしれませんが、ないと困る、ないと不利な状況というのもありえる気がしています。したがって、業界研究や企業研究をやっておいた方がそれだけ有利になるかもしれません。実際、発言をするときに何をどう言って良いのか?分からないと、どうしようもないですから。ある程度の知識が無いとマズイかもしれません。グループワークは自分が発言するだけじゃなくて、時分が考えた案を紙に書いて提出したりもしますから、そのときに何も書けないと厳しいですよね。

 

全てのグループワークがそういう感じというわけではないですけど、中にはそういうテーマが出て苦しむ就活生もいると思うので、予備知識は多少は蓄えておいたほうが良いでしょう。企業側としても、全く知識のない人に入社されても困るという意味で、あえてそういうグループワークを課しているのかもしれません。自分があまりよく知らない業界の企業に応募すると、そういう事態になりかねないので、自分がその興味ある場合は良いですが、興味ないのに、おまけによく知りもしないのに応募するのはきついのかな?と思います。ある程度詳しい業界か企業に応募をするか?自分で勉強するか?しないといけないかもしれませんね。グループワークを課す企業はそんなに多くないと思いますけど、たまにあるので準備はしておいてください。

 

 また、これから就職活動を行っていく就活生にオススメなサービスを紹介したいと思います。それは「ココナラ 」というサイトです。ここは500円からWEB上でいろいろなサービスの売買ができます。いろいろなジャンルのサービスがあるのですが、その中で、就職・キャリア・資格のカテゴリーには、就職活動中の方に非常にオススメなサービスが用意されているのです。例えば、実際に企業で人事をやっている人やすでに内定を手にした元就活生などが相談に乗ってくれたり、後は彼らが履歴書やエントリーシートを見せると、受かるためのそれに仕上げてくれたり、500円という非常に安いサービスながら、結構いろいろな手助けをしてくれるのです。お金をとっている分、無料でやってくれるネットの質問、相談サイトで添削をお願いするよりは真剣にやってくれるはずです。こういったサイトは多くの就活生は知りませんから、もし良ければここで出品されているサービスを利用してみてほしいと思います。