リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

から揚げにレモンをなぜ勝手にかける?許せない!マナー違反!な声多数

【スポンサードリンク】

大学生の方、社会人の方など、飲み会に行くケースも多いと思いますけど、そこでの振舞い1つでその後の関係を大きく崩しかねない出来事が起きかねませんから注意しましょう。それは以前からずっと騒がれている「から揚げレモン論争」です。「唐揚げにレモンをかけるのは親切?迷惑? | ニコニコニュース」では、から揚げにレモンをかけてあげる行為は親切なのか?迷惑なのか?について議論されています。その場にいるメンバーにもよりますけど、中にはレモンが好きじゃない、かけてほしくないという人もいるかもしれません。割合的には、レモンをかてて食べたい、どちらでも良い、レモンをかけてほしくないのうち、レモンをかけないでほしいという人の割合は2、3割程度というデータがあったと思います。2,3割ってことは5人以上で飲み会に行けば、1人はいる計算です。勝手にレモンをかけてしまう人は親切心でやっているのかもしれませんが、それが裏目に出る可能性もあるので注意してください。

 

実際、何で一言断らずにかける人がいるのか?理解に苦しむ部分もあります。一言断るか?それか自分が食べる分だけかければ済む話なのに、何故それをやらないのか?謎ではあります。中には、人の手で絞ったレモンがかかっているから揚げを食べたくないと言っている人もいますし、その気持ちはちょっと分かりますけど、レモンを勝手にかける人は、結局のところ配慮が足りていないのは間違いないと思います。自分の分をとって、それにレモンをかける。これをやりさえすれば、丸く収まるのです。レモンをかけたい人はかけられるし、かけたくない人はかけずに食べられるし、双方がともに満足いく結果に終わる方法があるのに、それをやらないと理由って何なんでしょうか?思いつかないのでしょうか?本当に理解に苦しみます。

 

実際、レモンをかけられたくない人は、対抗手段として、以下のツイートのような方法をとる人もいます。

 

 

レモンをかけられる前に先手を打って自分の分はとっておく。確保しておく。そうすれば、勝手にかけてくる人もいないでしょう。そういう人がいたら、レモンをかけられたくないというサインでしょうから、周りの人が察してあげましょう。

 

 

これは凄いですよね。ある意味、勇気のある行動です。実際、レモンをかけられたくない人は、美味しい食べ物が食べられないものに変えられてしまったわけですから、これくらいさせるか、それとも自分の分の代金は払わないか、どっちはやっても良いんじゃないですか?追加のから揚げの代金を請求されたとしても、さすがにレモンを勝手にかける人のことを庇えないですよ。

 

 

これは本当にそう。醤油を先にかけられてしまうと、醤油がご飯にしみこんじゃって、触感が変な感じになってしまうのです。寿司を食べるときに醤油を先に全部にかけて食べる人ほぼいない。1個ずつつけて食べるでしょう。これと同じような理屈なのだが、私がから揚げを食べるときには、レモンをかけるとしても、先にかけられると、食べたいときにはもうレモンがしみこんじゃって、から揚げの皮がぐちゃぐちゃになっているのが嫌なのです。パリパリのまま食べたいから、私はレモンは自分が食べる直前に自分のタイミングでかけたい。誰かにかけられるのは嫌なのです。

 

大学生のサークル、ゼミや社会人の飲み会においてはから揚げを注文するケースもあるでしょう。そのときには、マイノリティであっても、レモンかけたくない人のことを考えた行動ができると良いでしょう。勝手にかけられると、中にはもうあなたから離れていくいく人もいると思いますので。レモンが嫌いだという人の想像力を是非働かせてみましょう。中には「そんなことで怒るなよwww」とか、言ってくる人もいますけど、周りが言うならまだしも、かけた本人が言ってきたら「お前が言うな!」と言われかねません。中にはレモンアレルギー果実アレルギーの人がいて、成人男性の2割はこれに当たるとされているようです。あなたが勝手にかけたレモンによって、飲み会が大惨事になってしまう可能性もありますから、そこら辺の配慮はしておいてください。