リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

大学生の夏休み期間はいつから?過ごし方は何をする?

【スポンサードリンク】

大学の夏休みって割と長いですよね。いつからいつまでか?というのは、大学によって違うのでしょうけど、高校までは7月の20日くらいから9月の1日までだと思います。ただ、大学はもっと長いところも多いです。春休みも長いですけど、夏休みも長いです。私の大学は例年8月1日から9月20日くらいまででした。そんな長くないかな?せいぜい50日くらいですからね。高校までの夏休みと比べると、10日くらいしか長くありません。2ヶ月以上あるところもあるようですから、長いところは本当に長いですね。この長い夏休みは是非有意義に過ごしてほしいと思います。何をするか?というのはその人の自由ですが、以下でいくつか夏休みに行ったら良いんじゃないか?と思うことをあげておきます。参考にしてみてください。ちなみに夏休みの宿題はあるのか?については「大学の夏休みは宿題や課題はあるのか?←割と面倒なのが出る - リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?」の記事をご覧ください。

 

・自動車運転免許の取得

これは大学に入った1年生とかはいきなり最初の夏休みで取得したりするケースも多いです。暇でしょうから、有意義に過ごすという意味では良いのかもしれませんけど、最近は合宿みたいなのを行って、そこでまとめて全て行ってしまい、その期間中に運転免許を取得するというケースもあります。運転免許は、自動車に乗る若者が減っていると聞くので、最近は運転免許を取る人も減っているのでしょうか?免許をとるのにも時間とともにお金が非常にかかりますから、取ろうと思ってもそう気軽にとれるものじゃないと思うのです。免許を取るとしたら、やはり1年生のときが多いと思います。3年生以降になると就職活動の準備とかもあって、忙しくなるので、こういうまとまった時間がとれるのは1年生か2年生でしょう。

 

・アルバイト

これも非常に多いと思います。私もアルバイトしていたなー。という記憶があります。アルバイトを始めたのは2年の冬からなので、バイトを始めて最初の夏休みは3年生でしたが、週に3回くらいバイトしていたので、結構な割合で夏休みはバイトしていましたよ。バイトは毎日あるわけではないでしょうから、その合間に別のことをするということも可能です。私は何していたかな?オフ会に行ったり、ゲームセンターに行ったり、後は家でのんびりしていたときが多いかな?という印象です。アルバイトをしていない学生は、バイトを始めると大分暇な時間が埋まると思いますよ。また、お金もある程度稼げますし。夏休みは学生にぴったりなバイトが多いです。こうした長期休暇を利用したリゾートバイト、住み込みのバイトなどが多くあるので、そういったバイトをしてみると、半分旅行、半分バイトの楽しい思い出に残る時間が過ごせるのではないでしょうか?夏休みじゃないとできないバイトっていうのがありますからね。

 

・旅行

旅行というのも、なかなか行く時期は限られてきますよね。春休みも長いので、春休みの時期に行くという方法もありますけど、夏休みは海とか、山とか、そういった自然を楽しむ時期としては春よりもより良いかな?という気もしますから、この時期にしか行けないような場所に旅行に行くというのもありでしょう。先ほど言ったように、3年生からは非常に忙しくなるので、夏休みの旅行に行けるとしたら、やはり1年生か2年生になるかな?と思います。休みは非常に長い間ありますから、長期の旅行というのも可能ですよね。海外旅行にも十分いけると思います。ただ、旅行に関してはお金もかかるので、無理をしない範囲で行って欲しいと思います。特に海外に行く場合にはかなりお金がかかりますからね。バイトなどをしながら、旅行資金を貯めて、夏休みになったら、それをパーッと使うつもりで行ってみてはどうでしょうか?

 

・部活、サークル、ゼミの活動

これらに属している方は、そこでの夏休みの活動があると思うので、それで大分暇が潰せる可能性もありますね。特に部活に入っている人はかなり忙しい可能性もありますし、疲れると思うのです。だから、他に時間を割いている余裕ももしかしたらないかもしれません。サークルとゼミの活動については、多くが合宿になると思います。どこかちょっと遠出してみて、そこで旅行気分で、サークルならば本来の活動に近い何かを、ゼミならば勉強をするのではないでしょうか?これもそんなに長くいるわけじゃないでしょうから、まだまだ他に使える時間的余裕はあるでしょう。こういったもので時間を使いながら、それ以外のことでも有意義に過ごせるように、貴重な休みの時間にいろいろなものを組み合わせていけると良いのではないでしょうか?