リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

夏の暑い就活でクールビズの格好は第一ボタンは開けて良い?

【スポンサードリンク】

夏の暑い季節の就職活動は本当に大変ですが、中には気を利かせてクールビズで来てくれて構わない。と言ってくれる企業もあります。そういう企業の方が少ないかもしれませんが、非常にありがたいことでしょう。ただ、この場合クーズビズというのは、どういう蚊格好までが許されているのか?分からない人もいるのではないでしょうか?正解はないです。各企業の考え方次第ということになりますが、一般的名考えからいうと、クールビズというのは、半袖シャツ、ブラウス、ノーネクタイ、ノージャケットという格好になると思います。これがクールビズのスタイルになると思うのです。ただ、中にはそのクールビズスタイルは止めた方が良いとする声もあります。それはシャツは長袖にした方が良いとか、ネクタイはしていった方がいいとか、そういったものです。そうした方が良いのか?どうかは企業によりけりですが、そうなるともはやクールビズではない気がします。

 

そして、悩む人もいるかもしれないのが第一ボタンを開けるのか?という点でしょう。これは主に男性に関する問題かもしれません。普段はネクタイをしているので、あまり関係ありません。ただ、クールビズになってネクタイをしないとなると、大地ボタンを開けて良いのか?については悩むかもしれませんが、開けて良いと思いますよ。社会人でも第一ボタンを締めている方が何か不自然な気がします。見たことありますか?なかなかいないと思います。女子学生の方に目を移すと、第一ボタンを閉めている人もいますが、閉めていない人の方が多いじゃないですか?女子学生はネクタイをしないので、夏もそれ以外の季節も基本的に第一ボタンは開けていますよね?だから、女子学生がそれで問題ないのであれば、男子学生も基本的に問題ないでしょう。やっぱり第一ボタンまで閉めている方が不自然のように思います。

 

クールビズを指定してくる企業の場合は、面接官もクールビズで対応することが多いです。全ての企業ではないかもしれませんけど。そのときに面接官が第一ボタンを閉めている姿を連想できますかね?なかなか難しいのではないか?と思うのです。ただ、開けて良いのは胸のボタンだけで、長袖のシャツやブラウスを着る場合には、袖のボタンは閉めておきましょう。ここはすぐに分かる部分なので、ここが疎かになっているとすぐに気付かれてしまうと思います。そもそもクールビズの格好として、半袖はOKなのか?分からないという人もいるでしょうね。傷が少ないのは長袖だと思います。企業によって考え方が違います。クールビズの格好で長袖こそを望んでいる企業はあっても、半袖こそを望んでいる企業はそうはないと思います。逆に言うと、クールビズの主流は半袖のシャツやブラウスですが、長袖のそれを着て行って評価が下がることはないでしょう。

 

半袖を着ていって評価が下がることはあっても、逆はないと思います。だから、判断は難しいです。普通に考えたら、クールビズと言っている以上、半袖でも良いと思いますが、それでも長袖が正しいと思っている企業もないとは言えませんから。そういうリスクに対処するためには、最初から長袖を着ていったほうが良いのかもしれないです。よりリスクが少ないのは間違いないと思います。ネクタイにしても、していった方がリスクは少ないと言えるでしょうね。同様の理由です。リスクを気にしたら、じゃあクールビズの格好なんてできないわけですが、どこら辺に線引きをするか?というのは難しいところですが、最終的には各自の判断になると思います。正解はないですからね。

 

就活をするときにはナビサイトという存在が重要で、これを使っている人が多くいると思いますが、ナビサイトは有名なところ以外でも実はかなりおすすめな有益なサイトがありますから知っておいてほしいです。例えば、「キミスカ 」というナビサイトは特におすすめで、ここは従来のナビサイトとはタイプが違っているのです。普通ならば学生が自分で検索をして、気に入った企業を見つけたらエントリーするという流れになっています。しかし、このキミスカは企業が学生にスカウトを送る流れになっています。登録してある学生を検索して、気に入った学生、自社に欲しいと思った学生がいた場合にスカウトを送り、そこから学生に専攻を受けてもらうという流れになるのですが、こういった一風変わったナビサイトの特徴にはある大きなメリットがあります。それは自分に対して関心をすでに持っている企業を受けられるということです。通常のナビサイトを使った場合には、自分が関心を持っている企業を受けるので、その企業が自分に関心を持つか?は分かりません。専攻を通じて必死にアピールをしていくことになりますけど、それでも多くの就活生は自分が受けた企業の多くで不採用になるので、従来のやり方では自分に関心を持ってもらえない企業を、結果的にたくさん受けてしまうという言い方もできます。

 

しかし、キミスカは企業側が学生にスカウトを送ってくるところが特徴的で、スカウトを受け取ってそこからスタートになるという意味では、スカウトが着た企業を受ければ、自分に対して関心をすでに持っている企業を受けられるということになります。自分に対して一定程度の関心を持っていることが確定している企業を受けられるということはかなり大きなメリットになります。それによって、少しでも内定を取れる確率が上がっているという意味では、就活生にとって有利な状況を作りやすいのです。スカウトを送るということは少なからず興味を持っている人材であるはずなので、スカウトが着た企業を受けることで内定を取りやすい状況に持っていける可能性があります。また、スカウトが着た企業を受けると一次選考や二次選考がパスできる場合もあるんどえ、そういったときには相当有利なのです。キミスカはすでに使っているナビサイトがあれば、そこと併用ができます。タイプが違うナビサイトを併用することでリスクを分散できますし、多くの就活生が知らないサイトになりますから、ライバルに差をつけることもできます。スカウトは必ず来るとは言えませんが、プロフィールを充実させるなどすると確率が上がります。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてみてほしいです。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事