リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活では髪色が茶髪だと不利になるのか?男女で違いがありそう

【スポンサードリンク】

就職活動をするときに自分の髪の毛の色などが気になっている人もいるかもしれません。それは染めているわけでもないのに、元々茶色いとか、そういうパターンですね。一般的に黒髪が良いと言われていますが、女性の場合は目立たない程度茶色なら良いとも言われています。男性の場合は、基本的には染めるのは避けたほうが良いと言われていますし、茶色だろうが、なんだろうが染めてはいけないという風潮があります。どの企業も染髪に厳しいというわけではないでしょうけど、特に男性の方は髪を染めることへのリスクは大きいかと思います。ただ、染めているわけじゃないのに、地毛で茶色い場合はどうしたら良いのでしょうか?黒く染め直した方が良いのでしょう?これは地毛なんだったらしょうがないという見方もあります。ただ、自分から言わない限り地毛というのは、分からない可能性があります。というか、分からないでしょう。

 

その場合、何も言わないでおくと面接とかで当然髪の色は目につきますが、そのときにどういう風に思われるか?分かりませんから、リスク軽減にためには黒染めした方が良いのかもしれないです。仮に黒髪じゃないとダメだという会社があったとして、その理由が経営上の理由であった場合には、地毛とか関係ないわけですよね。単に髪を染めているのが不良っぽいから、ガラが悪く見えるから。といった理由で黒髪以外を禁止しているケースでは、地毛ならしょうがないだろ!という言い分は通ると思いますが、黒髪しか認めない理由が例えば、取引先と会ったときにこちらの企業にヘンな印象を持たれないために、あらかじめ見た目を真面目そうにしておくために、黒髪を強制するということは、理由として合理性はあると思います。これ自体偏見には間違いないのですが、理由としては致し方ない部分もあるのです。この場合には地毛とか関係なく、黒髪を強制させることに理由は見えると思います。

 

そうなると、中には地毛であっても評価を下げる企業はあるかもしれない。ただ、地毛で茶髪がダメならば、その企業に勤めたからにはずっと染め続けないといけないので、それも大変です。外国人の場合は理解があるのでしょうけど、日本人だと、やっぱり地毛でも黒髪以外は抵抗あるのでしょうね。ただ、女性の場合はそうでもないわけですからね。女子社員が茶髪にしていても、取引先の企業がヘンな印象を持つことはあまりないためでしょうか。結局、女子学生の場合は地毛だろうが、染めていようが、そこまで目立たない色なら茶髪は多分問題ないでしょう。ただ、男子学生の場合は今言ったようなリスクがありますから、選択肢が2つあります。1つはそのまま受けて。受けるときに髪の毛の色は地毛なんです。と言っておく。もう1つは黒く染めてから受ける。というものです。後者をとった場合に、内定が出て入社した後であれば、地毛ということを断って茶髪のまま勤務することは多分認めてもらえると思いますけどね。

 

地毛が茶色だと、それで苦しいこともあると思うので、あらかじめ理解のある企業の方が良いでしょうから、茶髪は地毛であると断って面接とかを受けた方が後々のことも考えると良いのかもしれないです。黒髪に染めていけば髪の色によるリスクはないでしょうけど、入社した後にいろいろと大変なことがあるかもしれないですから。地毛だとしても、茶髪自体を快く思っていない企業もありますから、そういうところは相性がよくないのだと諦めた方が良いと思います。とれる手段は主にこの2つだと思うので、どちらかをとるしかないでしょう。男性でも茶髪を認めて欲しいというか、そもそも髪の色なんかで人を判断する風潮が社会から廃れていけば良いのではないでしょうか?

 

今、就職活動をしている方々にオススメしたいのは「ココナラ 」です。ここはWEB上で取引が可能なサービスを販売するサイトで、就職活動関連のサービスも売られています。特にキャリア・就職・資格のカテゴリーには、就活生用のサービスも販売されていますから、非常に買ってみる価値のあるサービスが見つかるかもしれません。サービスは500円で基本的に購入可能と、非常にリーズナブルですから、気軽に見てみてほしいと思います。どういうサービスがあるのか?というと、現役の人事担当者や内定を貰った元就活生などが、今、就職活動をしている人たちの悩み相談に乗って、適切なアドバイスをしてくれたり、履歴書やエントリーシートを見せれば、受かるための魅力的な、評価されやすいものに仕上げてくれるなどの役割が期待できます。お金を貰っているので、かなり真剣に取り組んでくれるでしょう。こういったサイトを上手く活用していけると、他の就活生に差をつけることが出来て、内定に前進できるかもしれませんね。

 

 

あわせて読みたい記事