リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

夏にエアコンも扇風機も使わないで我慢する生活は危険!

【スポンサードリンク】

本当に暑くなってきましたね。地域にもよるかもしれませんが、本当に夏って感じの気温になってきたところもあると思います。私が住んでいるところも暑くなってきました。6月だとちょっと早いのかもしれませんが、エアコンなどをもう使っているというところもあるかもしれませんね。エアコンは部屋の中を一気に涼しくしてくれるので、非常に便利といえば便利です。早く使いたいという方もいるかもしれません。ただ、当然、電気代とかもかかりますから、あまり早い時期から使いたくないし、使う時間も制限したいと思っている人もいるのではないでしょうか?特に一人暮らしをしている大学生とかは、本当にお金を使うときには慎重になるでしょうし、なかなか使う勇気がないという方もいるかもしれません。クーラーを使わないで扇風機だけでなんとか夏を乗り切るという方もいるかもしれませんね。

 

我慢をすれば、確かに電気代は浮きますし、環境的にも良いでしょうし、いろいろと大きなメリットもあるでしょう。ただ、あまり無理はしないでほしいと思うのです。それは無理をし過ぎると、身体によくないというのが大きいのですが。熱中症とか、脱水症状というのは、本人にフラグっていうか、予兆があまり感じられていないときにいきなりくることもあります。そして、例えば、部屋の中でそういう症状になったときに誰が助けてくれますか?いないですよね。1人で住んでいる場合には、当然誰も気付かないですよ。家族と住んでいれば、いずれ誰かは助けてくれると思いますけど。一人暮らしをしていると、そういうところが恐いですよね。大丈夫!と思っていても、いざそうなったらヤバイんですよ。一人暮らしのリスクはまさにそこで、いざというときに頼れる人がいない。頼れる人はいても、気付いてくれる人がいないというのが1番困るわけです。

 

だから、家族と住んでいる人も我慢をするのはリスクはありますが、一人暮らしをしている人は余計にそのリスクは大きいということです。したがって、エアコンを我慢する場合には、是非代替策を考えていきましょう。エアコンを一切使わないのは良いですけど、その代わり何もしないというのは、さすがにマズイと思います。私なんかもまだエアコン使ってないですけど、暑さで頭がクラクラしてきたり、身体のだるさを感じるときもありますからね。次の日になればだいたい良くなってますけど。今は扇風機をとりあえず使ってます。寝るときはエアコンつけません。というか、寝る部屋にエアコンがないので、つけようがないですけどね。そういった扇風機さえあれば、大分マシです。というか、それまで扇風機もなく、ちょっと暑いなという状況を我慢しながら寝ていたので、扇風機があるとかなり楽です。まだ暑さはギリギリ我慢できますけど、これが7月くらいになったらさすがに厳しいでしょう。

 

だから、最低でも扇風機は使いましょう。扇風機があれば大分暑さは凌げますよ。また、住んでいる家とか、財布の状況によってはエアコンを使えない、買えないという家庭もあると思うのです。そういう場合には、やはり扇風機は使った方が良いです。扇風機は安いものだと、本当に大してお金かかりませんから。小さいものでも構わないので、是非使ってみてほしいのです。普通の核家族のようなご家庭でエアコンを使わないで我慢するという家は滅多にないと思うんですけど、一人暮らしをしている家なんかは節約のためにクーラー使わないで過ごすという方もいるかもしれません。そういうシーンがあっても良いとは思いますが、そういう人は先ほども言ったように、万が一のことが起きたときに誰にも助けられないので、本当に気をつけてください。扇風機があれば、大分暑さはマシになると思いますし、逆に扇風機もクーラーもなしだと、家の中にいるときはきついと思いますよ。夜はまだいいかもしれないが、昼間から夕方にかけて、気温が35度を超えるくらいの日は、家の中にいるときついので、外に涼みに行くか、家の中に扇風機を用意するか?はした方が良いと思います。これは本当にマジの話で。クーラーも扇風機もない中だと、本当にヤバイです。

 

あわせて読みたい記事