読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

大学の体育は単位とりやすい!必修じゃなくてもとるべき?

大学での授業全般
【スポンサードリンク】

大学でも体育の授業があります。私は大学入ってから気付いたのですが、確か私の大学は必修だった気がします。体育は大学ごとに異なるかもしれませんが、私の大学は半期で、必修でした。だから、絶対にとって単位を取得しないといけなかったのです。大学によっては必修じゃなくて自由選択である場合もあるかと思いますけど。体育が好きな人は良いですけど、嫌いな人は大学まで行って体育をやるのか?と思うかもしれません。必修だったらしょうがないですからね。ただ、大学の場合はいろいろな種目や競技から選べます。高校までの体育は、先生が勝手に決めてそれをやるケースが多かったと思いますけど、大学の体育は、1週間の中で、いくつもの時間帯に体育の授業があって、それぞれやる内容が違っていて,その中から好きな種目や競技をやる時間帯、または時間割の中で都合のあうものを選ぶことができます。だから、自分の中でやりたいものをやっている体育を選ぶことが出来るのです。

 

選べるところはどの大学も同じじゃないか?と思います。私は必修だったので、1年のときに選びました。私の大学はかなりいろいろな競技選べました。覚えているだけでも、ゴルフ、テニス、バドミントン、バスケットボール、サッカーとかはあったと思います。私は陸上競技を選びました。陸上はまあまあ得意だったので。短距離走だけはそこそこ自信があったので。結局、いろいろな人と出会えて仲良くなれたし、授業自体も凄い楽しかったし、大学5年間通ったんでけど、その中のどの授業よりも楽しかった記憶があります。半期だけで終わってしまうのが寂しいくらいです。だから、楽しい種目や自信のある競技の授業を選べれば、体育は単位はまずとれるし、有意義な時間を過ごせるのではないか?と思います。私はAAという最高評価を貰いました。体育は基本的には、ちゃんと規定回数出席して、それなりに真面目に過ごしていれば、まず単位はとれるでしょう。

 

レポートや試験はあまりないですね。私がとった授業は簡単なレポートがありましたが、分量も少なかったですし、すぐ書き終えてしまった記憶があります。それを出して、出席もほぼ全部出て、AAですから、単位は非常にとりやすいと思います。自分が興味がなかったり、不得意な種目や競技だと、出席するのも億劫になってしまうこともあるのですが、ある程度興味のあるものであれば、普通の授業と比べたら割と楽しめると思うのです。体育が高校以前に好きだった人は、必修じゃなかったとしても積極的にとっていっても良いかもしれませんね。ただ、何個もとれるわけじゃないと思いますけどね。多分、上限があると思うので、何個もとれるということはないでしょう。とれる範囲で体育も選んで単位を取得していくと良いのではないでしょうか?

 

ただ、体育は学部の分け隔てなく、いろいろな学部、学科の人が集まってきます。教養科目って言うのは、だいたいそういうものですよね。したがって、知り合いがいないで参加するともしかしたらぼっちになる可能性もあるかもしれません。普通の授業はただ講義を聴いているだけですから、ぼっちでも何の問題もありません。むしろ、ぼっちで授業出ている人はたくさんいると思います。ただ、体育はそういうわけにはいかないのです。普通の授業はお互いに関心がなく淡々と授業が進んでいきますけど、体育の場合には競技にもよりますけど、お互いにかかわることが多い。チームスポーツなんかは特に。ただ、ぼっちというか、知り合いがいなくてもはぶられることはないでしょう。先生もいますからね。基本的に知り合いが特にいない人も多くいると思うので、私もそうでしたからね。同じ学部の人はそれなりにいたと思いますけど、同じクラスの人はいないし、いたとしても仲良いとは限らないし。

 

だから、基本的にぼっちになってもおかしくない状態で参加しましたが、なんとかなりました。最初から知り合いがいるっぽい人はほとんどいなかったと思います。大人しそうな人も結構いたし、そこでそれなりに仲の良い人たちと巡り合えました。ケースバイケースかもしれませんけど、ぼっちのリスクのある人が割と参加してくると思うんですよ。ほとんどみんな知らない人って中でやるケースが多いと思うので、ぼっちにならないとは限りませんが、ぼっちリスクはそんなに高くないのではないか?と思います。必修ならば絶対にとらないといけませんから、なんとかその状況を乗り越えるしかないですが、私はなんとかなったので、どういう人が自分がとった体育に参加するか?という運要素にもよるかもしれませんけどね。

 
あわせて読みたい記事