リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

バイトの面接に行きたくない、ばっくれたい人の気持ちは理解できる

【スポンサードリンク】

アルバイトの面接に申し込んだはいいが、なんとなく行く気がしないパターンもあるのではないでしょうか?行く気がしないというか、行きたくなるんですよね。気持ちは凄い分かります。面接だと思うと、気持ちがかなり窮屈になるというか、何かに締め付けられてしまうようなあの感じは本当に嫌ですね。だから、当日になってやっぱやめた!と行かない人も現実的には多いですし、ばっくれてしまう人もいます。気持ちは分かりますが、一応連絡はした方が良いでしょう。バックレるのは良いか?悪いか?といえばよくないでしょう。お店側にとっては迷惑ですから。ばっくれたくなる気持ちはよく分かります。例えば、面接の日程はいつが良いか?を聞かれて、その返事をしないでフェードアウトとかは、まだマシかもしれないです。というか、よくあります。私はバイトの採用担当ではないですけど、仕事上でよく経験しており、何か違和感を感じていません。そういうのは良いとは言わないけど、それがむしろ自然になっている部分もあるんですよね。

 

ただ、面接の期日が決まって、その日行くということを約束した場合には、そりゃいけなくなるのはしょうがないし、行きたくなるのもしょうがないと思うのです。そこは否定しません。ただ、一応断っておいたほうが良いでしょう。ということは言っておきたいと思います。断りをいれづに何が起きるか?といえば、別に何も起きないと思います。採用する側もそういうケースはある程度起きていると思うので、慣れているところもあると思いますから。前日までであれば、メールで良いでしょう。当日の場合は電話が良いかな?と思います。メールであれば、そんなに恐くないでしょうからできると思いますよ。別に理由は書かなくても良いと思います。面接にいけないことが向こうに伝われば良いので。向こうに伝われば、向こうは面接の準備などをする必要がなくなり、その時間を別の仕事に回せますから。理由は言っても良いですけど、別に言わなくても良いと思います。

 

どうしても面接が恐くなると言うケースは普通にあると思います。特にバイトの面接になかなか受からない人ほど、また落とされるんじゃないか?と思えてきたりしますし、そうなると、面接を受けることがかなり恐怖になってしまい、面接を受けないといけないんだけど、受ける気が削がれて、行かなくなってしまう。よくある話ですね。私も同じようなことを経験していますからね。面接に受からないとバイトを始められないということが一般的ですが、そうとも限らないのです。面接を経ないで採用してもらえるバイトもあります。そんなに多くないかもしれませんが、毎回面接自体が恐怖で行きたくなるという方は、このままだと一生バイトできないので、そこを考えてみるのも手だと思います。面接なしで採用してもらえるバイト求人もありますからね。例えば、「おてつだいネットワークス」というサイトでは、その面接なしで採用してもらえる求人を特に多く集めている専門のバイト求人サイトです。

 

ここは面接なし、さらには履歴書も不要という求人を中心に集めていて、全国の長期バイト、短期バイト、日払いのバイトで多くの求人が載っています。面接が怖いというイメージを持っている人や面接当日になると、どうしても行きたくない気持ちが出てきてしまうような方には特にオススメと言えるかもしれません。面接がなければ今抱えている問題はほとんど払拭できますからね。さらには面接を何回も受けているが、受かった試しがないとか、何度も落ち続けているという方にとっても非常にオススメできると思うのです。また、毎回手書きで書いていて非常に疲れている方も多いのではないか?と思いますけど、履歴書も不要という求人が多いです。面接と履歴書の2つがいらないバイト求人サイトということで、このおてつだいネットワークスは非常に注目を浴びているサイトになります。面接が恐くてなかなか行く勇気が出ない方、面接になかなか受からない方は、面接のない求人に応募してみるのも手です。おてつだいネットワークスは、そういったやる気はある、働く気はあるという方であれば、積極採用するお店を多く載せており、働きたい人と雇いたい人をつなぐ架け橋の役割をしています。こういったサイトは非常に珍しいので、知らない方もたくさんいるかと思いますけど、知っているとお得な面もありますから、良かったら参考にしてみてください。

あわせて読みたい記事