リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活で成績証明書はいつ提出?何のために?何を見ている?

【スポンサードリンク】

就職活動でいずれ成績証明書といったものを提出すると思います。これは内定が出た後だったり、選考の途中だったりします。提出するタイミングが企業ごとに違うので、そのときになってみないと分からない部分もあります。いつまでに用意しておけば良いのか?というと、できるだけ早い方が良いでしょうね。一体何のために提出するのか?という疑問を持つ人もいるかもしれません。成績証明書なのですから、成績を見ているわけですよね。成績が悪いと何か選考に関係あるのか?について、企業によりけりになりますが、一般的にいえば、そこまで大いに関係するケースは少ないと思います。というのも、成績を見て良い、悪いという判断はつきますが、それを全ての学生の成績を同じように見て良いのか?という話になります。楽単ばかりの授業をとっていれば成績はよくなりやすいですが、そうじゃない授業をとっているとあまり成績がよくない場合もあります。または大学によっても教えているレベルが違うこともあります。だから、単純比較はできません。じゃあ、何のために見ているのか?他のサイトには頭が良いか?どうか、真面目か?どうかなどを見ているとする意見もあります。

 

また、嫌なことから逃げていないか?などを見ているとする声もありますけど、それが成績証明書から見られるのですかね?今言ったように、単純比較はできないわけですよ。ある授業がいわゆる楽単の授業なのか?普通の授業なのか?厳しい授業なのか?というのは、パッと見て分からないと思います。普通は分からないですよね。成績評価の方法もレポートだけというところもありますし、試験もあるというところもあります。私が経験した中では、試験は一応あるけど、試験の点数にかかわらず出席さえしていれば単位は保証されるという授業もありました。そういう授業もありますし、あと1つ見落としがちなのは、単位を落とした場合にはそれが分からないんじゃないか?ということです。最低評価でも単位が出ていれば、成績は分かる。ただ、ある授業を落として、その授業を再履修して最高評価をとった。成績証明書からはその最高評価の部分しか分からない。でも、実は1回落としているとなると、この学生のこの授業は最高評価に値すると捉えて良いのか?それは違うのではないでしょうか?

 

成績証明書によって、落とした単位が分かる場合もあるのかもしれないですね。大学のパソコンから見られる取得単位のデータについては、私の大学は落とした授業については記録されてまでした。毎年3月くらいに家に届く成績一覧みたいなのには、落とした授業のことまで書いてありましたが、成績証明書はどうなんでしょうね?何を見ているか?といえば成績なんですよね。企業によって出させるところ、出させないところありますし、出させるタイミングも違います。面接をやらない企業はありませんから、面接は大切ということなんでしょうけど、成績証明書というものは、企業から見てそんなに大切なものという認識ではないのではないでしょうか?参考程度に見ておくか。という感じでしょう。どこまで選考の合否に影響があるか?といえば、少しじゃないでしょうか?メインは面接とか人物を観察して分かることで決めるが、それにちょっと要素を足してみると言う感じかもしれません。

 

以前、「」の記事でも書きましたが、就職活動において成績が関係する割合は極めて少ないと思うのです。やはり面接を重視しているということで、人事担当者が自ら見定めたものを最大の合否の決定要素にしているというのが普通でしょう。したがって、成績が良いことには越したことは無いと思いますが、そんなに差が開くものではなく、成績が良くても面接がダメなら受からないだろうし、面接が出来れば、成績はよくなくても受かることはあるだろうし、あまり深く考えない方が良いのではないでしょうか?成績証明書の渡し方については、郵送の場合は封筒でしょうし、手渡しの場合も封筒かクリアファイルに入れて持っていきましょう。成績は今から覆しようがないので、目の前にある選考を精一杯頑張って内定を掴みましょう。

 

これから就職活動をしていく方にオススメしたいのは「ココナラ 」というサイトで、何度かテレビ番組でも取り上げられている今話題の注目サイトです。ここはWEB上で個人がサービスの売買が出来るサイトなんですが、就職活動関連のサービスも販売されていて、非常にオススメしたいと思うので、1度見てほしいと思います。ここは基本的に500円からと格安で買えて、非常に多くのサービスが売られているのが特徴で、キャリア・就職・資格のカテゴリーを見ると就職活動に関するサービスが一覧になっており、そこから気にいったモノがあれば購入もできます。どういったものがあるか?というと、例えば現役の人事担当者や内定を貰った元就活生などがなかなか内定がもらえない、上手くいかない人たちに対して適切なアドバイスをしたり、履歴書やエントリーシートを見せれば、それに対して添削をしてくれて通過率が上がるものに仕上げてくれます。こういったサイトを上手く活用すると、内定に前進できる可能性があります。多くの就活生はこういったサイト知りませんから、良かったら参考にしてみてください。非常に多種類のサービスがあるので、探してみると気になる、500円でこれを受けられるの?というサービスが見つかるかもしれません。

 

 

あわせて読みたい記事