リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

金がない!借りられない!生きていけない!月に数万円を稼ぐ方法

【スポンサードリンク】

今の若者は金がないと言われています。お金は高齢者に集まり、その高齢者も貯金を優先しているため、世の中にお金が流れない。そして、景気はよくならないから、若者にいつまで経ってもお金が行き渡らないという流れです。したがって、彼らは消費をしません。しないというよりはできないのでしょうか?蓄えも少ないから、将来のために少しでも貯金をするために、彼らの過剰に貯金をしようとする。若者も金を使わないのです。そんなわけで、若い人たちは特に収入面では少ないですし、これからもなかなか伸びが期待できない面もあります。そして、金がないから遊びにもいけない。金がないから借りようとしても、大金は無理、非正規の人も多いから、収入は不安定になりがちで、金額自体も少ないから、借りられる金額も少ない。または貸してくれないということもありえるでしょう。そして、中には毎日生きるだけでも精一杯という人がいて、その日暮らしという生活をしている人もいます。

 

そういった人たちが少しでもお金を稼いで、人生を充実させるにはどうしたら良いでしょうか?1ついえることは普通に働いてもダメだということです。普通に働いてこの有様なんですから、無理でしょう。可能性があるとすれば、ネットで稼ぐという方法です。ネットで稼ぐ稼ぐ手段はいくらでまりますが、誰にってもできるものとそうじゃないものがあります。今回はネットで稼ぐことに対して何の知識もない人でも今日から始められて、月に数万円くらいを稼げる方法について伝授していきます。月に数万円でも収入が増えれば大分楽ですよね。実際、私が今もやっている方法を紹介します。それは「 Lancers 」というクラウドソーシングサイトを利用する方法です。このランサーズというサイトは、クラウドソーシングというネットを使って仕事のやりとり、受注や発注ができる便利なサイトなんですね。ここではWEBサイト作成、デザイン、ロゴやイラスト作成、翻訳など、各自のスキルを生かしてフリーで働く人が多く利用しているのです。

 

こういった仕事はスキルが入りますから、無理でしょう。でも、大丈夫です。ライティングという仕事もあります。これはスキルは何も要りません。経験も特に必要ではありません。ちょっとした慣れは必要かもしれませんが、それも徐々に身についていくでしょう。このライティング、別名文章作成という仕事は、各案件ごとに示されたテーマ、文字数に沿って自由に文章を作っていく仕事になります。先ほど紹介したようにフリーで働いている人、主婦や学生、サラリーマンなどの副業やお小遣い稼ぎとしても利用されています。記事単価が決まっていて、案件ごとに違うんですけど、相場としては文字数によって違います。400文字100円、500文字、120円、600文字150円あたりが平均になるかと想います。ちなみに私がこれをやってみると、1時間で1200円くらいはいけるんじゃないか?と思います。つまり、時給1200円の仕事ということです。それを毎日やると、3万円以上は稼げます。単純な話をすると、こういう稼ぎ方になるということです。

 

ちなみに、もっと言うとかけた時間に比例して稼げる金額は変わります。先ほどは1時間でしたが、これを1日2時間にすると、2倍になりますね。収入も2倍になり、月に6~7万円くらいは稼げるとなります。努力した分だけそのままお金になるというのが通常の労働とは違うところです。会社で働く場合、正社員にしろ、バイトにしろ、貰える給料もそうですが、働く時間などは全て会社都合で決められます。しかし、この仕事は働く時間、稼ぐ給料は自分の好きなように決められます。しかもパソコンさえあればどこでも、いつでもできます。別に会社に出勤する必要もないです。家でも、どこでもできます。また、朝早く起きる必要もないです。昼からでも、夜からでも、いつでも都合の良い時間帯に行えます。そこが通常の労働とは違う、こういったお金の稼ぎ方の魅力にもなると思います。自由な部分が大きく、誰からも直接指図されることなく、マイペースで仕事ができるのが良いですね。このライティングの仕事は大きく分けてタスクとプロジェクトに分かれます。その2つの特徴を以下で説明していきます。

 

ライティングの仕事はタスクとプロジェクトに主に分かれます。タスクというのは、1件ずつ案件を選択して書いていくものです。募集数が残っている限り、1件じゃなくて、2件以上書いていっても良い場合が多いですが。こちらの方が簡単ですね。一方、プロジェクトというのは、最初から一定数を書き上げることを条件にしたものです。だいたい、5件~20件くらいが多いかな?この件数をあらかじめ書き上げないといけません。あらかじめクライアントから1記事ずつのテーマが指定される場合が多いです。タスクはおおまかなテーマがあって、その中で自由に書いていけるケースが多いですが、プロジェクトはおおまかなテーマと共に1記事ずつの細かいテーマも指定されるケースもあります。また、締め切りがあります。期日までに最初に依頼した全ての記事を納品する必要があります。締め切りは相談して決められますし、間に合いそうになければ、事前に伝えておけば延長も可能です。

 

タスクは気軽にできるし、こちらの方が簡単です。プロジェクトは何かと制約が多いため、こちらの方が記事単価が高いですね。というか、同じ文字数でもクライアントによってばらつきがあります。平均すると、先ほど挙げた単価の1.5倍くらいはあるかもしれません。だから、稼ぎたいならばプロジェクトになります。ただ、プロジェクトは誰でも始められるわけではないのです。タスクは基本的に誰でも参加できますが、プロジェクトは簡単な審査があるので、それにクリアしないといけない。つまり、登録していきなりプロジェクトを始めようとしても無視されるケースも多々あるのではないか?と思います。それにプロジェクトは1度引き受けると、規定の記事数を絶対に書かないので、途中で止めると迷惑がかかります。したがって、まずはタスクから始めて1件ずつ書いていって、ランサーズのライティングとはこういうものか!というのを感覚として味わってほしいと思います。タスクをこなしていくと、承認されてそれがマイページの実績になりますから、多少プロジェクトの審査時にも有利に働くのではないでしょうか?まずはタスクから始めて、ライティングに慣れたら、いよいよプロジェクトを始めてみる。すると、単価の良い案件を選んでいければ、月に30時間くらいで5万円くらいは稼げても不思議ではないと思います。1日平均1時間くらいならば、誰だって確保できると思いますから、お金がない悩みを抱えている方は参考にしてもらえればと思います。

 

Lancersのライティングで月に数万円くらいならとても稼ぎやすい!

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

あわせて読みたい記事