リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

内定辞退で訴えられる、損害賠償請求されることはまずない

【スポンサードリンク】

就職活動をしていれば内定辞退をしないといけないときもあります。それは複数社から内定を貰ったということですから、非常に喜ばしいことなんでしょうけど、それが面倒なことになる場合もあるのです。内定辞退をするともしかして損害賠償を請求されるのではないか?と思っている人もいるかもしれません。訴えられるなんて嫌ですよね。基本的に内定辞退をして訴えられるケースはまずありません。せいぜい文句を言われる程度です。カレーをかけられたとか、コーヒーをかけられたとか、会社に呼び出されて嫌味を言われたとか、そういった話をたまに聞きますけど、あってもそのレベルでしょう。カレーやコーヒーも怪しいですけどね。信憑性が微妙ですが、あってもこの程度で、この程度っていうけど、これも十分問題行為だとは思いますけどね。したがって、訴えられるまではまずいかないと思うのです。企業としてもそんな暇ないですから。仕事をしながら裁判を抱えたくないはずですから、企業が損害賠償を起こすのはよっぽどの場合だと思います。

 

よっぽどの場合って言うのは、どういう場合か?というと、入社ギリギリになってからの内定辞退などでしょうか?これも訴えても勝てないと思いますよ。学生が意図して企業に損害を与えようと思って内定辞退のタイミングを遅らせたという状況でなければ。学生は入社2週間前までは内定辞退が法的権利として認められているので、その時期に内定辞退をすること自体は問題ありません。その結果、企業が損害を被ったとしても、それはしょうがないことです。で、それで損害賠償を請求して、支払い命令が出たら、事実上法的権利は無いに等しいです。この時期には内定辞退ができなうなるわけですから。だから、そういう時期に内定辞退をして、実際に損害賠償を支払わないといけないケースというのも、稀じゃないか?と思います。実際、聞かないでしょう。学生が訴えられたとか。学生が企業を訴えるニュースはたまにありますが、逆は聞きません。これはそんなことをしている暇がなかったり、訴えても勝てない可能性が高そうだという見込みもあると思います。

 

また、世間からのバッシングとか、企業イメージを損ねるリスクを負いたくないというのもあるかもしれない。内定辞退は学生に法律が付与した権利ですから、それをただ使っただけなのに、訴えられたら世間はその企業をどう見るでしょうか?有給休暇を使おうとしたら、嫌味を言われたみたいなケースですよね。実際、こちらの方は社会問題になっているとういうか、有給休暇が使えない、使いづらい状況があり、この状況を問題視する声もあります。そんな風潮がある中、労働者が全体的に企業の圧力に屈しやすい中、内定辞退をした学生を訴えたなんてなれば、それこそブラック企業扱いされかねない。間違いなくニュースになりそうなので、社名が出るでしょう。私が会社の経営者ならば、絶対に訴えないですよ。実際に損害が出ていたとしても、その損害を補填するために裁判を起こしたら、また別の損害が出そうなんです。だから、訴えないのが得策だと思います。

 

したがって、普通に内定辞退をすれば訴えられるケースはそうはないでしょう。これは入社直前になってしまった場合でも同様です。場合によってはその時期に内定辞退をしないといけないときもありますから、それはしょうがないです。複数者から内定を貰った場合には絶対に内定辞退はしないといけません。就職活動をまだ続けている場合にはしょうがないですけど、もうすでに終了した場合にはできるだけ早くどこに入社するか?決めた方が良いです。ただ、会社への迷惑を考えて焦って決めることはやめた方が良いでしょう。急いだ方が良いのはそうなんですが、一生を決める企業選びですから、慎重に時間をかけて決めても良いです。それはしょうがないです。企業への迷惑を考えたら早くしたほうが良いが、だからといって適当に決めてもダメなので、時間はある程度はかけましょう。少なくとも時期が結構早い場合に複数から内定を貰った場合には内定式までは待った方が良いかもしれないです。

 

内定式に出て、そこでの感触によって決めるという手もあります。ただ、内定式をやらない企業もあるし、やったとしても普通はどの企業も同じ日に開催するので、出られても1社なんですよね。全ての企業の内定式に出られないというのが残念なんですが、内定式に1社出てみることは重要だと思います。選考をしていたときとは違う企業の姿が見られるはずですし、同期になる内定者も見られますから。そこに出てみて感触が良かった、ダメだったで、内定辞退をする企業の参考資料にもなりますからね。2社以上に内定を貰うと、それ以外の企業の内定式に出られないので、そこと比べてどうか?という比較ができませんから、それが辛いですが、1社内定式には出ることで、多少はどこを選ぶか?の判断材料となると思いますから、それが少しは参考になるのではないでしょうか?そういう意味では、内定辞退は早くても10月以降にした方が良い。企業選びは本当に慎重に、意図的に遅くするのでなければ、迷って遅くなってしまうのはしょうがないですからね。学生の気持ちを考えたら、企業が迷惑だったとしても責められないです。ましてや内定を貰った後は学生の方が立場が強いですから。内定辞退について主導権を握っているのは学生の方なんです。

 

あわせて読みたい記事