リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活の履歴書はどれがいい?どこで買う?←何を使っても一緒

【スポンサードリンク】

就職活動では、履歴書を書くケースも非常に多いですよね。企業を1つ受ければ、1枚くらいは必要になることも多いですし、そのたびに何回も同じような内容を書かないといけないのは、きついかもしれません。ただ、履歴書を手書きじゃなくて、パソコンで作る勇気がないという方は、この先も手書きを続けていくしかないのでしょう。パソコンで作っても問題ない企業も多いと思いますけど、手書きの方が無難だし、そこで評価を下げられるリスクが少ないでしょうから。したがって、履歴書を書くケースはこれからも就職活動を続けていく限りは、たくさんあると思います。ただ、就職活動で使う履歴書って、どこで購入すれば良いのでしょうか?履歴書って、どこでも売っていますよね?身近なところだと大学の生協とか、購買で売っていますよね。それかコンビニでも売っています。何かコンビニはまずいのかな?と思うかもしれませんね。

 

ただ、コンビニで買った履歴書も、大学で買った履歴書も、それ以外の場所で買った履歴書も中身はちょっとずつ違いますが、別に大枠は変わりません。したがって、どこで買ってもほとんど一緒です。コンビニで買った履歴書もコンビニで買ったか?どうかは受け取った側は分かりません。履歴書は、多くの場合でただ履歴書を持って来て。とだけ言われると思います。フォーマットは指定されません。したがって、それだけ別にどの履歴書を持ってこられても構わないということです。履歴書によっては、項目が微妙に違っているので、全く同じ履歴書にはなりませんが、そんな細かいところはあまり気にしていないのでしょう。だから、ただ履歴書を持って来て。とだけ言うのではないでしょうか?企業が聞きたいことは別途エントリーシートで書かせると思うので、履歴書は単なる個人情報の確認くらいがメインなんでしょうかね?

 

履歴書はそんな感じで、基本的にはどこで買っても構わないと思います。近いところで安いモノを買っても構わないと思います。私は大学の購買で買いましたね。近かったのとついでだったので。他の大学はどうか分かりませんけど、私の大学は履歴書が5枚くらい入っていて1枚封筒も入っています。封筒は郵送する場合などに使えますし、あとクリアファイル代わりに企業に履歴書を持って行く場合に、折れないように、汚れないように持って行くときに入れていくと便利ですね。別にクリアファイルでも良いんですけど、家にない場合、新しいのを買わないといけない場合には封筒がついているので、それをそのまま使っても構わないでしょう。最近は直接手渡しではなく、企業に郵送する場合もあるようですから、そのときにも使えるでしょう。あとは履歴書を選ぶときのポイントとしては、自分が書いておきたい項目が載っている履歴書が良いということも言われています。先ほど言ったように履歴書によって項目が違うので、どれを選んでも全く同じにはなりません。

 

履歴書をいろいろなところで見てみて、違いを認識して、自分がアピールできるようなこと、是非書いて人事担当者に見てほしい項目がある履歴書があれば、それを買ってみるというのもありですね。ただ、履歴書の項目でそんなに奇抜なものはないでしょうし、どの履歴書でもそんなに違いが出るわけではないとは思いますけどね。そういう意味ではどこで買っても良いですし、どれを使っても良いといえると思います。履歴書を企業に送る場合には、エントリーシートと同様にそれが合否にかかわることもありますから、是非気をつけてほしいと思います。特に以下のサービスがオススメです。

 

履歴書を企業に送る前にオススメしたいのが「ココナラ 」というサイトで、ここではいろいろなWEB上のサービスを500円から利用できます。就職活動関連のサービスも多く販売されていて、キャリア・就職・資格のカテゴリーからご覧になれます。どんなサービスがあるか?というと、すでにちょっと触れたように企業に提出するエントリーシートや履歴書を見せると添削をしてくれたり、直すべきポイントを指摘してくれたり、代わりに直してくれたり、アドバイスをくれたりなど、通過率が上がったり、人事の評価が良くなったりする可能性があります。そういったより質の高い、アピール作用のある履歴書やエントリーシートに仕上げてくれるでしょう。誰がやってくれるのか?というと、企業で人事を務めている人や内定を貰った元就活生などが見てくれます。これは数多くあるサービスのうちのほんの一例で、他にも就活生向けのサービスは多種多様あるので、1度見てほしいと思いますし、良いのがあれば安いので利用してみても良いかもしれませんね。

 

 

あわせて読みたい記事