リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

警察官の採用試験で、身長や体重の最低基準が男女で違う謎

【スポンサードリンク】

警察官になるためには、実はある程度の体格が必要なんですね。大学生などが毎年多く警察官の試験を受けていますが、男女別に身長、体重の最低限の数値が設定されており、それをクリアしている人じゃないとそもそも警察官にはなれないのです。その数値は受ける自治体によっても違うのですが、だいたい身長は男性が160cm、女性が155cm、体重は男性が50キロ弱、女性が45キロ前後くらいは最低限ないと警察官になれません。こういった体格を満たしていないと警察官になれないというのは、職務に関係するものなんでしょうね。別に体力測定もあるので、一定程度の体力や体格を持っている人じゃないと、市民の安全は守れないという認識なのではないでしょうか?ただ、1つ疑問があるのです。それはこうして男女で許容しうる最低限の身長と体重が違うわけですが、何で違うんですかね?

 

というのも、仮にある自治体が女性の身長最低限を155cmに設定していたとします。その同じ自治体の男性の身長最低限を160cmにしていたとします。この自治体は女性は155cmでも警察官として問題ないという判断なんですよね。それは言い換えれば、155cmの人間が警察官になっても問題ないとも言えます。にもかかわらず、男性は155cmの人は警察官になれないんです。どういうことですか?言っていることが分かりますかね?女性の場合は155cmでも警察官になれるというのは、155cmの女性は、警察職務に支障をきたさないということです。でも、155cmの男性は支障をきたしかねないという判断なんですよね。どうしてこういう差が生まれるのでしょうか?155cm女性が警察官ができて、155cmの男性が警察官になれないというのは、変な話な気がします。性別で体格に差を儲ける必要あるのでしょうか?強いて挙げるならば、身長の低い男性はなめられやすいというのがあるかもしれない。

 

つまり、155cmの女性は普通くらいじゃないでしょうか?ただ、男性で155cmだとかなり小さい方ですよね。女性の平均身長は157くらいだったと思います。男性は170くらいです。そう考えると、155の女性警察官を見ても、犯人が「こいつちょろそうだわwww」と思うことはないかもしれないが、155cmの男性警察官を見ると、そう思う可能性がある。ということかもしれない。ただ、ちょろいと思われる、思われないで何が違うのか?よく分かりません。むしろ、ちょろいと思われて油断させた方が捕まえやすいんじゃないの?と思うくらいです。背の低い男性でも、かなり足が速いとか、体力があるとかあると思うので、体格が警察官の職務能力等に関係してくるのか?よく分かりません。そのために別途体力測定をやるのではないでしょうか?その辺はどうなんでしょうね?

 

男性の160cmというのは、ほとんどクリアできると思いますが、女性の155cmは人によっては厳しいでしょうね。155cmって平均身長にかなり近いので、警察官にはなりたいが、中にはそれ以下という人もいるでしょう。身長は努力でどうにかできるものじゃないので、いろいろな自治体を調べて、自分の身長でも受けられるところを探すしかないのでしょうけど。ただ、最近はそういう身長や体重制限を廃止している自治体もあるようですね。私はよほどのことではない限りは、身長や体重制限はいらないのでは?と思います。あくまでも外見だけではなくて、体力測定や面接、筆記試験など総合的に見て採用者を決めるべきだと思うので。受験者を制限するためのフィルターは筆記試験で良いと思うので、こういった体格によるフィルターが必要とは思いません。中には男女で平等に雇用するために、それぞれの性別において、体格の最低基準を変えているという声もありますが、警察官って、そういう基準で選ぶべき職業じゃないと思うのです。

 

女性警察官が一切いらないということはないでしょうけど、男女で雇用を平等にする必要はないと思うし、男女で体力面や身体能力に差があるというのはありますが、それを踏まえて、そこがそんなに重要ならば、そこの上位からとっていけば良いのであって、その結果、別に男性ばかりになってしまったとしても、男性の方がより警察官に必要な要素を備えていると判断されたならばそれはしょうがないですよ。事務職や教師なら分かりますが、警察官は体力面や身体能力が特に必要な職業でしょうし、男性の方が向いているというのならば、その結果男性ばかりを採用しても、それが市民のためになるのならしょうがないのです。実際はそれだけが大切なものではないので、市民からの信頼感やコミュニケーション能力等もいりますから、女性が必要な場面もありますからね。ただ、別に男女で人数を均等になるように採用する意図があるならば、それは警察官の採用ではやるべきじゃないとは思いますけどね。こういった身長や体重の制限がある場合もありますから、それを踏まえたうえで、警察官になりたい人はどこを受けるか?決めていきましょう。この基準は入り口のフィルターですから、ここをクリアしても、その後に筆記試験と面接試験があるので、それを突破するために頑張っていってください。

 
あわせて読みたい記事