リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

治験のバイトは受かりやすい?倍率、競争率は割と低い

【スポンサードリンク】

治験のバイトは応募すれば面接とかがあるわけではありません。したがって、面接が苦手でバイトになかなか受からない人であっても、治験のバイトはいけるかもしれません。治験は正確にはバイトではなく、ボランティアという言い方をするようですが、謝礼も出るので、バイトのように見えてもしょうがない気もしますけど。治験の仕事は、他の普通のバイトと違って、面接等はありません。受かるか?どうかは事前に検査を受けて、その結果で決まりますから、面接が苦手な人でも可能性はあります。では、倍率や競争率はどれくらいなのでしょうか?治験の仕事はいろいろなところで常時募集されていますから、需要はかなりあります。だから、自分が応募したところにそんなにたくさんの人が集まるということは通常はありません。募集人数も1個1個を見ると、そんなに多くありませんから、倍率が低くなることも考えづらいかもしれませんが。

 

治験の仕事はリスクから敬遠する人も多いのですが、高収入ということで、そこに魅力を感じて参加する人も多くいます。1個1個の治験の仕事によって、倍率は結構異なると思うんですけど、よく聞くのは2倍くらいとされています。2倍ですから、2回応募すれば、1回くらいは受けられるということになりますね。この倍率はどうなんでしょうね?低いのでしょうか?高いのでしょうか?コンビニのバイトとかは、随時募集で、良い人がいれば採用みたいな感じだと思うんです。倍率とかはあまり関係ない。今すぐにでも採用しないと店が回らないという状況じゃなければ、1人募集して、そこに何人応募がきても、良い人がいなければ、1人も採用しないということがあると思います。それは1人を無理に採用しなくてもお店は回るからです。だから、そういう状況では、ほぼ倍率なんかないのですが、治験の場合は、条件をクリアしている人がいなければ、1人も採用者なしはありえるかもしれませんが、クリアしている人がいれば、規定人数は確実に採用されると思います。

 

ただ、事前の検査で条件をクリアしている人の中から最終的には選ばれるので、それをクリアしていなければ、もう倍率関係なく治験は受けられないですし、条件をクリアしていても、その中から採用されない人も出てきますよね。条件をクリアすれば、当然応募者の中に条件をクリアしていない人もいると思うので、倍率は下がると思います。当初2倍だったのが、1.8倍とか、1.7倍とかになるかもしれません。治験のバイトは非常に倍率が高いところというのは、あまり考えづらいです。平均2倍くらいじゃないか?と思われますから、高くても、3倍くらいになるかもしれません。募集人数が多いところはもしかしたら倍率が低くなるかもしれませんね。治験の仕事は倍率自体はそんなに高くないので、他のバイトを何回も受けているが、ずっと落ちている人とか、高収入な仕事をしたいと思っているような人には、向いている仕事かもしれません。治験のバイトに興味があるという方は、倍率を考えれば、応募すればいずれは受かるでしょう。健康状態に特に問題がなければ、面接もないので、コミュニケーション能力が低いと思っている人でも受かる可能性は十分あると思います。

 

 ちなみに治験の仕事はどこで探せば良いのか?というと、普通のバイト求人サイトには載っていませんから、治験を専門に扱ったサイトにて募集しています。「治験のV-NET」はその代表的なサイトで、ここは登録をすると、治験日程の中で自分が参加したい治験があれば、それを選んで応募します。そして、後日健康診断を受けてもらって、それで条件をクリアしていれば、治験を受けられるということになります。その後、詳しい治験内容や副作用の説明があるので、それを聞いて辞めたい人は基本的に自由に辞められます。このサイトは治験の仕事の数が全国各地に多く載っているので、希望の仕事が見つかる可能性が高く、治験を受けたいという希望者には是非知っておいてほしいですね。治験に参加するまでの流れが非常にスムーズですから、これから治験の仕事をしてみたいという方は良かったら参考にしてみてください。

 

治験参加の事ならV-NET

 

あわせて読みたい記事