リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

内定式に出た後、参加後も内定辞退は許されます!問題なし!

【スポンサードリンク】

10月1日頃になるといろいろな企業で内定式が行われると思います。ただ、内定式に出てしまうと、もう内定辞退ができなくなるのでは?と思う人もいるかもしれません。内定式は内定を拘束する法的効果があるわけでもないのです。ただの懇親会の意味合いも強いので、内定式に出たからといって、内定辞退ができなくなるわけではありません。すでにその会社に入る意思を固めていて、ここで問題ないという意識であれば、内定式後に内定辞退を考える必要性もないので、そのまま参加できますが、もし出てしまうと内定辞退が出来ないとなれば、参加を躊躇いますよね。ただ、内定式参加後も問題なく内定辞退は可能ですから。そこはご心配なくという感じです。内定式では、ただ式や懇親会を開くだけではなく、承諾書等へのサインも行なわれる場合があります。こういうのにサインをしてしまうと、もう内定辞退ができなくなるのでは?と思うかもしれませんが、これは契約書ではないので、入社が義務付けられるわけではないのです。

 

企業が1度内定を出すと、片方向の義務が生じます。それは学生が望んだ場合、企業は入社させないといけないという義務です。ただ、もう一方の義務、企業が望んだら、学生が入社しないといけない義務は発生しません。つまり、内定の場合は、契約書等を交わさなくても、学生は雇ってもらうことになり、いつでも内定自体ができるのです。というか、法律が学生を拘束しないために、そういうやりとりを禁じている面もあります。学生はいつでも内定辞退が出来ます。そうなれば、学生は内定式に出た後であっても、当然内定辞退ができるということになるのです。内定辞退は、特に期限があるわけではありません。期限自体はあるのですが、入社前2週間という本当にギリギリまでOKなので、期限はほぼないに等しいのです。ってことは、10月以降でも何ら問題なく内定辞退は出来ます。ただ、内定式、内定者同士が集まる懇親会に出た上で内定辞退をしづらいという人もいるのではないでしょうか?その気持ちは確かに分かりますよ。お金もかかってますし、自分たちのために開いてくれている場ですから。後ろめたい気持ちも当然あるでしょう。

 

ただ、それは拭い去った方が良いと思います。というのも、内定式の目的の1つが、そこにあるからです。内定式を何で開催するのか?というと、内定者に自社に是非入ってもらいたいからです。そのため、いかに入ってもらうようにするか?を仕向けるわけですが、その中の1つの手法として、そういう後ろめたい気持ちを生じさせるのが狙いという部分もあるのではないでしょうか?そうなれば、まさしくそういう気持ちになってしまうと、企業の術中に嵌っている状態かもしれないのです。本来、内定辞退は自由なんです。しかも、3月の半ばまで認められているわけですから、後ろめたい気持ちを感じる必要性はないわけです。というのも、内定式って学生が頼んだわけじゃないでしょう?企業が勝手にやるといって、勝手に日にちも決めて、勝手に来てくれと言っているだけの話です。したがって、本来は絶対に出ないといけないものでもないのです。だって、特別必要なイベントでもないし、日にちも企業が決めるのだから、都合も合わせられるか?分からないし、必ずしも興味のあることじゃないから、行きたくない気持ちが合ってもしょうがないのです。

 

学生がやってくれって頼んで開催して、そこに出席した後に内定辞退をするのは、何か後ろめたい気持ちになるのも分かりますが、企業側がやりだしたイベント、おまけに招待されているわけですよね。そのイベントに行ったからといって、内定辞退ができなくなるわけじゃない。おまけに一応自由参加とはなっているが、現実的には完全自由ではない。立場的にどうしても学生の方が弱いので、企業がやるイベントは内定式や研修など、嫌でも出ないとマズイ雰囲気になっているのですから。だから、結構強制力のあるイベントであるわけですよ。遠くから来ないといけない人もいますし。だから、開催しているのは企業の方で、かつ強制力がちょっと働くこともあり、理屈のうえでは、内定辞退をしないことを条件に内定式への参加が許されているわけではないので、内定式に出た後も問題なく内定辞退が出来るのです。あとは内定式に参加する時点では、別に内定辞退を考えていなくても、内定式に参加してみて内定辞退を考えるという場合もありますから、内定式に出てみたら、その会社本当に良いのか?不安になったというケースもあるかもしれません。

 

だから、内定式に出てみて、ある程度企業内部の事情も明らかになりますし、働いている人やこれから一緒に働く同期の人間とも初めて会うわけです。その中で上手くやっていける自信があるか?というのが問題になるので、しっかりと内定式でその辺の様子を見てくることも大切です。内定式に参加するときには、入社意欲に溢れている人もいるかと思いますけど、決して油断せずに自分が入社する企業は本当にここで良いのか?ということを考えながら内定式に参加して、しっかりと見極めていってください。内定式は、内定辞退をするときの判断材料にするラストチャンスになるかもしれないのです。

 

あわせて読みたい記事