リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

内定式、懇親会の服装や格好は?クールビズは良いのか?

【スポンサードリンク】

内定式を行う時期は10月あたりですが、時期的にはまだちょっと暑さも残っていると思います。季節的には夏と秋の境目といった感じです。ただ、10月だと平均気温は25度くらいあるかもしれません。そうなると、まだまだ暑いですよね。ずっとそれまでジャケット着用で就職活動をしてきた人は良いかもしれませんが、クールビズのような薄着の格好でやってきた人は、ジャケット着用がきついかもしれません。暑いですからね。内定式はもちろん企業の人と会うわけですから、しっかりとした格好で参加しないといけないわけですが、クールビズはOKなのでしょうか?考え方は企業にもよりますから、何とも言えません。ただ、クールビズを着ていても不自然ではない時期かもしれません。一般の企業ではどうなんでしょうね?10月になったばかりですから、クールビズの格好をしている人はいるかもしれない。ただ、ちょっとずつ秋の服装に移行している期間かもしれません。

 

例えば、男性社員であれば、半袖ワイシャツのみだったのが、長袖に変わっているとか、ネクタイをしているとかです。そうやって、完全なクールビズとは違う格好をしている人も多いかもしれません。クールビズの格好からちょっとずつ秋の服装に変わっていますが、ジャケットは着ていないって感じですかね。25度くらいあるとすれば、ジャケットは暑いですよね。内定式当日は室内でやるのでしょうから、クーラーとかは効いているような気がしますが、往復の時間は暑いですよね。我慢できなくはない気温かもしれませんけどね。真夏の35度以上ありそうな日にもちゃんとジャケットまで着用している人がいるというのですから、彼らはもう慣れているのかもしれませんが、いつ倒れてもおかしくない格好でしょう。そして、そういうのに慣れていない人は、なかなかまだ暑い時期にジャケットは着たくないでしょう。

 

クールビズの格好は、個人的にはあまりオススメしません。内定式の時期は一応10月なので、基本的には夏ではないのですから。気温が高いといっても25度くらいでしょうから、ジャケットを着るとちょっと暑いと感じるくらいではないでしょうか?そうなると、我慢できなくはないと思います。恐らく真夏はともかく、10月になっていると、他の内定者も企業の人間もクールビズの格好では来ないと思います。したがって、クールビズのような半袖シャツ、ノーネクタイの格好でいくと、浮く可能性が高いでしょうね。我慢できるくらいの気温まで下がっているでしょうから。我慢できるならば、さすがに我慢する人が多いのでしょう。恐らく10月になっていると、就職活動を続けている人たちももうクールビズの格好はしてない人が多いと思います。元々少ないでしょうけど。だから、暑いかもしれませんが、クールビズの格好はしない方が良いでしょう。クールビズで行ったからといって、何か言われたりするわけではないと思いますけど。浮きたくないならばジャケット着用で行きましょう。

 

長袖シャツに男性はネクタイ、そしてジャケットで良いのではないでしょうか?スーツは就職活動で使っていたものを着ていけばOKだと思います。何色を使っていたのか?分かりませんが、その色で内定を貰えたならば、別に黒じゃなくても良いでしょう。紺色、グレーなど、珍しい色のスーツを着て就職活動をしている人はそうはいないでしょうから、そのときに着ていたもので構いません。スーツをきちんと着ていれば問題ないでしょうし、浮くこともないでしょう。服装に関しては、就職活動をしていたときと同じ。ただし、夏ではなくて、春に着ていた格好と同じということになります。内定式はいろいろと緊張すると思いますし、初めて会う人間も多いわけですから、暑さとかはあまり気にならないと思います。そんなことを気にしている余裕はないでしょうから。懇親会の意味もあるので、その場を、その時間を楽しむことも内定式の目的でもあるのっではないでしょうか?服装についてあまり気にすすよりも会社の人や同期の人間とコミュニケーションをとることを楽しんで、素敵な時間にしてもらいたいと思います。これから入社する可能性のある会社の初めての社員同士打ち解けられる貴重な場ですからね。就職活動をしていたときの雰囲気とは全然違いますから、是非2度のないこのチャンスを味わってください。当日は暑かったとしても、一応スーツをビシっと決めていった方が良いと思います。

 

あわせて読みたい記事