リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

倍率も時給も高いデータ入力のバイトに受かるには?コツは?

【スポンサードリンク】

学生から主婦やフリーターまで、幅広い人たちが活躍しているのが、データ入力の仕事です。基本的にパソコンを使って、決められた作業をしていくシンプルな仕事になりますが、服装自由、髪型自由と言ったところも多く、時給も割と高額なため、非常に人気のあるバイトです。そのため、求人自体も随時募集されているものの、割と応募者も多く、倍率は高くなりやすいかもしれません。データ入力の仕事は、幅広く働ける仕事なので、それだけ応募者も多くなりやすいのです。学生は勿論、主婦やフリーターなど関係ないですからね。オフィスでの仕事で、接客の要素はあまりないので、見た目とか、年齢とか、性別とかはあまり関係ないでしょう。そうなると、自然と倍率も上がってしまいます。だから、応募してもすぐに採用されない可能性があります。採用されるには、できるだけスキルがあった方が良いでしょう。タイピングの速さ、Excel、Word、Power pointなどのオフィス系ソフトを結構使いこなせるとか、そういった技術が必要な仕事でもあります。

 

実際、そういったソフトを使用して仕事を任されることもあります。それらが使いこなせないとダメというわけではありませんが、使えたほうが有利にはなるでしょう。私も以前データ入力のバイト面接を受けたことがありますが、そのときには、これら3つのソフトの具体的な各操作について、どこまでできるか?を書かされました。こういうものを書いてもらっているということは、合否に関係あるのでしょう。あまり細かくは覚えていませんが、初歩的な使い方から、かなり難しそうな操作まで含まれていたと思います。よりいろいろな使い方ができた方が有利なんでしょうね。私の場合は、たまた、あ大学でこれら3つのソフトの使い方を学んでいました。当時、大学2年だったかな?うちの大学はエクセル、ワード、パワーポイントの3つのソフトについては、基礎から中くらいの難易度の操作が一通りできないと単位がもらえない授業があって、それは必修だったんです。

 

だから、それが単位とれないと卒業できないんです。テストは1年中受けられて、あらかじめ決められた10くらいのテストを全部クリアしないといけません。パソコンで受けるもので、合否判定もパソコンで出ます。これを当時クリアしていたと思うので、ある程度の操作は3つのソフトでできました。卒業してしまうと、あまり使わないので、ほとんど忘れてしまっていますけど。ただ、当時はそのお陰もあって、そこそこ使えました。だから、こんな操作覚えてどこで使うんだろう?とテストを受けているとき、テストのための練習をしているときに思っていたのですが、役に立った面も一応ありました。そんなわけで、そういったソフトの使い方は大学生は習っている人が多いんじゃないでしょうか?そうなると、大学生は有利かもしれませんね。卒業してしまうと、会社で使わない限りは、なかなか使う機会がないので、難しいんです。だから、主婦とか、フリーターの方になると、こういうのが元々得意でない限りは、なかなか上手く使いこなせないでしょう。

 

データ入力のバイトは接客業務でもないし、単純作業だし、時給も結構良いため、人気で受かりづらいという側面もあるので、他人と差をつけるためには、やはりこういうスキル面でアピールするしかないですね。多くは面接の印象で決まると思います。面接の印象はなかなか覆せないので、こういった要素を少しでも身に付けて、アピールしていくのが良いのではないでしょうか?データ入力のバイトに受かるコツとしては、こういった努力をしていくと良いと思います。なかなか受からない人も多いと思います。競争率高いですからね。ちなみに給料はどれくらい貰えるのか?については、求人ごとに結構差があるようです。高いところは1500円とか、安いところは800円とか、差があるので、時給の欄はしっかりチェックしておきましょう。私の印象だと、東京とか、割と都心に近いところの方が時給は高い印象です。地方に行くと、それだけ時給はちょっと低い印象があります。東京だけだと、平均1100円くらいはありそうな感じです。

 

データ入力のバイトは、短期バイトサイトなどの方が多く求人があるかもしれません。ずっと継続的に長期で雇用する場合もあれば、短期的に臨時で、必要なときに雇うケースもあります。例えば、ショットワークスという求人サイトは是非知っておいてほしいです。データ入力のバイトも勿論、それなりの件数載っていますが、このサイトは倍率が分かります!求人ごとにここから応募した数と募集人数との比で、倍率が分かります。だから、現段階で倍率が高いところは、それだけ受かりづらいですから、パスして低いところを受けるとかもありですね。時給が高いなど、条件面で良い求人はそれだけ倍率が高くなりやすいので、条件面が少し劣っても良いから受かりやすい求人を選ぶというのもありですね。低い倍率はずっと0.0倍とかもありますからね。ショットワークスを使うと、受かりやすいバイト求人を見つけやすいです。無料で登録、利用できますし、他の求人サイトにはない特徴があるということで、今後データ入力等のバイトを探すときには、良かったら参考にしてみてください。

 

面接なしですぐに働ける!短期バイト情報満載

 

あわせて読みたい記事