リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

コートなどの冬のアウターはいつから着る?何度になったら着る?

【スポンサードリンク】

冬のアウターはいつから着るか?迷いませんか?まだ多くの人が着ていない段階で着るのは非常に目立ちますし、勇気がいりますよね。アウターはやはり多くの人が着ている中で、安心して着たいという思いもあるかもしれません。アウターをいつから着るか?というのは、基本的にはその日の気温をもとに決めたら良いと思います。気温によって寒さも違うでしょうし、アウターが必要か?どうかは決まってくるでしょう。私は毎年、15度未満になると着ていた気がします。そして12度くらいになるとマフラーをして完全防備をしていました。このあたりの気温はそれぞれで決めても構いませんが、私は関東に住んでいるので、他の地域の場合はちょっと気温と寒さがどこまで比例しているか?分からないため、何とも言えません。ただ、気温が下がれば下がるほど寒さは増し、コートなどを着てくる人は増えるはずですから、それを目安に考えれば良いのではないでしょうか?

 

そこで問題は何度から着るか?なんです。天気にもよるんですよね。真冬になれば天気は関係なくなりますが、12月の上旬とかは晴れている日は、気温が低くても暑く感じることもあります。天気があまり冴えないと、気温がある程度あっても寒く感じることもあります。気温が15度未満、つまり14度以下になると私は生地がそこまで厚くないアウターを着ることにしていました。まだマフラーとかはしていません。ちょっと外が寒いなと感じるくらいなので、生地が厚いアウターを着ると多分暑く感じると思います。したがって、13~15度あたりの気温の場合は、ジャケットなどを着るだけに留めていました。ただ、気温が12度以下とかになると、結構寒さを感じてくるので、生地が厚めのアウターにマフラーをそろそろ着けていたと思います。マフラーをつけると、かなり保温性が増すので、そこまで寒くない時期につけると、多分暑く感じるので、注意が必要です。私は気温によってアウターを着るタイミングを見計らっていました。

 

12月の中旬以降になると、もう気温も大分下がってきて最高気温が1桁の日もありますし、アウターを着ないと厳しいと思います。そこまでくるとほとんど悩むことはなくなります。ただ、12月の前後は微妙なところなんですよね。15度以上あれば、アウターは特に着ないで過ごしていましたが、13~15度の間は生地が薄めのアウターを着る。そして、それ以下の気温の日は、完全防備で外に出て行くという形でした。ある程度の時期が過ぎれば、もう気温も大分下がって悩む必要もないでしょうけど、12~15度あたりの気温の日は迷うと思いますよ。どうしようかな?外に出てたら暑かったらどうしよう?とか、あまり厚着している人が少なかったらどうしよう?とか、いろいろ考えてしまうでしょう。このあたりの気温の日は、先ほども言いましたが、当日の天気も加えて検討したほうが良いです。晴れの日は気温以上に暑く感じる日もありますし、天気が優れない日は寒く感じる日もあります。だから、当日の天気具合を見て、できれば外に出て、自らの身体で寒さの程度を体感してから、その日の服装を決めましょう。

 

自動的に服装が決められないような時期の場合は、その日が来て、朝の状況を見てから決めると良いでしょう。アウターをいつから着るか?どのタイミングで着るか?というのは非常に難しい選択です。ただ、その日その日の様子を見て、自分の体感温度などをもとにして、服装を決めていくのが良いと思います。ちなみに、帰りが遅くなる場合には、昼間、または朝はそこそこ暖かくても、夜になると一気に冷えてくる場合もありますから、是非注意してください。コートなどのアウターをいつから着るか?何度から着るか?というのは、ちょっと難しい選択かもしれませんが、12月くらいになったら、その日その日の様子を見て決めてはいかがでしょうか?今回の話は関東での話なので、もっと気温がさらに下がる寒いところでは、さらにコートなどを着る時期は早まる可能性がありますけどね。これからどんどん気温は下がりやすくなるので、注意してくださいね。

 

あわせて読みたい記事