リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

コンビニの深夜勤務は稼げるし、仕事内容は割と楽だったりする

【スポンサードリンク】

コンビニのバイトはもはや定番で、学生や主婦、フリーター関係なく多くの人が働いています。私が行くコンビニは年配の方がよく働いています。さて、コンビニはそういった比較的、働いている人たちの年齢や性別が広いので、いろいろな人が働けますが、特に深夜は本当にいろいろな人が働いていることが多いです。深夜のコンビニっていうと、強盗が来たらどうしよう?とか、心配になることもあるかもしれませんけど、そんなに心配はいらないと思います。深夜のコンビニは結構いろいろな人にオススメなんです。夜勤になるので、誰でも勤務可能なわけではありません。学生とかは次の日が休みとかじゃないと、なかなか勤められないでしょうから。ただ、可能ならば、深夜のコンビニは結構メリットあると思います。それはまず時給が高いことです。

 

コンビニのバイトは一般的に言うと時給は低いですね。低いと600円とかの場合もあるでしょうし、高くても800円くらいでしょうか?それが深夜勤務になると、1000円を越えやすくなります。だいたい夜の10時くらから明け方の5時くらいまでは時給が増えるので、1000円を越えても不思議ではないのです。そして、深夜のコンビニバイトは結構暇みたいですね。深夜は当然お客さんも少ないです。全く来ないことはないでしょうけど、人通りがあまりない地域なんかはほとんど来ないこともあるでしょう。だから、少なくとも忙しくはないと思います。暇で困ることももしかしたらあるかもしれません。中には眠くなってくる人もいるでしょうね。昼夜逆転の生活になるので。それに慣れればあまり問題ないかもしれませんが、慣れていないと、やっぱりある程度は眠くなると思います。そこは忍耐力で耐えるしかありませんけどね。

 

ただ、お客さんは確かに少ないですが、レジの仕事はその分かからないだけで、仕事自体はあります。商品の陳列、検品、店内やトイレの掃除、そしてあまりないかもしれないですけど、商品の搬入とかもあるかもしれませんね。ただ、これらは昼間に勤務していてもある仕事ですから、深夜が特別ではありません。深夜といえども暇というほど仕事がないケースはそうはないでしょう。だから、全く楽というのは考えづらいですが、昼間よりは相対的には楽なのではないでしょうか?ただ、深夜の場合はどうなんでしょうか?1人勤務の場合ももしかしたらあるのかもしれません。当然お客さんも少ないので、1人でも対応可能という考えかもしれませんが、1人だと不安でしょうし、寂しいでしょうし、いろいろと問題もありそうな気もしますけどね。1人でも構わないという方は良いかもしれませんが、1人は嫌だという場合には、これは面接を受けるときにでも確認しておいた方が良いと思います。

 

あとはバイト先によっては廃棄予定の弁当を持ち帰っても良いと言う場合もあります。これはどちらかというと、少数派かもしれませんが、コンビニよってはありえます。勝手に持って行くと、「バイトで廃棄される弁当や惣菜を無断で持って帰ったら窃盗罪! - リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?」の記事でも書いたんですけど、犯罪になる。窃盗罪になる可能性があるので、やめておいてほしいですが、一応許可があるのならば問題ありません。どうせ捨てるのであれば、持って帰ってもらっても構わないというところもあるかもしれませんね。コンビニ弁当はものによってはタダでくれるなら食べたいというものもあるでしょう。廃棄弁当が持ち帰り出来るところだと、食費が大分浮きますよね。一人暮らしをしている人の場合ですと、これは大きいと思います。フリーターや大学生とかは、当然そんなにお金もない方が多いでしょうから、その分食費が浮くのは相当なメリットになります。ただ、これは事前に聞きづらい質問ですよね。廃棄弁当持って帰ることが出来ますか?とかは聞きづらいと思うので、聞ける人は構いませんが、聞けない人は、働いてみてから運に任せるということしかないかもしれません。

 

コンビニのバイトは定番のバイトで、誰もが1度は考えるものかもしれません。自給がそんなに高くないのがちょっと不満な点かもしれませんが、深夜勤務ならば、その点のデメリットも大分マシになるでしょう。仕事は慣れればこなせると思いますし、深夜勤務は昼間のピーク時と比べれば、多少は楽だと思います。だから、長く続けやすい、稼ぎやすい、働きやすいのが深夜のコンビニかもしれません。コンビニはいろいろなところにあるので、求人自体は非常に多くあるでしょう。深夜のコンビニバイトをしてみたい方はアルバイト求人サイトやコンビニの店舗で直接探してみましょう。

 
あわせて読みたい記事