リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

マフラーの男女での色やデザインの選び方とストールとの違い

【スポンサードリンク】

冬になると多くの人がアウターと一緒に身につけるのがマフラーですね。マフラーは年齢を問わず、多くの人が首元を温めて防寒するためにつけるファッションアイテムですが、これはいろいろな素材やいろいろな色、柄のものがあるので、どれが良いのか?迷うという方もいるのではないでしょうか?マフラーは1度気に入ったものがあれば、何年も繰り返し使えるものですからね。冬の間しかつけないですし、そんなに消耗も激しくないので、1つあれば当分買わなくて良いものですから、是非お気に入りの1つを見つけてみてください。マフラーの柄は高いもの、安いもの関係なく同じようなものばかりなので、柄やデザインで選ぶならば、別に高いものを買う必要は無いでしょう。高いものは何が違うのか?というと、強いて言うなら素材が違いますね。結構高級なものを使っていることが多いです。カシミヤなど、かなり高いものが使われていて、数万円するものもあります。ただ、安いものは1000円くらいで売っていますからね。

 

そういった素材にこだわるのであれば、高いマフラーを使ってみる価値はありますが、そうではないのならば、あまり意味はないと思います。カシミヤは確かに暖かいので、防寒具としては機能性は高いものの、そうじゃないウールなどの素材であっても、十分暖かいものはありますからね。私の場合は、柄やデザインと後は長さを基準に選びましたね。マフラーの巻き方がだいたい決まっているので、その巻き方をしたときに丁度言い感じになるように長さを決めて、そのサイズのものを買いました。巻き方次第ですけど、私は横が180cm、縦が30cmくらいのものを買って、それを使っています。ちなみに柄に関しては、色も含めてですけど、個人的にはアウターの色との組み合わせで考えるべきかな?と思います。アウターが黒の場合、無地でも柄物でもどちらでも良いと思うのです。黒の場合はどういう色、どういうデザインのマフラーを使っても合うと思います。ただ、アウターが紺色とか、別の色の場合には注意が必要です。

 

個人の感じ方次第かもしれませんが、例えば紺色、ネイビーのアウターの場合、無地のマフラーはあまり似合う印象ではないのです。人によって感じ方は違うと思いますけど。ネイビーの場合はある程度チェック柄になっているものの方が良いと思います。ただ、例えばカーキ色のアウターを着ている人もいますね。カーキはどうか?というと、無地でも合いそうな色があります。例えば黒はカーキにも相性良さそうです。また、柄物でも似合いそうですね。そういった感じで、アウターの色次第で似合う色や似合うデザインがあると思うので、マフラーを購入する際には、そういった想像力を働かせてから買うと良いと思います。今言ったのは私の感性なので、それぞれの感性によって、似合う、似合わないを決めて良いと思いますから、そういうプロセスを踏んでマフラーを選んでいきましょう。ちなみにマフラーと似ているものでストールというものがありますが、これはどう違うのでしょうか?見た目ではあまり違いが分かりづらいですが、大きな違いはサイズが違いますね。一般的にマフラーは長方形の形をしていますが、ストールは正方形に近いです。だから、首に巻いたときの感じもちょっと違います。

 

あと、厳密に言うと、マフラーは首に巻くものですが、ストールは巻くのではなく肩からかけるものという認識のアイテムです。だから、サイズが違うんですけど。そのため、防寒具というよりはオシャレに見せるアイテムといった方が近いのかもしれません。マフラーはある程度使い慣れている方が多いと思いますけど、ストールはあまり使い慣れていない人が多いと思うので、どうやって使うのか?最初は分かりづらいと思います。私はずっとマフラーを使ってきたので、ストールには一切手を出していないのですが、使い方によってはストールの方が見た目はオシャレに見える場合もありますから、ネットでストールの使い方を画像つきで教えてくれているサイトがあると思うので、そういったところを見て、もしストールの方が良さそうと思うならば、ストールを使ってみても良いと思います。マフラーにしろ、ストールにしろ、使い方、巻き方は無数にあるので、自分が気に入るようなものを見つけられるか?も重要ですね。単なる防寒具ではなく、ファッションアイテムでもありますから。

 

巻き方を研究して、自分が気に入るものを見つけると、それだけでオシャレの幅が広がりますからね。マフラーにしろ、ストールにしろ、男女を問わず、すでに紹介したような選び方が1つあるので、参考にしてもらえればと思います。冬の間はずっと使いますし、何年も使えるものなので、気に入るものを1つ選んでみてください。アウターの柄や色によって使い分けたりするため、複数持っていても良いかもしれません。冬の間は身に付ける機会が非常に多いので、今年新しいモノを買う場合には参考になればと思います。

 

あわせて読みたい記事