リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

冬のピーコートに合うインナーや中に着るものはニットかネルシャツか?

【スポンサードリンク】

冬に大学生の多くが着ることも多いピーコートですが、そのときには中にどういったものを着るか?インナーに何を着るか?で結構迷うのではないでしょうか?ある程度防寒性もあって、暖かくて、機能性もあるインナーが良いと思いますが、ピーコートの場合は、ほとんど全面が隠れるため、何を着ても構わない印象です。ただ、ピーコートを着て、マフラーやストールをしない場合には、インナーはちょっと気をつけた方が良いです。ピーコートの場合は首元が多少開きますよね。そのときにマフラー等をしないのであれば、ネルシャツなどのシャツ類はちょっとやめた方が良いかな?と思います。インナーにネルシャツなどを着ている人もたくさんいると思いますが、その場合にはマフラーなどをして首元を覆う、隠すということが必要です。実際にやってみると分かるかと思いますが、ネルシャツを着て、その上にピーコートを着ると、首元にシャツの襟が微妙に飛び出してきてしまいます。

 

これが私は非常に不恰好に見えるのです。したがって、気にならない人はいいかもしれませんが、少なくとも私はちょっとこれはあまりやりたくないと思っているので、ピーコートの下にネルシャツなどを着る場合には、ちゃんと毎回マフラーをしています。というか、マフラー等をしないと、ある程度首元が開いているこのデザインのピーコートでは、さすがに寒いでしょう。首元があれだけ無防備だと、中に冷たい空気も入ってきますから、防寒性が一段落ちると思います。だからこそ、首元をマフラーで覆う必要があると思うのです。ピーコートの場合には、中に何を着たとしても、マフラー、ストールなどで首周りを覆った方が良いと思います。ネルシャツも素材からいって、ある程度厚みもありますし、起毛しているので、暖かみもあると思いますから、アウターのインナーとしては良いのではないでしょうか?それ以外だと、ニットなどでしょうか?

 

セーターはどのアウターを着るときにもインナーとして非常に役立つアイテムになると思います。ピーコートを着るときももちろんそうですね。ピーコートを着るときのセーターとしては、ある程度丈の長いものを着て、ピーコートの裾からセーターの裾が少し見えるくらいに調節するとオシャレに見えるでしょう。ピーコートとセーターを合わせるときには、色の組み合わせも注意したいですね。相性が良さそうな色がありますからね。また、セーターにはいろいろな種類があって、タートルネックのものもあります。若い人もたまに着ていますが、首筋まで覆うことができるセーターの種類です。いろいろなブランドから販売されていますが、毎年ユニクロなどからも出ているので、ある程度安くて、暖かいものが欲しいときには買ってみても良いでしょう。タートルネックのセーターを着れば、防寒性は一段と増しますし、マフラーなどをしなくても良いかもしれませんが、マフラーをした方が見た目はよりオシャレに見えそうですけどね。

 

そして、セーターの場合には素材もいろいろなものが使われているので、その点からも選んでいきたいですね。ピーコートはメルトンとか、結構厚手の生地が使用されているのではないか?と思いますけど、防寒性を高めるには、やはりインナーにも防寒性の高いものを使用した方が良いですから。そこでは素材は重要になってくるのです。セーターの素材としては、1番暖かいのはカシミヤなどでしょうか?ただ、カシミヤが使われているものは非常に高いので、なかなか買えないかもしれません。あとはウールですね。ウールであれば、安いものは手頃な価格で手に入るので、何着か?買っておくと良いと思います。カシミヤのセーターはユニクロで買っても結構高いですからね。ウールであれば、大分安くなると思います。ネルシャツに関しては、デザインは何でも良いと思います。秋から冬にかけてすでに着ている方もいると思うので、それをそのまま着れば良いと思います。フランネル以外の素材だと、ちょっと暖かさが足りない可能性もありますので、注意してください。

 

あと、防寒性で心配ならば、ユニクロヒートテックなどを1番下に着ておくと、結構違いますよ。ネルシャツにしろ、セーターにしろ、その下にまた1枚インターを着ると思いますけど、さらにその下に薄いヒートテックを着ておくと、その1枚で結構違いますからね。特に真冬は最高気温が5度とかになる日もありますから、そういった日に通勤、通学しないといけないと、かなり寒いです。それくらいに寒いときにはヒートテックを1枚着ておくと全然違うので、これからPコート以外のアウターを着るときにも、1枚着ておくと良いと思います。

 

あわせて読みたい記事