読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

クリスマスにやることない!暇!という方におすすめの過ごし方

その他の話題
【スポンサードリンク】

クリスマスの予定はもうお決まりでしょうか?あと3ヶ月くらいですが、早い人はこの時期からいろいろと考えている人もいます。そのため、何をしようか?あらかじめ決めたいならば早い方が良いです。ただ、私みたいに何も考えていない人もいます。社会人は土日で無い限りは仕事でしょう。だから、選択の余地はほぼないです。ただ、大学生などの学生はちょうど冬休みの時期ですから、やりたいことがあればそれを実現してみても良いでしょう。私はどうやって毎年過ごしているのか?というと、特に何もしていないことが多いですね。クリスマスイブもクリスマスも学生の頃から何か特別なことをしていた年はほとんどなかったと思います。特に高校生の頃まではクリスマスに対して特に思い入れもなく、普段どおり過ごすときが多かったように思います。したがって、あんまり思い出がないですね。学生じゃなくなってからも、普段どおりに過ごしている。でも、心の中では特別な日みたいな印象がある感じですね。

 

昔からそうだtったのかもしれませんが、クリスマスというのは大人にとっては楽しんでいる余裕なんかないでしょう。クリスマスも変わらず仕事があると思うので、そちらを優先しないといけないのはみんな同じでしょうから。だから、クリスマスを満喫するのであれば、学生までじゃないと厳しいです。社会人になってクリスマスを味わえるのは、正社員では無理でしょうね。フリーターとか、フリーランスの方は、ある程度都合をつけられると思うので、その日に休みを入れようと思えば入れられないこともないでしょう。正社員も有給休暇をとるという方法はありますが、はっきり言って無理でしょうね。それは誰もが休みたい日に自分だけが抜け駆けするような形で休んだら、上司や同僚に何て思われるか?分からないからです。だから、みんなが一斉にとるような状況があれば別ですが、そんなことしたら会社が回らないので無理と。現実的に可能なのは、全員が我慢して働くという状況です。

 

したがって、多くの大人はクリスマスはいつも通りの日になります。せっかくなので、大学生はクリスマスを満喫するチャンスがあるわけです。だから、そのチャンスを生かしてみるのもありでしょう。クリスマスの過ごし方として、思い出に残りそうなのは、恋人か、友達らとどこかに出かけることじゃないでしょうか?クリスマスの雰囲気に彩られた場所がありますからね。私も大学生のときに1回だけお台場に行って過ごしたことがあります。友達と行きました。人が多かったです。そして、凄い高い料理を食べた記憶があります。帰るのが遅くて終電がなくなるのではないか?と思えるくらいまでいたので、家に着いたのは日付が変わっていたと思います。昼くらいから行ったんですけど、かなり長くいましたね。その年は、自分でも張り切っていて、クリスマスらしい過ごし方をしようと意気込んでいたので、そういう過ごし方になりました。ただ、その年以降は、クリスマスだからと思って意気込む必要あるのか?と自分でも思うようになってきて、それまでと同じように普通に過ごすのが良いのかもしれないと思うようになって、あまり特別なことはしていません。家にいえ映画とかを見たり、ゲームしたり、普通にいつものように過ごす年が多いです。

 

一応、毎年家族と一緒にクリスマスのお祝いはしていますけど、それで十分かな?って感じがします。街を歩けば、クリスマスやクリスマスイブの日以外でも、12月になればイルミネーションとかが姿を現して、そういった雰囲気になりますから、クリスマスを迎えるまでに、街のそういった雰囲気を感じているだけでも十分クリスマス気分になれるんですよ。そんな感じで、私がおすすめするクリスマス、またはクリスマスイブの過ごし方は主に2つになります。それはすでに述べたように恋人(いない場合は友達を誘って)クリスマスらしい場所、またはクリスマスの雰囲気を味わえたり、楽しめる場所に行くことです。首都圏だと、お台場またはディズニーランドとかはクリスマスモード一色でしょうね。多少お金がかかってしまいますが、年に1回のことですし、すぐにお年玉の時期がきますから。大学生でお年玉を貰えるのは少数派かもしれませんけど。そういった場所で、せっかくのクリスマスですし、冬休み中なので、お金を奮発して楽しく過ごしてみるのも良いのではないでしょうか?私はお台場に行ったときにはまだバイトをしていなくて、あまりお金がありませんでしたが、結構奮発して使った気がします。

 

そして、家の中で普段に近いような感じで過ごすというのもありでしょう。家の中でケーキを食べたり、ケンタッキーのフライドチキンを食べたり、クリスマスの感じのテレビ番組を見たり、映画を見たり、音楽を聴いたり、そういった何気ない過ごし方でもクリスマスっぽい雰囲気を感じられる過ごし方はできますから。本当に考えても思いつかないとか、実行できそうになプランがないとかであれば、最終的にはこれでしょう。私もここ数年ずっとこんな感じの過ごし方で落ち着いています。昼間は出かけるときもありますけど、夜は帰ってきて、家の中で過ごして、普通の過ごし方にも見えるけど、ちょっとクリスマスっぽい感じ、いつもとは違う感じを出せていると思います。それくらいがちょうど良いかもしれません。というか、張り切ってクリスマスだから特別なことをしないといけないと思い込んでいる自分にもう疲れた感じです。開き直って、別に何もしないで普段どおりに過ごそうと思えたら、それはそれで楽しいかもしれませんよ。

 

あわせて読みたい記事