リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

成人式は誰と行く?一緒に行く友達がいない場合にはどうする?

【スポンサードリンク】

毎年1月に行われる成人式ですが、行くか?どうか迷っている方もいるかと思います。行くか?どうかという問題もありますが、誰と行くか?という問題もありますよね。誰と行くべきか?というのは、私も考えました。私は成人式の2,3ヶ月前くらいに中学生のときに仲良かった人に連絡をして、その人たちと一緒に行きました。結局、中学のときに仲良かった人たち4人くらいかな?で行きましたね。家が近所だったんで、近所で集まって、電車で会場まで行きました。そしたら、その途中でやっぱりいろいろな人たちに会うわけですよ。成人式に向かうと思われる人たちがその途中にたくさんいて、その中には知り合いもたくさんいて、結局そこそこたくさんの人数で会場に着きました。会場に着いても、知り合いが結構たくさん見つかります。式自体を終えて、帰ろうか!となる前にも部活同じだった人とか、同じ中学の見覚えあるわ!って人がたくさんいて、変わっている人もいれば、変わっていない人もいて、なんだか懐かしい気持ちになりました。

 

その後、夜に同窓会を控えていたので、家には帰らず、その周辺で時間を過ごしていました。成人式に向かったメンバーでまた一緒に過ごして、同窓会の時間になるまで待っていました。私は中学生のときの友人と一緒に行きました。このパターンが多いと思います。その後の同窓会も中学時代のメンバーで集まることが多いと思うので、中学時代というのが1つポイントになると思います。私は公立中学だったので、地元の成人式に地元の同じ中学だった人たちと参加できましたが、私立中学の場合は、地元の成人式に出ると、中学時代に友達が出られない場合もあり、一緒に参加する人がいないというケースもありえますよね。それが1つ問題だったりする場合もあります。厳密にいうと、地元じゃない成人式に出る方法はあるみたいなので、もし宜しければ調べていただいて、もし可能なら地元じゃない成人式に出るという手もあります。誰と行くか?というのを考えたときには中学時代の友人というのが、選択肢としては1番多いと思います。

 

中学時代の人たちと連絡がとれないといけませんが、メールアドレスくらいは知っているのではないでしょうか?中学時代にあまり仲の良い人たちがいなかったというパターンもあると思うのですが、そういう人たちは1人で参加するという手もあります。私は成人式に参加してみて思ったのは、思った以上に1人で来ているっぽい人が多かったということです。会場のの中を見ると、1人で来ているだろうな思われる人は多かったです。中学時代の友人が1番多くて、次が1人じゃないですかね?高校時代になると、地元以外の地域から通っている人も多くなりますから、地元の同じ成人式に仲良かった人たちと一緒に参加できるとは限りませんし、小学校時代はそもそも当時携帯電話を持っていなかったので、メアドなどを知らないということで、連絡がとれないケースも多いです。だから、何故か?分からないですけど、みんな中学時代の人たちを誘っていくケースが多いですね。だから、誘うとしたら中学時代の人にした方が良いと思います。

 

そして、次に多いのが1人で行くというパターンだと思うので、1人で参加しているケースも結構あります。一緒に行く人がいないというケースもあります。中学時代に仲の良かった人がいなかったとか、私立中学出身だと、なかなか同じ成人式に出られないこともあります。1人で行くという人は割合的には少ないかもしれませんが、いないことはないですから。そんなに気にならないことはないかもしれません。1人で行くのが嫌だというケースでは、行かないという選択肢もあります。1人で行くくらいならば、もう参加しないというのもありでしょう。一生に一回なので、せっかくだから行ってみるという人もいれば、別に会いたい人もいないし、そんなに行きたいとも思えないし、寒いから家の中にいるという選択肢も間違いとは言えないでしょう。人によりますからね。成人式に行かない人というのも一定数いますから。割合としては分からないですけど、2,3割くらいは行かないんじゃないか?と思います。

 

どうしても一緒に行く友達がいないという場合には、1人で行くか、そもそも参加しないか、の2つの選択肢があるということです。一緒に行く人がいる人と一緒に行く人がいない人では、その時点で結構成人式を楽しめるか?どうかも変わってきますよね。そういった状況があるので、成人式を心から楽しめている人はそんなに多くないのかもしれません。ただ、一生に一回というのは間違いないので、どちらにせよ、後悔の無い選択をしてください。成人式については、直前ではなく、早めに考えておきましょう。

 

あわせて読みたい記事