読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

通信制大学はどこがいい?就職を考慮した選び方はサイバー大学

【スポンサードリンク】

新制大学を目指しているという方もいるのではないでしょうか?通信制大学は、通学不要で、自宅から授業を受けたり、試験を受けたりして、単位を積み重ねて、卒業を目指していきます。そのため、利便性が高い面もあるのです。通信制大学は全国にいくつもありますが、やはり名前として売れているのは「サイバー大学」でしょう。これは非常に有名です。あのソフトバンクが設立した大学で、多くの学生が学んでいます。その魅力を象徴する1つとして、年代も幅広い人たちが日々ここで勉強してます。10代、20代の若者は勿論のこと、30代、40代、それ以上の方も学んでいます。多様な生き方をしている方がそれぞれのライフスタイルに合わせて通えるのが魅力の1つになります。サイバー大学は働きながらでも通えるわけです。正社員、フリーター問わず、働いている方でも、自宅からパソコン等につないでネットから授業をご覧になれますから。また、暇な時間で良いわけです。

 

特定の時間帯に大学に行って授業を受けるのではなく、自分の都合の良い時間を選んで、家からパソコンにつないで、授業が見られる。という利便性もサイバー大学の特徴の1つでしょう。そして、サイバー大学が長けているのは、やはりITのスキルが学べることではないでしょうか?IT総合学部では、もちろんIT関連の授業を受けて、専門学校で学ぶような技術や知識などを見に付けていきます。IT企業がこれだけ増えてきているので、当然就職のときにも有利に働く可能性があります。というのも、仮に東大を出ているからといって、その東大生が文学部や法学部出身であっても、一般的な企業に就職するときに、そこで学んだ内容っていうのは特に役に立ちません。学歴が多少印象を良くするくらいです。ただ、サイバー大学は、仮にIT企業を受ければ、間違いなくそこで学んだ内容が、その会社での仕事に生きる割合が多いですよね。即戦力まではいかなくても、新入社員なのに結構使えそうという評価を得られるかもしれないです。IT企業がどんどん増えている今、サイバー大学を卒業することは、就職活動において、少し有利になる可能性があるのです。

 

通信制大学は、就職が不利と言われることもありますが、IT業界など、特定の業界、特定の職種(エンジニア、プログラマーなど)によっては、有利になる可能性も秘めているt思うのです。そんなわけで、多くの方にサイバー大学の卒業後の価値というか、力を知ってもらえたかな?と思いますが。特定の通信制大学で学びたいという希望がないならば、サイバー大学は1つ候補にしても良いかもしれませんね。サイバー大学は、ある意味専門的な分野をとことん突き詰めるわけで、今のIT全盛期の時代に特に即した授業内容、学部設定になっていると思うのです。つまり、卒業後の進路を考えたとき、または将来の仕事について考えたとき、WEBなど、ITの知識やスキルがあるのとないのでは、全然人生が変わります。ネットを使えばいくらでも仕事を探せる時代ですから、そんな時代でITについての教養があれば、仕事そのものや収入面でも大分変わってくるでしょう。そんな部分も踏まえて、今の時代に合った通信制大学と言えると思うのです。

 

サイバー大学は、授業料のシステムが結構秀逸なんです。というのも、授業料はどうやって決まるか?というと、基本的には履修した授業数で決まります。普通の大学は、履修単位数関係なく、一律で毎年請求されることが多いです。つまり、40単位申請した年と10単位申請した年でも払う金額は一緒ということです。ただ、サイバー大学は履修単位数に比例して授業料が決まるので、働きながらの人たちに配慮したシステムになっています。つまり、働いている人、またはそれ以外に費やさないといけない時間がある人は、それだけ大学で授業を受けていられる時間が少ないです。すると、たくさん授業を履修しても落とす可能性が高いから、あまり多くは申請できない。その場合でも高い料金を請求されるのが、従来の大学なのですが、サイバー大学は、少ない申請単位数ならば、その数にあわせた授業料しか請求されません。だからこそ、多様なライフスタイルを送っている人にとって、ありがたいのです。暇な人はたくさん授業を履修して高い授業料を払う。忙しい人は履修する授業の数を抑えて、授業料も安く済ますことができる。ただ、卒業までに必要な単位数は全員同じなので、1年ごとにあまり授業を履修失い人は、それだけ卒業までに時間がかかりやすくなるということです。ただ、卒業までに時間がかかっても、単位を落としたりしなければ、4年で卒業しようが、8年かかろうが、払う授業料は全く一緒です。

 

その人のライフスタイルによって、授業を受けるペース、単位をとるペースが違うので、それに合わせた授業料のシステムになっているのです。通常の四年制大学は、4年で卒業するのが一般的で、8年かかれば、単純に授業料は2倍かかりますが、通信制大学は、むしろ4年で卒業しない人もかなり多いので、そういう方に配慮して、かかった年数にかかわらず。授業料はほぼ一緒です。申請した単位を落とせばそれだけ余計に授業料はかかりますが、ちゃんと真面目に勉強して単位を取得していけばOKです。サイバー大学は、本当に幅広い年代の人が学んでいて、大学生でもおかしくない年齢の若い人もいれば、働いているサラリーマンやフリーターの人もいます。通学不要で、大卒の資格が手に入ります。通信制大学といえども履歴書には書けますから、通信制大学を探している人、サイバー大学に興味が沸いてきた人は、ホームページを見れば、より詳しい情報が載っています。ただホームページからは資料請求もできるので、資料を取り寄せると、より詳しい情報が、具体的にどんな授業があるのか?ネットを通じたキャンパスライフは?とか、他の学生とどうやって交流するのか?など、通信制の大学生活をエンジョイするためのいろいろなサイバー大学の魅力がより分かると思います。無料で取り寄せられますから、サイバー大学がちょっと気になった方は、良かったら参考にしてみてください。

 

通学不要!サイバー大学

 
あわせて読みたい記事