リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活の会社説明会の質問の仕方は?質問しないのも問題ない?

【スポンサードリンク】

会社説明会に参加すると、必ずと言っていいほど質問タイムって言うんですかね?学英が自由に質問できる時間があると思います。そのときには何か質問をした方が良いのか?迷っている人もいるかもしれません。基本的に何か質問をしないといけないという縛りはありません。そもそも、参加者がそれなりに多ければ、全員は無理です。時間が足りません。平均数十人くらいはいると思うので、1人質問と回答で2分くらいかかるとして、全員が質問したら1時間以上かかってしまいますから。だから、そもそも全員が質問する時間もありませんから、別に質問したいと思わないならばしなくて構いません。だいたい、そこで出る質問はパターンが決まっています。多分、会社説明会を何度も参加すれば、あ!またこの質問か・・・。というような質問に多数出くわすと思います。だいたい、質問自体もテンプレみたいになっている感がありますからね。

 

仕事をしていて楽しかったこと、仕事のやりがい、職場の雰囲気は?といった内容が多いと思います。それに対する社員の回答もどこの企業も同じようなものにしかならないと思います。質問をするのであれば、逆に聞きづらいことを聞いた方が意味があると思います。例えば、残業についてとかは聞いてはいけないという風潮がありますが、働く側にとって、どれくらい残業があるのか?その頻度や時間は当然気になります。就活生の多くは、就職する理由なんて金のためが多いでしょうから、より働く時間を少なくして高い給料を貰いたいでしょう。だから、残業が多いところは避けたいというのは自然な気持ちです。企業としては、残業について質問してくるような学生は、扱いづらいという可能性もあるので、不利にならないとは言いません。その可能性は十分あります。ただ、それはそういう企業もあると言うだけであって、絶対にそういう評価をされるとは限りません。それにもっと重要なことで、残業が非常に長くて、働き始めてとてもついていけなくて、辞めてしまうというよりは、この時点で質問をして落とされるなり、こちらが受ける辞めるなりした方がマシではないでしょうか?

 

どうしても入りたい、絶対に入りたいような企業にはリスクのある質問はしない方が良いかもしれませんが、説明会に参加して選考を受けようか?決める予定の企業やまだ良いのか?どうじゃないのか?分からない、判断しかねる企業の場合には、そういった質問をした方が良いのではないでしょうか?説明会ですべき質問というのは、基本的にはその企業に入って後悔しないためにするためのものですから、企業のご機嫌とりのためにする質問は本来の趣旨からは外れているのかもしれません。質問をするだけで学生を評価する企業はほとんどないと思っていますが、そうなると聞きたくもない質問をする意味はほとんどないと言えます。せっかく質問をするならば、聞きづらい質問ほどする意味があると思うし、それが今後の企業選びに役立つこともあるでしょう。だいたい、そういう企業にとって都合の悪いことを質問してきた学生を不利に扱ったり、落とすような企業は、まともな企業じゃない可能性もあるかもしれません。だから、落ちるとしてもそれはそれで悪くないかもしれませんよ。ある種のブラック企業フィルターとして機能する可能性があるのです。

 

だから、聞きたいことが特別ないのであれば質問はしないというのも良いと思います。質問をしても本当のことを教えてくれるとも限らないので、結局意味はないのかな?とも思えてきます。また、質問をするときには大学名や学部名を名乗る必要があるのか?これも気になる人もいるかもしれません。これに関しては企業から指定がある場合もあります。あらかじめ名乗ってくれと言われるケースもあれば、名乗らなくても良いというケースもあるし、何も言ってこないケースもあります。名乗ってほしいと言われたら名乗り、必要ないといわれたら名乗る必要ありません。問題は何もいわれないケースです。この場合には、どちらが正解と言うのは決めかねますが、私はどちらでも良いと思います。名乗るも、名乗らないも特に影響はないと思います。名乗っている人はアピールのつもりもあるかもしれませんが、私はあまり影響はない気がします。名乗る、名乗らないで評価に差はないと思うので、どちらでも良いと思います。質問の仕方については、そんな感じでいきましょう。私なら名乗らないですね。

 

就職活動をしている学生にオススメしたいのは「ココナラ 」というサイトです。ここは格安でサービスの売買ができるサイトで、WEB上で取引できるサービスがたくさん売られています。就職活動に関するサービスも多く販売されており、キャリア・就職・資格のカテゴリーからご覧になれます。例えば、現役の人事担当者や内定を手にした元就活生などがサービスを販売してくれていて、かなり多くのサービスがそこにあるので、1つくらい気になるもの、買ってみても良いと思えるモノが見つかるかもしれません。例えば、人事や内定者に履歴書やエントリーシートを見せて、添削をしてもらえる、直すべきところを修正してもらえたり、受かるものに仕上げてくれたりしてくれます。こういったサービスが500円から利用可能なので、もし良かったらどんなサービスがあるか?観てほしいですし、気に入ったものがあれば、利用してみたいと思うものがあれば、買ってみても良いかもしれませんね。

 

 

あわせて読みたい記事