リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活の自己分析ってどうやるの?何をする?具体的やり方とは?

【スポンサードリンク】

就職活動をするときには多くの学生が行うのではないでしょうか?それが自己分析になります。自己分析ってみんなやっていると言うけど、具体的に何をやれば良いのか?分からないという方も多くいるのではないでしょうか?確かに、就職活動のスタートと同jに自己分析をやっている人は多くいるようで、企業からエントリーをして実際に説明会に参加する前、選考に参加する前とかの段階で、ある程度自己分析を進めているという方もいるのではないでしょうか?自己分析は、必須ではないですが、やっておくと後々便利なことがあるというか、メリットもあると思うのでやっていくと良いと思います。私は自己分析をしたかな?無意識のうちにやった記憶はありますけど、そんなに本格的にやった記憶はありません。多分、エントリーシートや履歴書を書くときに自然にやっていたんだと思います。自己分析が必要になるのは、エントリーシートや面接で素から、その前にやっておけると良いでしょう。

 

では、自己分析って何をやれば良いのでしょうか?具体的には、自分がこれまでにやってきた活動を振り返ったり、どういう能力を身に付けてきたか?といった振り返りをする機会でもあります。漠然と自己分析をやろうと思っても難しいと思うので、私は自己PRをもとに考えてみると良いと思います。自己PRの考え方は、自己分析を1番必要とする部分だと思うので、最初に自己PRを考えていくと、上手くいかもしれません。自己PRは多くの企業で、どのみち聞かれます。エントリーシートや面接にてかなりの確率で聞かれると思うので、早いうちから準備しておくと良いと思います。自己PRは、自分の今までの人生経験におけう能力やスキルをアピールし、それが企業の仕事で生きるという証明を行うものです。すなわち、自分はどんな経験をしてきたのか?自分にはどういう能力があるのか?といったことを考えることがそもそも自己分析になります。だから、自分分析というのは、自己PRを考えることでもあると思います。

 

それ以外では、企業選びをするときにも有効かもしれません。つまり、自分のこれ前の人生を振り返ってみて、どういう特徴があるのか?といったことを見出して、自分が向いている企業ってどんなところ?というのを考えるのです。自分が向いている企業というのは、自分が働きたい企業とも言えるかも知れませんが、多くの就活生はどういう企業にエントリーしていけば良いのか?どういう企業を選んで行けば良いのか?分からないという方もいると思います。そんなときに、自分ってどんな人間っていうのは、自分が今までしてきたことや行ってきた活動から通して、自分ってどんな人間か?という答えを出します。漠然としたものでも良いかもしれません。そして、企業を1つ1つ見ていって、その自分の特徴に見合うようなところはないか?探していくのです。この企業選びにおける自己分析は難しいと思います。企業の特徴を見出すといっても、求人サイトだけ見ていてもなんとなくしか分かりませんし、会社説明会に参加しても上辺だけしか分かりません。だから、自分に合った企業を探すってのはそう簡単にできるものじゃないです。働いてみないと、分からないことも多いですから。

 

そういう意味でいうと、自己分析は企業選びと関連させて行わなくても良いかもしれません。自己分析は先ほど言ったように、自己PRなどにおいて主に必要になります。自己PR以外でも、面接で聞かれる質問の中には、自己分析をしておくと答えやすくなるようなものもあるので、あらかじめ自己分析は多少はやっておくと良いかもしれません。自己分析自体は別に何か道具を使わないといけないものではないです。紙に書いたり、頭の中で考えたり、リクナビマイナビにそういった自己分析ツールがついているかもしれないので、そういったものを利用しても構わないでしょう。面接では難しい質問もされますが、ある程度一貫性のある答えをしていくためには、自分という人間を自分自身で理解していないといけないでしょう。つまり、自己分析によって自分の特徴を自分で理解しておくことが大切なのです。それができていれば、ちょっと答えづらい質問がきても、自分ならどう考えるか?どう判断するか?というのが、答えとして、自分なりの正義として導き出しやすいのです。そういった意味もあって、自己分析はある悌夫大切なのではないでしょうか?

 

これから就職活動を行っていくときには、「ココナラ 」というサイトが1つオススメです。ここはネット上のいろいろなサービスを売買するためのサイトで、キャリア・就職・資格のカテゴリーでは、就職活動に関するサービスも売られています。例えば、どんなものがあるのか?というと、企業で実際に人事をやっている人や内定を手に入れた元就活生などがサービスを販売していて、履歴書やエントリーシートを見せて、受かるためにアドバイスをくれたり、添削をしてくれたりといったサービスもあります。就職活動の当事者ですから、かなり詳しい人が添削をして通過するように仕上げてくれます。お金がかかっているので、間違いなく真剣にやってくれるでしょう。どんなサービスも基本的に500円で利用可能とかなり安いので、今紹介したのはほんの一例で、これ以外にもいろいろなサービスがありますから、良かったらどんなものが売っているか?見て欲しいと思いますし、参考にしてくれればと思います。

 

 

あわせて読みたい記事