読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活の面接で「最近、気になったニュースは?」の適切な考え方

就職活動
【スポンサードリンク】

就職活動をしているときには、いろいろ質問を面接で受けることになるでしょう。そして、結構予想もしなかった質問が飛んでくるケースもあります。それは例えば「最近気になっているニュースは?」というものです。これはいろいろな企業で聞かれる可能性があります。こういった質問をする理由としては、その学生が普段からどういったものに興味があるのか?という人柄を判断する部分もあれば、どういう考え方をしているのか?という部分をチェックしたいという思惑もあるのではないでしょうか?そのため、多くの企業では同様の質問をしているはずです。この気になったニュースというのは、どういうジャンルが良いのか?ということを気にしているかもしれません。この質問が茶番じゃないという前提に立つならば、どんなジャンルでも構わないと思います。よく志望する企業の業界のニュースを話した方が良いとする声もありますが、実際、その業界のニュースをあえて持ってくるような人は、かなりの確率でニュースを選んでいますよね。

 

本当に気になっているニュースがそれ?っていうようなものがあると思うのですが、人事が聞きたいのはそういうことなのでしょうか?ある程度人柄や本音を見たいと持っているならば、空気を読んでそういう同じ業界のニュースを持って来ても嬉しくないでしょう。もっとスポーツとか、芸能とか、そっちが好きなんじゃないの!?と思っている人もいるのではないでしょうか?空気を読んでニュースをチョイスすると、就活生の人柄や考え方がイマイチ見えません。それに普通に考えたら、そんなニュースに学生が興味持つ?というようなものを持ってきた場合、あ!この人は興味もないけど、このためだけに用意してきたんだなと思われる可能性もあります。私が人事ならそう思う。それを確かめるためにかなり厳しく追求をすると思いますけどね。ただ、興味のあるニュースを聞いて終わりではなく、それについてのあなたの考えは?といったものをかなり詳しく、何度も聞いていくのではないでしょうか?

 

そうやって、本当にそのニュースが、あなたにとって気になっているものなのか?を判断するのでしょう。だから、興味が本当にあるものじゃないと、ぼろが出やすいというか、答えるのに躊躇したりすると、これは本当に興味があるニュースなのか?この質問のために捜してきたんじゃないのか?と思われるかもしれません。また、「最近になるニュース」というときの最近っていつ頃?っていうのもあるかもしれません。突発的なニュースと継続的に報道されているニュースがあるので、それもまた難しいですよね。突発的なニュースだと、報道されてから時間が経つと昔のように感じますし、ある程度長く継続的に報道されているものだと、最初に報道されてから時間が経っても、最近のことのように感じるかもしれませんから。だいたい、最初に報道がされてから数ヶ月くらいのものならば、良いんじゃないでしょうか?「最近」の定義もよく分かりませんからね。3ヶ月以内であれば良いんじゃないでしょうか?それより前のニュースでもダメなわけじゃないと思いますが、どこまで許容範囲か?というのは面接官次第なので、あまり古いものはやめた方が良いでしょう。

 

ただ、ニュースの時期もそうですけど、内容も注意してほしいです。基本的に私は特定のジャンルじゃないとダメとは思いませんが、人事にとって把握できないようなニュースではダメなんです。それは面接官の立場からして質問がしづらいからです。だから、ある程度有名というか、誰でもニュースの外洋くらいは知っているだろうという有名なものの方が良いと思います。ジャンルはともかく、有名なものを選んだ方が良いです。誰もが知っているような、有名なニュースであれば、ジャンルを問わず良いと思います。堅苦しい政治経済とかのニュースを選んでも、あなたの人柄があまり見えませんからね。それが本当に興味があって選んでいるのならば、それでも良いと思うのです。追求質問が来たときに詳しく答えることができれば、これは本気で選んできたな。と思ってくれるでしょうから。この質問はそんなに頻出というわけではありませんが、割と聞かれる可能性もあるものです。10社受ければ、1社くらいは最低聞かれる可能性があると思うので、しっかりと準備しておきましょう。

 

何度も言いますが、得意というか、自分が本当に興味や関心があって、常日頃からアンテナを張っているジャンルのニュースを選ぶようにした方が良いと思います。そうしないと、厳しく追求されたときにあうあう状態になってしまうと、それは少なくとも評価されないでしょうからね。ちゃんとそれなりに返せるような題材をニュースとして選んで行くと良いでしょう。就職活動は対策しないといけない質問がかなり多くあると思いますが、地道にやっていくしかないですね。本当に大変だと思いますけど。最近気になったニュースについても早めに考えていってください。

 
あわせて読みたい記事