リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

國學院大學の雰囲気はどう?就職や在学生の評判も紹介

【スポンサードリンク】

東京都渋谷駅に大学はいくつかありますが、その中でも國學院大學は割と最近できたキャンパスになります。渋谷駅は、立地としては非常に最高で、それ以外にもいくつかの大学がキャンパスを構えています。新宿、池袋などの副都心へのアクセスも便利で、多くの路線が使えるため、本当に素晴らしい駅だといえるでしょう。この國學院大學のキャンパスは渋谷とたまプラーザの2つがあります。たまプラーザは神奈川県横浜市青葉区ですかね?割と駅の近くにあります。たまプラーザはあまり馴染みのない方も多いかと思いますけど、私は何回も行ったことがあって、國學院大學のたまプラーザキャンパスも1回か、2回か忘れましたが、行ったことがあります。普通に綺麗な住宅街の中にあって、大学のキャンパスがある雰囲気ではないのですが、結構綺麗なところだった印象があります。人間科学部など、一部の学部だけですね。

 

ほとんどの学部は渋谷キャンパスにあるので、メインはこちらになります。渋谷キャンパスの画像はネットで調べてみれば分かりますが、割と最近できたキャンパスということもあってか、綺麗ですし、それなりのビルがいくつか並んでいるような雰囲気で、荘厳な洗練された雰囲気を感じます。大東文化大学の板橋キャンパスに似ているような気がします。結構過ごしやすそうな感じがします。渋谷駅から徒歩で通えるみたいですから、やっぱり多くの学生や受験生にとっては人気でしょうね。4年間渋谷で学べる人はかなり恵まれた大学生活が送れると思います。國學院大學というと、文学部のイメージがあるかもしれませんが、近年は法学部、経済学部のレベルも上がってきていて、偏差値も上に位置してきています。成成明学あたりの大学と遜色ないレベルにまで上がってきています。だから、どの学部もそれなりに難しいと思います。

 

渋谷キャンパスは文学部、法学部、経済学部など、限られた学部だけなので、学生の数はそんなに多くないでしょう。だから、人が溢れているとか、そういった感じではないと思います。ただ、在学生の話によると、学食のスペースがそんなに広くないので、昼時はかなり混みやすく、ここで食事をするのは厳しいと思います。ただ、渋谷駅なので、食べる場所はいくらでもあります。高いお店もありますが、マクドナルドや松屋のような安いファストフードのお店もあるので、お金をかけないで食事をすることも可能です。時間をずらして食堂で食べるというのもできます。あと、学部によるかもしれませんが、授業に出席するときにはカードリーダーを使うので、学生証が必須みたいです。かなり最新式のシステムを使っているみたいですね。出席表に名前を書くとか、そういった方法ではないみたいですね。真面目に勉強している人とそうじゃない人もいますから、授業中には若干の騒がしさは感じるかもしれません。どこの大学も同じですね。渋谷という立地に魅力を感じて受けに来る人もいると思いますから。

 

先ほども言ったように、学部の数は多くないので、そんなに窮屈な感じはしないと思いますし、過ごしやすいのではないか?と思います。賑やかな感じではないかもしれませんが、落ち着いた空気感の中で勉強ができるのではないでしょうか?渋谷駅が近いので、当然遊ぶ場所はたくさんあります。お店や施設も充実していて、渋谷からいろいろな地域へ足を運ぶこともできます。そして、文学部が有名ということもあってか、図書館がとても充実しているという声もあります。図書館はあまり利用しない人もいるかもしれませんが、使いたい人にとってはかなり重宝します。その図書館が充実しているのは大きいでしょう。こういう大学にしか置いていない本とか、無料で読める本として種類が多いのは長所になるでしょう。そして、キャンパス自体が新しいので、当然図書館も新しいです。そのため、綺麗な環境の中で利用ができます。本を読むためじゃなくて、勉強用の場所として、または昼寝用の場所として過ごす人も多いのが図書館で酢~、その図書館が売りというのは大きいですね。キャンパスが新しいっていうのは、大きなメリットが大きいですよ。

 

國學院大學は学歴でいえば、中の上くらいなので、学歴フィルターとかにもひっかかる可能性は低いと思います。就職実績はそれなりだと思いますが、学歴で特に有利になるということもないと思います。就職活動に関しては、自分の力で切り開いていかないといけない部分も大きいですから、底で自分がどれだけ頑張れるか?というのは大きいです。良い大学だと思いますし、雰囲気も立地も優れていると思うので、受験生で國學院大學を目指しているという方は是非頑張ってほしいと思います。難しいとまでは言えるか?どうか分かりませんが、偏差値は55~57くらいでしょうかね?それなりには難易度高いので、しっかりと勉強をしていきましょう。

 

國學院大學を目指している方であれば、「リクナビ進学」から無料で大学案内のパンフレットが請求できます。このパンフレットは、國學院大學の入試に関する情報を細かく載せており、入試方式ごとの配点、募集人数、科目や過去の入試結果のデータなどの載っているでしょう。そして、キャンパスライフはどういう感じなのか?自分が入学したら、どういう大学生活を送るのか?という部分についても書かれているのではないでしょうか?ゼミやサークル、普段の授業、卒業後の進路、キャンパスの中の雰囲気などが分かりやすい内容になっていると思います。ホームページにも載っていない情報も含まれていると思いますし、こういった資料を請求すると、より國學院大學への魅力が理解できますし、勉強などにも身が入りやすくなって、結果合格可能性が上がるかもしれません。そういったメリットもあると思います。リクナビ進学のトップページの検索窓から「國學院大學」と入れてもらって検索すると、「パンフをもらう」というリンクがあると思うので、そこから必要事項を記入すると自宅に届きます。無料なので、良かったら参考にしてみてください。

 

《高校生注目》リクナビ進学で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事