リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

都内で一人暮らしの大学生による部屋探しの平均家賃と間取りは?

【スポンサードリンク】

大学生は実家から通う場合もあれば、一人暮らしをして、そこから通うケースもあると思います。その場合に特に都内に住むとなったときに、考慮しないといけないのはやはり家賃です。東京の大学に通うという場合には、やはりどうしてもそこがネックになってしまいます。多くは親が払うケースが多いと思うので、本人はバイトなどをしなくてもなんとかなるケースも多いでしょう。ちなみに、多くの学生は少しでも場所が良くて、広くて、新しくて、設備も良い、安い部屋を探しています。皆さんもそうかもしれませんが。だから、入学が決まっている方は早めに動いた方が良いです。一般入試で受ける人は2月後半くらいにならないと決まらない可能性もありますが、推薦、AO、指定校推薦などは、早くから決まりますから、1日でも早く動いた方が良い物件を見つけられますよ。東京の場合には、物件の種類が多いので、希望の部屋は見つかりやすいですが、そこの家賃がいくらか?というのが大きいので、安い家に住みたいのであれば、早めに見つけた方が良いです。

 

また、同じ大学に通う学生のうち、一人暮らしをする方はいち早く近くの物件を探し始めているので、早くしないと、近いところで条件の良いところは埋まってしまっている可能性があります。みんな同じことを考えますから。そうなれば、電車に結構離れたところに住まないといけないケースもあるので、本当に早く動いた方が良いということを何度も言っておきます。都内は大学も多いので、多くの新1年生が都内で物件を探しています。都内の家に住んでいる一人暮らしの大学生の家賃の平均がどれくらいか?ご存知でしょうか?都内はやはり平均も高いです。大体6万円程度です。全国になると、恐らくもっと下がるのでしょう。収入がほとんどない方であれば、6万円なんか無謀なんですが、だいたい6割の人は親が払ってくれるそうなので、この数字になるわけですね。残りの人は自分でバイトして稼ぐということになるのでしょう。多くの人は仕送りをして、それで家賃などの生活費を払っていて、自分でもバイトして、そのお金は好きに使っているというケースもあります。

 

これから東京で賃貸物件を探すときには、この平均6万円を目安にすると良いでしょう。平均が6万円ってことは、家賃が東京は高いということがよく分かると思いますが、最低でも5万円くらいは覚悟しておかないと見つからない可能性があるということですね。多くの学生はワンルームを選んでいると思います。それか1kじゃないでしょうか?1DK以上の広い部屋は、家賃がそれだけ高くなり、6万円じゃ収まらない可能性も高くなるので、それだけ高い家賃を払える過程じゃないと無理です。だから、現実的には多くがワンルームか1Kを選んでいるのです。ワンルームや1Kでも、部屋の面積がそれなりにあれば、そんなに狭くは感じませんよ。都内の家は新しくて綺麗な賃貸物件が多いので、満足する建物も多くあると思います。そして、それなりに広いですし、ちゃんと風呂がついている物件も多くあるので、そういった点に着目すれば、部屋が1個しかない点は大して気にならないでしょう。部屋が1つでも、その部屋がある程度の広さあれば、結構快適ですよ。

 

東京都内は、非常に物件数が多いので、これから探し始めようとする方であれば、かなり大変だと思います。できるだけ多くの物件を見た方が失敗が少ない、後悔のないように選べるので、私はネットの不動産屋さんを使うのが賢明かな?と思います。例えば、「ノマド 」があります。ここはネットから東京23区内の物件を特に検索できるサイトになります。このノマドは以前はヘヤジンプライムというサービス名でしたが、別の会社のサービスと統合して、より便利に充実したサービスになったのです。東京都23区内で部屋を探している方であれば、かなり使えると思います。なんといっても仲介手数料がかからないのですから。仲介手数料って、不動産屋さんを利用して物件の契約が決まると、紹介料として不動産屋さんに一定金額を払わないといけません。それはだいたい1ヶ月の家賃と同額です。つまり、6万円の家賃の家に決まれば、6万円が別途かかるということになります。その仲介手数料が、このノマドでは一切かかりません。つまり、6万円か?は分かりませんが、それに近い金額が丸々浮くということです。これだけの金額が浮けば、それを部屋の中を彩る家具や家電の購入費用にも充てられますし、大きいでしょう。

 

また、他にも凄いところがあって、このノマド以外の不動産屋さんで見つけた物件があれば、それをどこで紹介してもらわないで、ノマドにこんな物件があるんですけど?とリクエストすると、ノマドで紹介をしてもらえて、その際にも仲介手数料はかかりません。つまり、ノマドで探しても、他で探しても、どこで見つけた物件でも、最終的にノマドを利用すれば仲介手数料はかからないのです。このノマドは2週間は無料で利用できるので、他の不動産屋を当たる前に、ここで探してみるのがまずは賢明でしょう。そこで2週間以内にいい物件が見つかって契約に至れば、お金がほとんどかかりませんから。2週間を過ぎた場合には、お金を払って継続利用するか(月額840円なので、仲介手数料を支払うことに比べたら全然安い)、ここは辞めて別のところで探すか?選べば良いと思います。2週間は無料という特典があるので、その期間は利用料、仲介手数料いずれもかかりませんから、使ってみないと損を言えると思います。特に23区内の都内で賃貸物件をお探しの方は、このノマドは本当にオススメです。登録は無料なので、良かったら参考にしてみてください。ネットから賃貸物件探しを行うと、わざわざ足を運ぶ必要がないので、とても楽ですし、通常かかる仲介手数料がかからないというメリットが大きく、ネット上の不動産屋さんなので、物件の掲載数がやはりずば抜けている面もあります。非常に魅力的な部分も大きいので、今の時代はこういったネットから部屋探しをするのがもはや主流になりつつありますね。

 

仲介手数料無料、お部屋探しならノマド

 
あわせて読みたい記事