リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

入社したらやってみたい仕事、実現したいことの質問は注意が必要

【スポンサードリンク】

入社後にはどういう仕事がしたいか?そういった質問を受けることはよくあります。入社していない時点で、入社した後のことを考えないといけないのはなかなか大変ですが、割と頻出の質問なので準備しておくと良いでしょう。入社した後に実現したいことを聞くということは、どれだけその会社に対して知っているか?ということを探ろうとしている面もあると思うので、やる気や意欲、志望度をアピールするチャンスでもあります。逆にここで的外れなことを言ってしまうと、志望度が薄いのではないか?と思われたりしますし、この人は自社についてしっかりと調べているのか?と思われて一気に不採用候補になってしまうので、注意をしたいですね。きちんと企業研究をしないといけないということです。企業研究をして、一応その会社でやっている業務を具体的に挙げて、話せたとしてもそれでは不十分なこともあります。というのも、面接官は真実は告げないと思いますが、実は会社の中でも規模を拡大したいと思っている事業と縮小したいと思っている事業があるはずだからです。

 

後者の事業を挙げてしまうと、あなたがやりたいと言っても、それはできない可能性がある市、やってもあまり意味がないんだよね。と思われてしまうかもしれませんし、そうなればあまり評価はしてもらえないでしょう。つまり、ただ企業研究をして、何でも良いからやりたい仕事を挙げれば良いわけではないということです。会社としては、やってもらいたい事業もあれば、そうじゃない事業もあるということになります。それを見分けるのが難しいのです。企業としては、新しく始めたばかりの事業で、今後伸ばして機たいものや主力事業であれば、ある程度人が欲しいということになりますが、下火になってしまている事業は今後低空飛行のまま続けていくのか?辞めるつもいでいるのか?は分かりませんが、そういった事業は、基本的に新規に人を欲しがっているわけではないので、そういう事業をやりたいと言ってしまうとミスということになってしまいます。主力の事業くらいは、なんとなく分かると思うのですが、入社後にやりたい仕事で、それ以外の事業を語るときには、ちょっと注意が要るということになります。こういったときにオススメなのは企業が公開しているIR情報を使うというやり方です。

 

Naverまとめに「新卒の志望動機が思いつかない人必見!目から鱗の驚愕の書き方 - NAVER まとめ」具体的なやり方が載っていますが、これを参考にしてほしいと思います。ここでも説明しておくと、投資家向けのIR情報を見ると、事業規模が一目瞭然ということになります。投資家向けに公開されている情報を使うと、どういう事業にどれだけの予算が使われているか?というのが分かるので、それを使うと、今その企業が何に力を入れているか?がよく分かるということです。お金を使っている事業分野は当然力を入れているはずで、人たくさん欲しがっているはず。また、お金が減ってきているところは、事業を縮小しようと考えていて、人はほとんど必要としていないわけですから、それで見分けがつくということですね。詳しいやり方はNaverまとめをご覧になっていただくとすぐに分かるかと思います。この入社したらやってみたい仕事というのは、なかなか答えるのが難しい質問かもしれません。まだ上辺だけしか会社についての理解が進んでいない状態ですから。いくら企業研究をしっかりやっても、そんなに分かることは多くないと思うので、ある程度は答えられても、それが企業にとって評価対象になる回答か?どうかは分かりません。

 

だから、難しいのですが、この質問はどの企業を受けても、いずれ聞かれる可能性のある質問だと思いますから、一応考えておいた方が良いです。そのときには、上記で説明したことを踏まえて、考えていくと良いでしょう。これは入社意欲と志望度とどれだけ熱意があるか?を見ている部分もあると思うので、しっかりとアピールしないといけません。入社したらどんな仕事がしたいのか?今からイメージを膨らませて、企業研究をしっかりとやっていきましょう。そのうえで、面接対策全般をよく練って、本番の面接に臨みましょう。割と初期の段階の面接で聞かれることもあるので、早めに準備しておいたほうが良いと思います。自己PR、志望動機などとともに、非常に重要な質問なので、ちゃんと考えておいてください。

 

そして、今後就職活動をしていくときに知っておいてほしいのが「ココナラ 」というサイトです。このサイトでは、就職活動をしている学生にぴったりのサービスを販売しています。ココナラというサイトは、元々誰でも気軽に自分の能力やスキル、経験を生かしてサービスを売ることができるサイトで、就活生向けのサービスも売られているので、是非1度見てもらいたいと思います。キャリア・就職・資格のカテゴリーを見てもらうと、就職活動関連のサービスが見つかるかと思います。ここでは例えば、今実際に企業で人事をやっている人や内定を貰った元就活生などが、履歴書やエントリーシートを見せてくれれば、適切なアドバイスをして添削をしてくれるので、通過率が上がる可能性があるなど、メリットのあるサービスを売ってくれています。これは一例に過ぎず、そのほかにもいろいろな就職活動に役立てられそうなサービスが売られているので、それらを上手く活用すれば、就職活動が上手くいきやすく、面接やエントリーシートの通過率が上がったり、内定が取りやすくなるなど、大きな結果につながるかもしれません。サービスは1個500円からと安いので、気に入ったもの、結構使えそうだと思えるサービスがあれば買っても良いかもしれません。まずはどんなサービスがあるのか?くらいは見て欲しいなと思います。良かったら参考にしてみてください。

 

 

あわせて読みたい記事