リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

公務員試験の勉強とバイトやサークルの両立は可能か?辞めるべきか?

【スポンサードリンク】

公務員試験を受ける方は、まず何よりも勉強をしないといけません。筆記試験はほぼどの試験種を受けても存在するので、そのための勉強は必須と言えるでしょう。勉強期間はかなり見積もった方が良いですが、そのときには大学での勉強もありますし、そちらもちゃんと取り組んでいかないといけないはずです。大学の授業と公務員試験の勉強を両立させていくのも、実際にやってみると結構大変に感じると思います。しかし、さらにサークル活動やアルバイトもやっているという方もいると思うので、そういう方はさらに大変なことを一緒にやっていかないといけません。大学を辞めるわけにいかないでしょうけど、バイトやサークルは辞められないこともないでしょう。公務員試験の勉強のためにバイトやサークルや辞めるべきなのか?それとも、公務員試験の勉強とバイトやサークルは両立可能なのか?ここは非常に気になるポイントではないでしょうか?両立できるならば続けたいと思っていると思いますが、どうなんでしょうか?

 

これは公務員試験の勉強を始める時期やバイトやサークルをやっていて、どれだけの勉強時間を確保できるか?にもよります。一般的な市役所とか、特別区東京都庁、地方上級、国家一般職などの試験種を目指す場合、私の感覚では1年間は勉強した方が良いと思います。1日3時間程度の勉強で1年間やれば、このあたりの試験種にある程度対応ができるのではないか?と思うのです。受かる保証はありませんが、受かってもおかしくないレベルには達すると思います。そして、その勉強時間を確保できる範囲にバイトやサークルを収めた方が良いと思うのです。毎日3時間をやる必要はなく、平均3時間を確保できているならば良いと思います。つまり、バイトやサークルがある日は1日1時間とかしかできないけど、それがない日は5時間くらいできるとか、そういう方であれば、1日あたり平均3時間はクリアしているので、バイトやサークルを続けながら絵も、公務員試験の勉強を続けていって構わないと思います。ただ、それが現実的に困難な場合にはちょっと考えた方が良いでしょう。バイトか?サークルか?どちらか負担の重いほうを辞めたり、そもそもサークル、バイトのどちらかしかやっていないという場合で、それが勉強時間が確保できない原因になっているという場合には、それを辞めるという選択肢もありかもしれません。

 

ただ、1年間という勉強時間での話しなので、例えば、大学2年生から勉強をしている方もたまにいるわけです。そういう場合には2年分の勉強時間があるので、それだけ1日あたりの勉強時間は少し少なくても問題ないです。だから、1年間というのを1つの基準になると、それよりも早く始めていればいるだけ、1日あたりの勉強時間が少なくても済むので、平均3時間に届いていなくても、それを問題視する必要はないかもしれません。1日2時間とかになっていても、勉強時間が1年半とかあるなら、それでも問題というほどではないかもしれないのです。バイトやサークルもできれば辞めたくないでしょう。せっかく続けてきたものですから。ある程度楽しい気分を満喫できている場合には、やめたくないという気持ちもあると思うので、できるだけ辞めない方向で考えていきたいですね。公務員試験の勉強とバイトやサークルをできるだけ両立するための手段を考えていって、それがあれば良いですね。ただ、どうしても厳しい場合には、どちらか、または両方辞めるという手段も合格のことを考えるならば、頭の中に置いておかないといけない選択肢ではあるかもしれません。

 

バイトやサークルを辞めてしまうと、公務員試験に合格において何か支障が出るのか?と不安に感じている方もいるかもしれませんが、あまり関係ないと思いますよ。バイトやサークルをしていないとして、問題が起きるわけではないのです。バイトやサークルを辞めても、面接でバイトやサークルの話ができなくなるわけではないので。続けてきたまでの話ができると思うので、そこは不利になることはないでしょう。実際、アルバイトやサークルの話は公務員試験の面接ではよく語る人が多いので、割と使いやすい題材なのでしょう。だから、やっていると多少有利というか、話す内容によっては評価してもらえて、それによって合格が近づくということはあるかもしれませんが、必ず有利になるというわけでもないので、やっていなくても問題とも言い切れませんけど、やっていると、利用できるシーンがあるということになります。したがって、バイトやサークルをすでに経験している以上は、それがある程度は役に立つはずですし、公務員試験の面接でも話せるネタになるでしょう。

 

そういった点を踏まえても、公務員試験とバイト、サークルは無理に両立しないでも良いということになるでしょう。続けたいのならば、できるだけ通d桁方が良いというのはあるでしょうから、そこは勉強時間とバイトやサークルの兼ね合いが上手くいくか?どうかで判断していけば良いでしょう。受験生の中には、両立している人もいれば、勉強の専念するためにどちらか、または両方を辞めている人もいます。どちらも公務員試験に受かるためということを優先的に考えた結果ですから、それは選択肢の1つになるでしょう。したがって、多くの方もこれからどうするか?考えるときには参考にしてもらえればと思います。公務員試験の勉強とバイトやサークルを両立しても、どちらかに専念しても、自分でそれふが1番だと判断した場合には、どちらも間違いとは言えませんから。

 

あわせて読みたい記事