リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

すき家、松屋、吉野家など牛丼屋のバイトの面接に受かる志望動機は?

【スポンサードリンク】

すき家松屋吉野家などの牛丼チェーン店でのアルバイトをしたいと思っている方は、志望動機をどうするか?というのが非常に気になるのではないでしょうか?志望動機を考えないと、面接で採用してもらえないので、何かしらを考えないといけないのです。この場合、どういう志望動機が良いのか?というのが非常に重要で、なかなか思いつかない方も多いでしょう。こういう牛丼チェーン店の場合には、いろいろなところに店があるので、利用したケースもあるかと思いますし、その実体験を志望動機に組み入れていってはどうでしょうか?例えば、日頃からすき家松屋吉野家などどこでも良いですけど、面接を受ける店舗を利用したことがあり、そこで毎回快適な思いをさせてもらっている。とても楽しく気持ちよく利用させてもらっている。といった志望動機で構わないと思います。凄いとってつけたような志望動機かもしれませんが、バイトの場合にはそういうのでも構わないと思います。

 

実際、私は牛丼チェーン店ではないですけど、バイトの志望動機はこんな感じでしたね。それで採用されました。普段から利用していて、そこでの店員さんの接客が良くて・・・みたいな感じの志望動機だったように思います。それはスーパーだったんですけど、そこには1回も行ったことがなかったです。でも、受かりました。というか、志望動機とか、一応聞いてはいるけど、どうでも良さそうな印象に思えたんですよ。正社員とかの面接だと、志望動機1つにしても厳しい突っ込みや追及がくると思うのです。揚げ足取りにしか思えないような追及がきたりするのですが、バイトの場合にはそこまで深く聞かれるケースってあまり想像できないですね。ないとは言いませんけど。だから、例えば、店員さんのどういう接客態度が良かったと感じた?とか、そんな真偽を確かめるような、深く追求してくるケースはあまりないと思います。あるかもしれないので、一応それくらいの想定質問は考えておいても良いかもしれませんけど、志望動機にいちいちケチをつける面接官はバイトの場合は稀だと思います。

 

できれば実際に利用しておいた方が良いでしょう。お客さんとして利用しておいた方が何かと質問に答えやすいこともあるでしょうから。利用経験がなくても、牛丼屋の店員が務まらないわけではないと思いますが、利用したことがない人よりはしたことのある人の方が良いというのはあるのではないでしょうか?それは牛丼チェーン店ならどこでも良いと思います。どのお店でも、どの店舗でも、1度でも利用したことがあればバイトの勤務風景は分かっているでしょうから、それをもとに答えられる質問も多くありそうです。あとは「時給が高いから」というのも良いかもしれませんね。時給が高いんですよ。全てのお店、店舗ではないものの、この業界は以前よりも時給が上がってきています。だから、そうでもしないとバイトが集まらないという事情もありますが、それを理由にバイトに応募に来られても全然問題ないはずです。だって、時給が高い理由は何でですか?バイトを集めるためでしょう?つまり、雇う側が時給を餌にバイトを集めようとしているのだから、すき家松屋吉野家など、時給が高いから、時給が良いから応募しました!というのは、お店の狙い通りなわけです。それで印象が悪くなるとは思えないのです。むしろ、時給を上げて正解だったなと思うかもしれません。

 

だから、こういった牛丼屋のバイトで時給が高いから、時給が良いからを理由にするのはある意味合理的だと思いますよ。別に牛丼チェーン店のバイト以外でも、志望動機で時給が高いから、時給が良いからと言っても、別に問題ないような雰囲気ですよ。バイトはそこまで志望動機を重視していないので、本音を話しても問題ないという感じになっています。実際、すき家とかの時給は特に高いです。1200~1300円くらいあっても不思議じゃないです。それでもそんなに人が集まってこない雰囲気ですけどね。やっぱり、お金よりも身の安全の方が大切だという認識なのでしょうか。だから、そもそも今のすき家とかは応募したら、かなりの確率で採用される可能性がある気がします。落ちる可能性はバイト全体の中でも低い方だと思います。だから、そもそも志望動機をそこまで真剣に考えないといけない必要性が乏しく、本音をそのまま話せば十分では?という見込みもあるかもしれません。誰でも受かるわけではないですが、相対的に受かりやすいバイトの1つじゃないかな?とは思います。

 

募集しているお店はかなり多くあると思いますから、応募してみるとどこかには採用される可能性は高いと思いますが、油断はできません。バイトの面接の場合には志望動機とかの内容よりも、話し方とか、全体の雰囲気とかを重視している傾向にあるように感じますから、より良い印象を与えられるような面接の仕方を考えた方が合格率が上がると言えるかもしれません。すき家松屋吉野家といった牛丼チェーン店のバイトの志望動機は基本的には難しく考えずに、結構本音に近いことでも、そんなに飾ったことを話さなくても、十分じゃないか?と思いますから、志望動機を考えるときには少し参考にしてもらえればと思います。しかし、採用されても仕事自体はそれなりに大変だと思いますから、それは覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

あわせて読みたい記事