リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

アナウンサーの面接の内容は?何を聞かれる?聞かれることの一例を紹介

【スポンサードリンク】

アナウンサーになりたいという夢を抱えている人は数多くいると思いますが、なかなか難しいということもありますよね。テレビ局、ラジオ局など、いろいろな候補があると思いますが、それらの試験に受かるには、当然就職活動をして、面接に受からないといけないのです。その面接では、どういった内容か?何を聞かれるか?というのは、あらかじめ確認しておいた方が良いでしょう。アナウンサーの面接で聞かれることというのは、局によりますし、人にもよるのかもしれませんが、どこを受けてもだいたい共通しているものがあるはずでです。とはいっても共通しているものは挙げやすいですけど、それ以外のものについては、情報があまりないので探しても見つからないのです。アナウンススクールに通ったりすると、そういう情報はかなりあると思いますけどね。あとは実際にアナウンサーと話すような機会でもあればなお良いと思います。例えば、原稿読みというのをさせられるみたいです。全部の局ではないかもしれませんが、面接の最初のほうでは原稿を読ませて、それを見るということがあるようです。当然アナウンサーにとっては必要な部分になると思いますが、原稿読みを面接でやらすところもあるということになります。滑舌や話し方のチェックなども行われているでしょう。

 

かつ善艶は成し方についてのチェックは、面接の原稿読みだけではなく、面接全般に関して見られています。面接を通して、テレビやラジオに出しても問題ない程度か?どうかのチェックをするのでしょう。ただ、この時点で完璧にこあしておく必要はないと思います。当然、内定後も研修があるわけですから、そこで発声練習や滑舌、話し方のチェックなどが行われて、特訓を受けるはずなので。この時点ではそんなに高いレベルのものを持っていなくても、とりあえず練習をすれば、満足いくレベルには届くだろうと見込めるくらいのものがあれば良いのではないでしょうか?アナウンススクールとかに通っていない人でも民法のキー局から内定をもらっている人も過去にはいますし。だから、アナウンス力があればあるに越したことはないけど、秀でていないといけないわけでもないと思います。そして、アナウンサーの面接で何を聞かれるか?については、間違いなく聞かれるのが志望動機になるわけですが、この志望動機は、やはりアナウンサーになりたい理由とともにきっかけが大切だったりします。志望動機とアナウンサーになりたくなったきっかけはちょっと似ていると思うんですよね。志望動機は別途聞かれると思うんですけど、アナウンサーを目指した理由についても聞かれるでしょう。

 

志望動機はアナウンサーになりたい理由であって、アナウンサーを目指したきっかけとは同義ではないこともあります。アナウンサーになりたい理由は、自分がアナウンサーに憧れている部分を話すというよりは、そもそもアナウンサーになって、その受けている会社に貢献できる理由を話す部分でもあります。会社がアナウンサーを採用する理由は、その人が入社することによって会社に貢献してくれるという期待があるからです。だから、戦力になってくれる人間じゃないとダメなのです。だからこそ志望動機は自分がアナウンサーに向いている理由にも近いと思います。自己PRと絡ませて、自分がこういう能力や経験を持っているので、アナウンサーになると、御社に貢献ができる。だから、私はアナウンサーになりたい。そういう流れになると思います。そして、アナウンサーになりたいと思った動機やきっかけは別途必要になるでしょう。それも面接等で聞かれる可能性がありますし、それこそが自分がアナウンサーになりたいという熱意そのものを表したものなので、志望動機よりも十分大切という見方もできるかもしれないのです。ただ、どうしてアナウンサーになりたいと思ったのか?という部分については、もちろん正解なんかないんですけど、面接官とかの印象で優劣が生まれがちになるかもしれません。

 

正解がないんだけど、聞いている側としては、印象が良いものとそうじゃないものがあるはずです。例えば、よくあるのは実際に大学生時代にテレビに出ていたとか、そういう経験があって、それによってテレビやアナウンサーというものを身近に感じて、興味を持った。というものです。結構、アナウンサーになるような人って、大学生のときとかにテレビに出演経験があったりするんです。特に女性は。別にこういったものじゃなくて良いんですけど、これはでも嘘をつかない方が良いでしょうし、難しいところですね。どういうものが印象が良いのか?というのは分かりません。ただ、過去にテレビ、またはラジオ、そしてアナウンサーに触れるような機会があって、それによって自分もアナウンサーを目指したくなったというきっかけは誰にでもあるのではないでしょうか?これは「アナウンサーを目指した理由を教えてください」と聞かれたときに答えると良いと思うのです。つまり、アナウンサーの志望動機とアナウンサーを目指した理由は別に考えた方が良いような気がします。アナウンサーの志望動機は、アナウンサーになって、その受けた会社に貢献できる理由、アナウンサーになりたい理由は、そのままで、アナウンサーを目指したきっかけ出を答えると良いのではないでしょうか?志望動機でアナウンサーを目指した理由のようなことをそのまま答えてしまっても評価するところもあるかもしれません。就職活動全般では、志望動機っていうのは、入りたい理由とは違う。ということも結構言われています。何が正解か?は断言できませんが、私はそれが結構正しいんじゃないか?と思えてくるのです。

 

アナウンサーの面接では、特にフジテレビ、TBS、日本テレビテレビ朝日などのキー局なんかでは、かなりキャラクターというのでしょうか?人柄もかなり見ようとしていて、それに関する質問が飛んでくる可能性があります。アナウンサーが面接で実際に聞かれること、聞かれた質問って、あまり情報がないんですよね。しかし、フジテレビのあるアナウンサーが実際にアナウンサーの面接で聞かれることとして、「カラオケの十八番は何?」があったらしく、それに答えたら、「じゃあ、ワンフレーズ歌ってみてよ」と言われたそうで、フジテレビらしいといえばそうなのかもしれません。だから、局によって聞かれる質問って全然違うと思うんですけど、そうやって、かなりその人の人柄を見極めようとする質問も飛んでくる可能性があると思います。そういったテレビ局は確かにバラエティ番組とかでも通用するような、それ以外の番組でも個性が発揮できそうな独特のアナウンサーが多いように感じます。面接はだいたい5回程度はあるんじゃないでしょうか?受けるところにもよりますが、かなり多いでしょうし、そこまでたどり着く前にエントリーシートや筆記試験などで大分絞っていくでしょうから、かなり長い道のりです。アナウンサーの面接の内容や聞かれることの例をちょっとだけ紹介しましたが、アナウンサーの面接は受ける局が変わると、結構内容が変わるので思うので、傾向を探るのは難しいです。あまり詳しい話ができなかったように思いますが、ご了承ください。

 
あわせて読みたい記事