リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

エントリーシートの写真のサイズが合わない!大きい、小さいと不利になる?

【スポンサードリンク】

就職活動などにおいて、履歴書やエントリーシートには、自分の写真を貼らないといけない場合があります。証明写真や写真屋さんに撮ってもらったものがあると思いますが、それを貼るときに、最初からちゃんとした適性のサイズに切り取ってあるモノの場合は良いですけど、そうじゃない場合もあるので注意が必要です。特に、証明写真の場合には、ちゃんと写真のサイズは適性のサイズ、3×4cmになっていることが多いと思いますが、そのサイズごとに切り分けられているのではなく、自分で台紙から切らないといけないため、そのときにサイズがおかしくなってしまうケースがあります。台紙から切り取るときには、真っ直ぐ切らないといけないので、カッターなどを是非使って、ほしいと思います。証明写真を真っ直ぐ切ることができないと、歪んでいて、雑な印象を与えてしまいますし、見た目もよくないですから。あと定規を使ってまっすぐ切れるようにしていきましょう。

 

では、その結果、履歴書やエントリーシートに貼るサイズよりも小さくなってしまったらどいでしょうか?エントリーシートよりも写真のサイズが小さいとなると、あらかじめ書かれている枠が見えてしまっているということになりますよね。そうなると、明らかにサイズがエントリーシートなどが要求しているものよりも小さいと分かってしまうので、あまり相応しくないですね。そういう意味では、まだエントリーシートよりも写真のサイズが大きい方がマシだと思います。サイズが大きいというのは、一応枠が隠れることになりますから、サイズが合っているか?間違っているか?っていうのは簡単には判断できません。写真を剥がしてみて、枠のサイズと比較したら分かるかもしれませんが、そんなことはいちいちしないでしょうから、まず分からないのです。したがって、写真のサイズが枠よりも大きい場合には、小さい場合よりも問題にはなりづらいです。でも、あまりにも大きければ、さすがに気付くと思うのです。だから、数ミリ程度の大きいという差ならば、それを見た人事担当者もまず大きいことには気づかない。または大きいとしても大して気にしないと思います。写真のサイズが小さい場合も、大きい場合も、ほんの少しでもあれば気にしないで良いと思いますまず3開けるよ。ほんの少しっていうのがどのくらいまでOKなのか?という問題もありますが、そこは自分の判断でするしかありません。

 

就活のエントリーシートや履歴書での写真のサイズはだいたい3×4c、になっていると思うので、少なくとも証明写真で普通に撮ればそのサイズになるはずです。写真屋さんで撮った場合には、どういうサイズになるか?ちょっと分かりませんが、基本的には証明写真と同じサイズになっていると思いますよ。また、就職活動で使うといえば、そのサイズにしてくれると思います。たまにエントリーシートで、3×4以外のサイズ、もっと大きめのサイズの写真を貼らないといけないようになっているような企業もたまにあることはありますが、滅多にはないので、まず3×4のサイズの写真を用意しておけば問題ないかと思います。証明写真では、3×4より大きい、もう1つのサイズを確か選べるようになっていたと思うので、もし大きめのサイズの写真が必要なエントリーシートだった場合、企業に当たった場合には、そちらのサイズで証明写真を撮ってもらうしかないのではないでしょうか?基本的には3×4のサイズでどこも対応できるとは思いますけどね。

 

そして、履歴書やエントリーシートに貼る写真のサイズは、丁寧に切り取りをすれば、まず小さくなったり、大きくなったりすることはないと思うのです。それは先ほど言ったように、カッターと定規を使って切ればいいからです。なんとなくやり方は分かるかと思いますが、証明写真は3×4のサイズに最初からなっているので、写真の縁に沿って切れば良いだけですから。写真を切りたい線にそって定規を当てて、そこをカッターで切れば狙ったとおりに切ることができるはずですから。最初の狙いを間違えていなければ、これでちょうどジャストサイズになるはずです。それでも履歴書やエントリーシートの枠からはみ出るとか、枠より小さいという場合には、その枠のサイズがおかしいという可能性も一応あります。ただ、枠がオカシイ場合には、ちゃんと規定のサイズになっているならば、それで問題ないでしょう。そうやって就活の履歴書やエントリーシートの写真のサイズを合わせていってください。エントリーシートの写真のサイズが合わないとしても、先ほど言ったように、極端じゃなければ問題ないと思います。エントリーシートの写真のサイズがわずかに間違いとか、誤差であれば寛容というか、さすがにそんなに几帳面な人事はいないと思うんですよね。

 

エントリーシートや履歴書の写真の貼り方やサイズの問題はそこまで間違いをしなければ、大きな問題にはなりませんし、不利にもならないとは思います。ただ、実際に張ろうとしてみてエントリーシートの枠と合わないというケースがあれば、大きい場合には調整した方がベストです。小さい場合には調整のしようがないので、少しの誤差ならばそのまま貼っても良いかもしれないですね。自分の中で許容できる誤差か?どうかを判断しないといけませんけど。エントリーシートに貼る写真のサイズが合わないというのも、結構多くが経験していると思いますけど、そのときの判断は自分の考え方で決めないといけません。やり直しすべきか?そのままでも良いか?やり直すときには手間がかかって面倒という気持ちも少なからずあるでしょうし、そこが難しいんですよね。私は許容できる範囲だったら、そのままエントリーシートや履歴書を企業の出しますね。

 

就活で使うナビサイトはいろいろなものが登場してきており、多くが知らないサイトの中にも実はかなり使えるところもあるので知っておきましょう。その1つが「ニクリーチ」というサイトで、ここは従来のナビサイトとは違って、企業が学生をスカウトするタイプのサイトになります。企業が興味のある学生を探して、その人に直接メールなどを送って自社を受けてみないか?とスカウトをするわけです。こういったサイトのメリットとしては、自分に興味を持っている会社を受けることができるというところにあります。従来は学生が企業を検索して、気に入ったところにエントリーしていく流れのため、企業が自分を気に入るか?どうかは分かりません。選考を通じてアピールをして、自分に興味を持ってくれることを願うしかありません。しかし、ニクリーチでは、仮にスカウトが来ればその企業は自分に興味をすでに持っているわけですから、その企業を受ければ内定を取れる可能性はちょっと高いと言えるのではないでしょうか?そういう企業で出会える可能性を作ってくれるサイトになるわけです。

 

ニクリーチではいろいろな業界や企業からスカウトがくる可能性があるので、自分でも予想していなかった、関心もなかった業界や企業が自分の適性を見出してくれて、スカウトを送ってきてくれるようなことも考えられるので、就活における視野が広がり、それによって自分の可能性を広げてくれる可能性があると思います。スカウトが着たら、そのスカウトを受けるか?決めて、その会社を受けてみたいと思ったら、事前に会社の人間と一緒に食事などをして、そのときに聞きたいことを全て質問をしておくことができますから、より安心して選考に臨んでいけて、入社をすることができると思います。会社の人間と直接会って話ができるとともに、会社の人に対して直接アピールなどができますから、やはりその点はその会社を受ける他の就活生よりも有利になると言えるでしょう。つまり、内定を取れる確率がこの点においても上がると言えるかもしれません。スカウトが絶対に来るとは言えませんけど、スカウト機能を持ったニクリーチを上手く利用すれば就職活動でのいろいろな可能性が見えてくるでしょうし、すでに使っているナビサイトがあるならば、それと併用することも問題ないでしょう。無料で利用できるので、良かったら参考にしてみてください。

 

 

あわせて読みたい記事