リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

新卒の就活の面接!あなたにとって仕事とは何か?働くとは何か?の質問の答え方の例

【スポンサードリンク】

就職活動で聞かれるかもしれない頻出の質問で、「あなたにとって仕事とは何ですか?」とか、「あなたにとって働くとは何ですか?」という質問があります。これは結構いろいろな会社で聞かれている可能性もあるので、準備をしておいたほしいと思います。この質問をする意図は、単純に言ってしまえば、仕事や働くということをどういう風に捉えているのか?その価値観を知るために質問をしていると考えるのが自然でしょうか。普通に考えたら、答えがない質問で、答え方も無数にある質問なので、何をどう答えても良いということになるかもしれませんが、だからこそ、結局価値観によって答えがそれぞれの就活生で分かれるじゃないですか?だからこそ、それぞれの人の考え方を如実に知りやすい質問とも言えるのです。実際、この質問に対してはどうやって回答をしていけば良いのか?というと、これはちょっと難しいですよ。というか、難しくはないんだけど、いろいろな答え方があるだけにどれをチョイスするか?で許斐も変わりますから。

 

本当に会社が学生の価値観や考え方を知りたいと思って質問しているならば、その会社が思っている価値観にそぐわない回答は不採用になる可能性もあります。やっぱり考え方や方向性が合わない人間を採用しても、会社が上手く回るとは思えないからです。そのため、こういった質問は結構運ゲーになる可能性も高いです。答えが無数にあるので、何を答えても別に構わないと思います。結果、その答えが企業の価値観にどの程度合致するか?の話なので、どれを選んでも良いとしか言えないのです。しかし、客観的に見てあまりにも社会常識から外れたような回答をすると、これは不採用確率を自分から上げているという可能性も高いので、おすすめしません。一般的な常識から言って外れていないか?どうかの判断はある程度できると思うんですけど、そこも考えながら回答を練っていきましょう。ポイントととしてはできるだけ具体的な方が良いような気がします。「仕事とは、顧客に対して新たな価値を創造して、提供していくもの」みたいなものは、結局何が言いたいのか?なんとなくしか分からないのです。そういう方向性の答え方でも良いものの、できるだけ具体的な場面などを出して話した方が良いと思います。

 

私であれば、「世の中を感謝で回すための潤滑油」みたいな感じで答えるかもしれません。もちろん、具体例を出して話しますが、自分がした仕事っていうのは、どこかで誰かの役に立っている可能性が極めて高いです。というか、誰かの役に立たない仕事を探す方が難しいと思います。そして、仕事をするってことは、顧客に対してサービスや財を提供することによって、その人の役に立ち、その人から感謝される。そして、自分が会社で働くことで、会社の役に立ち感謝される。そして、働いた分の給料を貰い、自分が会社に感謝をする。給料を貰うための仕事をくれた顧客に対して、自分も会社も感謝をする。仕事を通じて、自分、会社、顧客の3社の間で感謝がどんどん生まれて、循環していきますね。これが私なりの仕事の捉え方ですし、働く意味にもなります。私が就活の面接で「あなたにとって働くとは何か?と聞かれたら答え方としては、こういった感じになると思います。これは一例なので、参考にしてもらっても構いません。ただ、評価されるか?どうかは知りません。企業によっても違うと思いますけど。これ以外にもあなたにとって仕事とは何か?の答え方の例はいくらでもありますよ。

 

最終的には自分が正しいと思ったものを選んで、企業によって使い分けたり、同じものを言い続けても構いませんが、その結果受かる企業、受からない企業が出てくると思います。全部の企業が同じ価値観ではないので、そりゃそういう結果にはなると思いますが、それはしょうがないです。答えがない以上は、何を話せば良いのか?は誰にも分からないのですから。新卒の就活では、こういう答えるのに困るというか、正解が決まらないために悩む質問は多いですよ。面接はその場で考えないといけないので難しいですが、今回のような就活の面接での「あなたにとって仕事とは何か?」の質問は割と頻出で、よく聞かれるので答え方を事前に練っておいた方が良いですし、それ以外の質問で同様の悩みそうな質問かつ頻出のものはピックアップしておいて、あらかじめ答え方を考えておいた方が、スムーズに面接が進められると思うので、そういった対策もやっておくと良いです。就職活動で聞かれる質問は、何らかの意図があるはずですが、それらの質問の中には上手い答えがなかなか思い浮かばないような、難解な質問もあると思うので、そういったものにもできるだけ対応できるように、事前にある程度考えておきましょう。でも、どうしても事前に対策をしていなくて、そういう難しい質問がきたら、考える時間を貰って大丈夫だと思いますし、焦って回答しない方が良いでしょう。新卒の就活の面接で聞かれやすい、あなたにとって仕事とは何か?働くとは何か?についての質問は割と想定しやすいですから、絶対に準備をしていきましょう。

 

あわせて読みたい記事