リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

国税専門官の面接で受かる人、落ちる人を分ける質問は志望動機の信用力

【スポンサードリンク】

国税専門官の面接では、ある1つのポイントがあると思います。それは面接で、面接官が実際にそこを執拗に聞いてくる可能性もあるわけですが、そもそも何で国税専門官を受けようと思ったのか?という点です。これはいわゆる志望動機になりますが、国税専門官の場合には、志望動機の捉え方が他と違うと思うのです。それは労基や財務専門感にも言えるかもことかもしれませんが。具体的に言うと、国税専門官って、普通に生活していたらまずかかわることがない職業、公務員だと思うんです。仕事をしていたら関係あるかもしれませんが、多くは大学生が受けるので、彼らにとって国税専門官って、知らない存在だと思うんです。公務員を目指したときに、選択肢の1つとして国税専門官という試験種があるんだ!ということを初めて知る人もいると思います。そうなれば、国税専門官を目指してくる人に対して、何でそんな一般的に普及していないような職業を目指すようになったの?という疑問があるのでしょう。そこで本気度を試す意味もあるかもしれません。

 

普段、全くかかわりがないような職業は、そもそも何をする仕事なのか?何が使命なのか?すらも分かっていない人が多いと思うのですが、その状態からなぜ国税専門官を目指そうと思ったのか?ただの併願先の1つとして受けているだけじゃないのか?という疑問を払拭するために、志望動機や仕事内容への理解を問うような質問がどんどん来る可能性があります。それはストレートに聞かないで、質問の仕方をちょっと変えて何度もする場合があります。それらの質問に1つ1つ丁寧に納得できるように回答しないといけないので、大変なのです。国税専門官の面接で受かる人というのは、ここがしっかり回答できている人じゃないでしょうか?別に立派である必要はないと思っていて、国税専門官の仕事や使命に対して理解をしていて、そのうえで働きたいと思えているか?そこが見えている受験生は評価され、併願先の1つとして受けにきているのかな?と思われた受験生は落ちる可能性が高くなるのではないか?と思います。国税専門官の面接はそういった部分で、受かるか?落ちるか?が決まると思います。

 

だからこそ、この2つはしっかりと対策しないといけないのです。国税専門官の志望動機と仕事内容はきちんと理解しています!そのうえで私はここで働きたいのです!と面接官に訴えるつもりで、面接対策をしていきましょう。国税専門官の志望動機では、そういった部分を特に入れていく必要があると思うので、国税専門官は税金の徴収、利用に関してのプロフェッショナルで、国を円滑に機能させるために税の信頼の確保と正確な徴収、そして利用に向けた取り組みを行っている仕事ということが言えるかと思うのですが、結局、税金を正しく扱うために必要なのが国税専門官です。そこで、志望動機としてはなぜ税金が必要なのか?その必要性を自らが体感したようなエピソードがあれば、それは国税専門官にその人が興味を持っても不思議ではないと思うので、そういう角度から話していければ良いと思うのです。国税専門官を身近に感じたことはなくても、税を身近に感じたことってあるのではないでしょうか?道路、図書館、救急車とか、身の回りで税金によって運営されているものってたくさんあると思うのですが、過去に自分が税金によって助けられた、税金があって良かったと思えるような話があれば、それを志望動機に組み込むというのは1つの案だと思います。

 

そういう経験がない人よりもある人の方が、税金の大切さを実感できるはずですよね?つまり、税金に対してより大切さを理解しているので、そういう人ならば、国税専門館という職業に興味を持って働きたいと思っても不思議じゃないですし、実際に真面目に働いてくれるという期待も持てると思います。国税専門官の志望動機の作り方としては、1つの例になりますから、これじゃなくても良いですけど、良かったら参考にしてもらえればと思います。国税専門官に受かる人というのは、志望動機がとにかくしっかりしているというのは大前提ですけど、後はそれ以外の質問で国税専門官はどういう使命に基づいて、何を目的として、どういう仕事をしているのか?その仕事にあなたは耐えていけるか?という点も十分見られているでしょう。国税専門官は離職率が高いと言われているので、国税専門官の面接に受かるには、辞めない人間であるという点も重要なのです。国税専門官の人事院面接は倍率は高くはないけど落ちる人はたくさんいるので、本当にしっかりと対策をしていかないといけないのです。国税専門官はこの人事院面接に合格すれば、後は内定はかなり近いので、筆記試験を頑張って、後は面接を1回乗り切る気持ちでいきましょう。その後の国税専門官の採用面接も絶対に落ちないわけじゃないですけど、かなり採用される確率は高いですから。国税専門官の面接対策は熱意を示す志望動機と仕事内容への理解を表していけるようにしましょう。

 

あわせて読みたい記事