リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

立教大学社会学部の偏差値も難易度も高いが、人気も評判も良いため難しいと言える

【スポンサードリンク】

立教大学の学部は池袋キャンパスにあるものは総じてレベルが高く、なかなか受からないケースが多いでしょう。池袋には多くの主要学部が集まっており、その中でも立教大学社会学部は非常に評判も高いです。社会学に関して学ぶ学部って、そんなに多くないですから、こういう存在は貴重なのかもしれません。立教大学社会学部は、偏差値は60か61くらいかな?という印象で、MARCHの中ではかなりレベルが高い方だと思うので、頑張って勉強しないとなかなか受からないでしょう。立教大学社会学部は社会学科、メディア社会学科、現代文化学科に分かれており、どれも難易度は高いですけど、どの学科も非常に楽しそうですね。社会学って、好きな人はかなり好きですからね。では、この立教大学社会学部に受かるにはどうしたら良いのか?受かりたい方はどうやって勉強していけば良いのか?については、やはり入試科目をどれもレベルの高いところまで持って行く必要があるでしょう。できればどの科目も偏差値60あたりを目安に頑張ってほしいと思います。

 

立教大学社会学部の入試科目について紹介すると、全学部入試と一般入試がありますけど、立教大学社会学部の全学部入試と一般入試は基本的に入試科目は一緒です。だから、勉強は割としやすいのかな?と思います。立教大学社会学部は、英語、国語(漢文を除く)、地歴数学になります。地歴数学は日本史、世界史、数学(数Ⅰ、数Ⅱ、数A、数B(数列、ベクトルを含む)から選択します。立教大学は基本的には選択科目で政治経済などが仕えないのが特徴なので、そこを理解しておいてもらいたいと思います。日本史、世界史、数学が基本的に選択科目で選べますので。一般的な3科目入試で、英語だけが150点、国語と地歴公民は100点になっていて、配点は350点満点です。立教大学社会学部の入試科目や配点は割とオーソドックスなので、対策はしやすいと思いますから、これら3科目をまずはレベルの高いところまで仕上げていきましょう。そして、立教大学社会学部はもう1つ入試方式があります。それは全学部日程グローバル方式です。これは英語が受験科目から免除されているもので、その代わり特定の資格を保持していることが条件になります。例えば、英検準1級以上などがあるようですが、特定の資格を持っていると、英語を受けずに国語と地歴数学の2科目で受験できます。

 

この全学部日程グローバル方式は英語が優れていると客観的に評価できる人間に関してはもう英語を試験として課さないで、残りの2科目だけを解いてもらうことになります。出題範囲は先ほどと同じです。地歴数学は日本史、世界史、数学で、数学の範囲は先ほどと同様で、国語は漢文は出ません。100点満点ずつの200点満点なので、英語に自信のある人で、特定の資格を持っている人は受験を考えても良いのではないでしょうか?特定の資格についてはどういうものがあるのか?というのは、自分で確認をしておいた方が良いと思います。ちなみに立教大学のセンター利用入試については、入試科目は英語(リスニングを課す)、国語(漢文を除く)地歴公民数学理科から1科目選択になっています。地歴公民数学理科に関してはかなり幅広く選択できるので、日本史、世界史、数学以外の受験者で受けたい人は確認しておきましょう。これが3科目入試になり、センター利用の4科目入試の方は、英語(リスニングを課す)、国語(漢文を除く)、地歴公民から1科目、理科数学から1科目となっているので、その4科目で受験しないといけません。立教大学社会学部のセンター利用のボーダーはどうなっているか?というと、やはり結構高いです。

 

立教大学社会学部のセンター利用のボーダーは3科目が85~87%程度、4科目でも82~84%程度なので、どちらも非常に高いです。立教大学社会学部をセンター利用入試で受かりたい方は難易度は相当高いですが、早慶上智を狙っていて、そこの抑えとして受けるような方じゃないと現実的になかなか厳しいですね。立教大学が第1志望だと、やっぱり全学部入試や一般入試の個別日程の方が可能性は高いと思います。こういった感じで立教大学の入試は倍率も高いですし、合格の難易度が高いと、難しいということは分かってもらえたと思います。細かい数字を言うと、立教大学社会学部の倍率は5、6倍平均してありますから。センター利用の4教科型だけ、2~3倍とやや低いくらいです。立教大学社会学部は同大学内でも比較的名門とされており、評判も良いので、非常に楽しく学べる環境があると思います。立教大学社会学部の評判としては、授業内容は社会学全体、メディアに関して主に学ぶため、就職を意識するうえではマスコミや広告業界などの知識がついたり、勉強になり、そういった道に進む学生も多くいるのではないでしょうか?かなり身近なテーマでもありますから、社会学とメディア社会に関して楽しい授業が多いと思いますよ。教授もかなり有名な人、メディア分野の第一線で活躍していた人がいるなど充実しており、中身の濃い授業が期待できます。社会学は本当に扱う範囲がとても広いので、人によって学ぶ対象や選ぶ授業もかなり差が出そうですね。

 

立教大学社会学部の就職状況については、上記のようにマスコミ関係、広告関係などのメディア分野への就職をする人も多いでしょう。大企業もいれば、中小企業もいますし、公務員もあります。社会学部というのが就職においてどういう感じで見られているのか?は分かりませんが、立教大学社会学部の就職先としては非常に幅広い道が考えられているので、大学在学中にいろいろな授業を受けて、そういった部分も影響するかもしれません。立教大学自体が就職においてはある程度有利になる要素はあるものの、就職課などを利用して、自分で頑張らないといけない面もあるでしょう。立教大学社会学部の就職実績や就職状況といったものは、ある程度は良いと思いますけど、個人次第というところもあると思います。立教大学社会学部は偏差値もかなり高いので、受かりたい方は3科目合計で偏差値60あたりが1つ目安になりますし、赤本を解いて、立教大学独特の合格最低点が多高い入試問題に関して対応していきましょう。立教大学社会学部の入試問題も恐らく難易度は高くないかもしれませんし、合格最低点は高いと思われますから。受験生の方々には人気なので、立教大学社会学部は評判も倍率も高いですから、kなり勉強をしないといけないでしょう。

 

あわせて読みたい記事