読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

集団面接の評価基準は?何を見てる?どこを見ている?落ちる人の原因や理由を知ろう

【スポンサードリンク】

集団面接というのは、就職活動においてかなりの確率で実施されます。やらないところもありますけど、何十社も受けていけば、集団面接に遭遇するケースは相当あると思うのです。しかし、その集団面接に受かるにはどうしたら良いのでしょうか?集団面接は落ちる原因を知ると受かりやすいと思います。集団面接は落ちる人の特徴がまあまあ掴みやすいと思うのです。それは集団面接特有の事情を含んでいるということでもあります。集団面接特有の事情とは何でしょうか?それは1人あたりの質問が少ないということです。制限時間は普段の面接と変わらないか?ちょっと長いくらいでしょう。その中で、4人、5人くらいの学生が一気に面接をするので、1人あたりに使える時間は少ないのです。そのため、1人にくる質問も少ないですし、1人が長く話していると、それだけ時間を押してしまいます。そういう学生は結構目立ちますし、企業からすると協調性がないというか、空気が読めないみたいに思われる可能性もあるのです。

 

企業の人間が集団面接ではどこを見ているか?何を見ているのか?というのはいろいろな部分があると思いますけど、1つ言えるのは、そういった協調性の部分だと思うのです。つまり、自分の主張ばかりを良い続けていると、当然時間がかかりすぎてしまい、残りの時間がなくなっていくので、他の学生に質問できる回数とか、時間がどんどんなくなっていってしまいます。そういった事情を考慮している学生は言いたいことを全て言わずに、それぞれの質問に関してコンパクトに答えていくのではないでしょうか?それができているか?できていないか?という部分に関しては集団面接の評価基準の1つになりそうな気もします。だから、まずはここを気をつけないといけないと思うのです。そこができていないと集団面接で落ちる原因や理由になってしまうでしょう。目安としては、1回の質問ごとに長くても40秒くらいに抑えたいところではないでしょうか?質問がトータルで何回くるか?何個用意されているのか?っていうのは分かりません。しかし、最低でも3つか4つくらいはあるのではないでしょうか?

 

あとは面接の時間があらかじめ分かっているならば、それと面接に参加する人数などを考慮していくと、1人あたり話しても問題なさそうな時間を割り出すことが出来ると思います。そうやって考えても良いですけど、面倒な方はだいたい40秒くらいでまとめられるようにしたいですね。しかし、質問によってはすぐに答えられなくて考えてしまうこともあるかもしれません。そういう場合でも、長くても1分以内にした方が良いのではないか?と思います。集団面接の場合にはそんなに難しい質問は通常はないと思います。ある程度事前に聞かれる可能性が高いと思えるような、典型的な質問が多いと思います。だから、そんなに考えないと答えられない質問をされる可能性は少ないとは思います。しかし、そういう状況になったときには、あまり時間を使いすぎず、「申し訳ありません。分かりません」ときっぱり答えてしまうのも手かもしれません。先ほど言ったように、1人で長い時間を使ってしまうのは、それはそれで集団面接の評価基準においてはマイナスになる可能性もありますから。1人で時間を使いすぎて、周囲を巻き込むくらいならば、潔く諦めて配慮をするというのも1つの手になります。

 

集団面接に落ちる原因というのは、いろいろなものが考えられますけど、主に協調性や空気が読めるか?という点も見られている可能性があります。それは集団でやる選考全てですね。集団討論やグループワークなども含めて共通していると思います。集団面接ではどこを見ているか?何を見ているのか?という評価基準はいろいろなものが存在していると思うので、これ以外にも調べておくと良いと思いますけど、集団面接の評価基準としては協調性、空気が読めるか?はチェックしやすい部分なため、存分に見られていると思った方が良いでしょう。集団面接は何を見てるか?どこを見ているか?から逆算して対策をすると就活の集団面接を突破する鍵が見えてくるかもしれません。個人面接とは違う要素が入ってくるのが集団面接ですから、集団面接に特有の評価基準があると見たほうが良いでしょう。そのうえでどうすれば受かるのか?について、集団面接では何を見てるのか?どこを見ているのか?を考えて、そのうえで面接官にとって好意的な人物として映るようにしていくと良いのではないでしょうか?そういった配慮が行き届いていないと、集団面接では落ちる原因になってしまう可能性が高いので。集団面接は難しいです。個人面接よりも考慮しないといけない部分が大きいので。そういったことを踏まえて取り組んでいきましょう。就活における集団面接をやる企業は多く、それを乗り越えないと先に進めない企業も多いですから、あらかじめ通過するための対策を考えていくと良いのです。

 

あわせて読みたい記事