リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

神奈川大学外国語学部の偏差値、難易度は相対的に高く、評判も良いのが特徴

【スポンサードリンク】

神奈川大学の看板学部というと、やはり外国語学部でしょうか。外国語学部はどこの大学でもある程度偏差値が高いですけど、神奈川大学国語学部の場合にも例外ではなく、結構高い偏差値を誇っています。センター利用のボーダーなどを見れば割と分かりやすいかもしれません。神奈川大学国語学部のセンター利用のボーダーは国際文化交流学科と英語英文学科が高く、スペイン語学科と中国語学科がそこまでではないという感じですね。神奈川大学国語学部の国際文化交流学科と英語英文学科はセンター利用のボーダーは7割以上必要みたいですが、それ以外は6割台でOKみたいですから。どの学科を志望するか?でも、神奈川大学国語学部の難易度は変わってくるでしょう。学内では相対的に難しいものの、神奈川大学国語学部は偏差値が53か54くらいだと思うんですよね。そこまで高いわけではないけど、日東駒専くらいのレベルはあっても不思議じゃないかもしれないので、神奈川大学国語学部に受かるには神奈川大学に受かるために勉強よりもさらに一段上の対策をしないといけないかもしれません。

 

神奈川大学国語学部は学内でも評判が良いでしょうから、やっぱり1つ抜けている存在だと思います。神奈川大学国語学部の入試科目は、ちょっとややこしいというか難しいところがあって、学科によって入試科目が変化します。入試科目が変化するというか、入試方式が変化して、それによって科目も変わる感じでしょうか。神奈川大学国語学部の入試科目は前期A方式とB方式があり、これは中国語学科以外の入試方式になります。そして、英語、国語(漢文を除く)、地歴公民(日本史、世界史、地理、政治経済)の3科目です。配点が英語だけが150点の350点満点になります。そして、前期B方式がありますが、これは英語英文学科と中国語学科だけが受けられて、英語英文学科は英語、国語(漢文を除く)の2科目です。ちなみに英語は250点満点のうち100点がリスニングとなっています。そして、スペイン語学科は英語が必須で、国語(漢文を除く)、日本史、世界史、政治経済のうちから1科目を選択です。つまり、こちらも2科目受験になります。英語だけが150点です。

 

そして、中国語学科だけの前期、後期A方式になります。こちらは英語、国語(漢文を除く)、地歴公民(日本史、世界史、地理、政治経済)の3科目ですが、配点が全部100点満点です。英語偏重ではないというのが特徴になるでしょう。最後に国際文化交流学科についてですが、前期B方式も用意されており、英語と小論文になります。2科目受験です。そして、英語も小論文も100点満点ですが、英語はリスニングが入るみたいです。オールリスニング問題なのか?はちょっと不明です。ただ、リスニング対策をしないといけない学科、入試方式がいくつかあるので、そこは知っておいた方が良いでしょう。神奈川大学国語学部の入試科目についてちょっと分かりづらい方は、神奈川大学のホームページでチェックするか、「神奈川大学/一般入試|大学受験パスナビ:旺文社」のページをご覧になると良いと思います。

 

神奈川大学国語学部の難易度は上記のような感じで、そこそこ高いと思います。受かりたい方は英語はもちろん、それ以外の科目も勉強して、2科目なのか?3科目なのか?分かりませんが、神奈川大学国語学部に入りたい方は最低でも偏差値を50強くらいまではもっていかないと厳しいでしょうか。神奈川大学国語学部は男女比で言うと、女子の方が恐らく多いでしょう。これも学科にもよるかもしれませんけど、だいたい外国語学部は女子学生の方が多いんですよね。特に英語学科はそうでしょう。神奈川大学国語学部に関する評判、口コミをチェックすると、男女比は3:7くらいみたいです。後は学科にもよりますけど、例えば英語英文学科は普通に入試で入ってくる学生もいるものの、留学経験者、帰国子女なども多いみたいです。留学を考えている方にとっては最適という声もありますし、英語を学ぶ環境としては良いのでしょう。逆に言うと、留学経験者や帰国子女が多くいる学部学科というのは、どうしても授業のレベルが上がりがちですから、遊んでいると単位を取るのが難しいので、卒業ができるか?どうかが怪しくなります。だから、ガチで勉強する気がある人じゃないと向かないというか、周りの空気と相容れない感じかもしれないですね。それでも、やはり神奈川大学国語学部の英語英文学科の評判は良いみたいです。

 

これは英語英文学科だけに限らず、スペイン語学科、中国語学科、国際文化交流学科全てに共通している評判じゃないか?と思います。学ぶ言語や内容が違うだけで、普段の授業の雰囲気や難易度はそこまで差があるとは考えづらいです。スペイン語学科でいえば、ネイティブの講師もいるという声もありますが、私の大学の第二外国語の授業の講師もネイティブの人だったので、外国語学部という外国語を専門に学ぶ学部の場合には、どの学科でもネイティブの講師は恐らくいるでしょう。外国語学部は神奈川大学以外でも選択肢ありますし、神奈川大学を併せていくつかの大学を受ける可能性もありますけど、それぞれ微妙に特徴も違うでしょうし、設置している学科も違うと思うので、1番良い選択をしてほしいと思います。神奈川大学国語学部は倍率はあまり高くありません。前期試験は2倍台、後期試験も3倍台程度なので。あと、センター利用入試も倍率は2倍台となっていますが、神奈川大学ではセンター利用併用方式などもあります。神奈川大学国語学部は倍率は高くないものの、難易度が易しいといえるものではないので、きちんと勉強をして、赤本も解いていきましょう。

 神奈川大学を目指している方、興味があるという方は「リクナビ進学」から資料請求ができることを知っておくと良いと思います。神奈川大学の大学案内が手に入るので、神奈川大学での学生生活が特に理解できると思います。神奈川大学に入ったらどういうキャンパスライフを送るのか?普段の授業はどういった感じで何を学ぶのか?ゼミやサークルの雰囲気は?卒業その進路は?など、神奈川大学で過ごす4年間を想像できるような情報が、学部別に記載されていると思います。これを読むと今まで知らなかった神奈川大学の姿が理解できて、今まで以上に入りたい気持ちが強くなるかもしれません。そして、神奈川大学の入試についての情報も乗っている可能性があります。神奈川大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などを詳しくまとめてくれている可能性があるので、神奈川大学の入試の仕組みについて理解できる可能性が高まります。また、神奈川大学の過去のデータから倍率や合格最低点なども載っているかもしれないのです。リクナビ進学のトップページに「神奈川大学」と入力して検索すると、「パンフをもらう」というリンクをクリックすると、住所や名前などを入力するページに行くので、そこに入力して送信すると自宅に届くと思います。無料なので、良かったら参考にしてみてください。

《高校生注目》リクナビ進学で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事